Material Exchange Format

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Material eXchange Format (MXF)はSMPTE規格によって定義された放送局などプロユースのデジタル映像や音声を扱うためのコンテナフォーマットである。

概要[編集]

MXFはコード化された様々な映像データや音声データをメタデータとともに梱包するための「容器」あるいは「包装紙」のようなものである。現在発生しているプロ用途以外での様々な問題に対応するべく規格化されており、タイムコードとメタデータを完全に対応することで将来的にはプロ用途の標準規格となることを想定した規格となっている。

MFX自体はZero Divergence Directive(ZDD)として知られている方針の下でAdvanced Authoring Format(AAF)と同時に開発されており、ノンリニア編集が容易に行えるように企画設計がなされている。

使われ方[編集]

MXFファイルのためのWindowsの拡張子は".mxf"である。 アップル社のマッキントッシュではFile Type Codeとして"mxf "(末尾に空白文字が付いていることに注意)が用意されている。

ソフトウェア[編集]

MXF規格[編集]

  • 基本文書
    • SMPTE 377M: The MXF File Format Specification (the overall master document)
    • SMPTE EG41: MXF Engineering Guide (A guide explaining how to use MXF)
    • SMPTE EG42: MXF Descriptive Metadata (A guide explaining how to use descriptive metadata in MXF)
  • 操作方法
    • SMPTE 390M: OP-Atom (a very simple and highly constrained layout for simple MXF files)
    • SMPTE 378M: OP-1a (the layout options for a minimal simple MXF file)
    • SMPTE 391M: OP-1b
    • SMPTE 392M: OP-2a
    • SMPTE 393M: OP-2b
    • SMPTE 407M: OP-3a, OP-3b
    • SMPTE 408M: OP-1c, OP-2c, OP-3c
  • コンテナの仕様
    • SMPTE 379M: Generic Container (the way that essence is stored in MXF files)
    • SMPTE 381M: GC-MPEG (how to store MPEG essence data in MXF using the Generic Container)
    • SMPTE 383M: GC-DV (how to store DV essence data in MXF using the Generic Container)
    • SMPTE 385M: GC-CP (how to store SDTI-CP essence data in MXF using the Generic Container)
    • SMPTE 386M: GC-D10 (how to store SMPTE D10 essence data in MXF using the Generic Container)
    • SMPTE 387M: GC-D11 (how to store SMPTE D11 essence data in MXF using the Generic Container)
    • SMPTE 382M: GC-AESBWF (how to store AES/EBU and Broadcast Wave audio essence data in MXF using the Generic Container)
    • SMPTE 384M: GC-UP (how to store Uncompressed Picture essence data in MXF using the Generic Container)
    • SMPTE 388M: GC-AA (how to store A-law coded audio essence data in MXF using the Generic Container)
    • SMPTE 389M: Generic Container Reverse Play System Element
    • SMPTE 394M: System Item Scheme-1 for Generic Container
    • SMPTE 405M: Elements and Individual Data Items for the GC SI Scheme 1
  • Metadata, Dictionaries and Registries
    • SMPTE 380M: DMS1 (a standard set of descriptive metadata to use with MXF files)
    • SMPTE 436M: MXF Mappings for VBI Lines and Ancillary Data Packets
    • SMPTE RP210: SMPTE Metadata Dictionary (the latest version is available here: http://www.smpte-ra.org/mdd/index.html )
    • SMPTE RP224: Registry of SMPTE Universal Labels

標準文章の入手方法[編集]

SMPTEのWebサイトからSMPTE規格をまとめた文章が収録されたCD-ROMを注文できる。

関連項目[編集]

== 外部リンク == * mpeg.co.jp MXFラボ:日本語による専門家の解説* http://www.amwa.tv/ * http://mxf.info/ * http://www.irt.de/mxf/ * http://www.freemxf.org/ * US Library of Congress Digital Preservation Program: MXF Format Description Properties

== External links == * mpeg.co.jp MXF lab Description: * http://www expert in Japanese. amwa.tv / * http://mxf.info/ * http://www.irt.de/mxf/ * http://www.freemxf.org/ * http://www.mxfconvertermac.net/ * / fdd/fdd000013.shtml US Library of Congress Digital Preservation Program: MXF Format Description Properties Template:Compression format