AES/EBU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

AES/EBU(エーイーエス イービーユー)とは、業務用デジタル音声信号伝送規格の一つである。AES3で規格化されている。AESとはAudio Engineering Society(オーディオ技術者協会)、EBUとは欧州放送連合のことで、これら2つの団体により規格化された。このことから規格名は2団体の略称をスラッシュ (記号)で繋いだものになっているが、規格自体は一つであり2種あるわけではない。

プロトコル
AES/EBUに規定されたデジタル信号のプロトコルは、24bitデジタル音声信号を2chまで伝送できる。本規格から派生した民生用途のS/PDIFと伝送プロトコルの互換性があるが、業務用途であることからSCMSのようなコピーコントロール信号を取り扱うことは想定されておらず、よって規定されていない。
伝送路
XLRコネクター
一般的に3ピンのXLRタイプコネクターインピーダンス110Ωのシールデッドツイストペアケーブル(STP)で平衡接続を用い伝送をおこなうが、のちに派生したS/PDIF#端子の種類に倣い、RCAピン・ジャックを用いた不平衡接続とオプティカルケーブルを用いた光接続も後追いで規格化されている。またBNCコネクタとインピーダンス75Ω同軸ケーブルでの不平衡伝送も規格化されており、これはテレビ放送局などでコンポジット映像信号を伝送するケーブル(および信号分配器や信号切替器)の流用を念頭に置いたものである。2chすなわちステレオ1系統を超える、多系統の同時伝送用途には、規格外ではあるがD-Subコネクターと多芯ケーブルが使われることがある。

関連項目[編集]

  • S/PDIF - 本規格を元にした民生用派生規格

外部リンク[編集]