TwinVQ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

TwinVQ (Transform-domain Weighted Interleave Vector Quantization) はNTTヒューマンインターフェース研究所(現サイバースペース研究所)が開発した音声符号化技術。PCM音声を、約1/18のデータサイズまで圧縮することができる。

64kbpsであった当時のISDN(INSネット64)での音声配信を容易にするための技術として開発された。MP3で行われていた情報の再配分に加え、情報をパターンになったブロックに分け、事前に用意された標準パターンと置き換える手法などを採用した。

MP3より少ないビットレートで可聴帯域の周波数を記録することができ、64kbps以下であればMP3より優秀である。NTTは80kbpsで128kbpsのMP3に匹敵する音質であると公称していた。ただし低ビットレート域での音質は比較的良いものの、それ以外のビットレート域ではあまり評価は高くない。

一部が変更された上でMPEG-4 General Audioの一つ(他にはAACがある)として採用された。 また、音楽配信方式の1つである SolidAudio や、SoundVQ (ヤマハ)、Metasound (Voxware) にも採用されている。 FFmpegがDemuxやデコードに対応しているため、VLCなどの多くのプレーヤで再生することができる。

仕様[編集]

アルゴリズム 
TwinVQ(変換領域重み付けインターリーブベクトル量子化)
サンプリングレート 
8kHz - 44.1kHz
チャンネル数 
1ch(mono), 2ch(stereo)
ビットレート 
1ch あたり 8kbps - 96kbps
MIME type 
audio/x-twinvq, audio/x-twinvq-plugin

関連項目[編集]