コンテナフォーマット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンテナフォーマット (container format) は、さまざまな種類のデータや標準的なデータ圧縮方法を使って圧縮したデータを保持できる、ファイルフォーマット。コンテナファイルは、さまざまな種類のデータを識別したりまとめたりすることができる。単純なコンテナフォーマットは、異なる種類の音声ファイル形式データを複数含むことができる。先進的なコンテナフォーマットは、さまざまなストリーミングを再生し直すのに必要な同期情報とともに、音声動画副題・章(チャプター)・字幕メタデータタグ)などに対応する。

代表的なコンテナ[編集]

音声コンテナ[編集]

音声専用のコンテナには下記の物がある。

WAV 
RIFFファイルフォーマット、Microsoft Windows上で広く使われている。また、多くのPCMレコーダーもWAV形式に対応している。
AIFF 
AIFFファイルフォーマット、研究開発等の経緯からMac OS上で広く使われているが、今日ではPSP(PlayStation Potable)等の各種ハード・機種にも対応している。

マルチメディアコンテナ[編集]

ほかの柔軟なコンテナは他メディアと同じように、多くの種類の音声や動画を含むことができる。有名なマルチメディアコンテナは次の通り。

Audio Video Interleave (AVI) 
以前Windows用の標準だったコンテナ、やはりRIFFをもとにしている。なお、近年のものでは一部DivXXvidといったMPEG-4準拠のコーデックを必要とするものなども存在する。
QuickTime file format (MOV) 
QuickTimeの標準コンテナ。アップル社のMac OSを中心に使われているが、Windows版もある。
MPEG-2システム 
MPEG-2系フォーマットの一種。現在、以下の2フォーマットが存在。
 1.MPEG-2 TS 
世界各国のデジタル放送規格の多くで採用されているコンテナ。
 2.MPEG-2 PS 
DVD(DVD-VideoDVD-VR)などで採用されているコンテナ。
MP4 
主にMPEG-4関連の動画・音声の記録に用いられている標準コンテナ。QuickTime file format(MOV)がベースとなっている。QuickTime PlayerやWindows Media Playerなどで再生可能。
Ogg 
Xiph.Org Foundationのコーデック(VorbisTheoraなど)用の標準コンテナ。
Ogg Media (OGM) 
Oggを独自に拡張したコンテナ。
Advanced Systems Format (ASF) 
MicrosoftのWMAWMV用の標準コンテナ。早くからストリーミング配信用(Windows向け)の主要フォーマットとして広く使われていた。
RealMedia 
RealVideoやRealAudio用の標準コンテナ。
Matroska 
オープンなフォーマット。DivX7やWebMで採用されている。
Material Exchange Format (MXF) 
XAVCビデオフォーマットなどで使われているコンテナ。
3GPP 
NTTドコモソフトバンクモバイルなど主にW-CDMA方式の携帯電話で使われる。MP4ファイルフォーマットをベースにしている。
3GPP2 
auなどCDMA2000方式の携帯電話で使われる。こちらもMP4ファイルフォーマットをベースにしており、当初からストリーミングでの利用を考慮した形式になっている。
Flash Video (FLV) 
Adobe Flashで使われるコンテナ。FLVではコーデックとしてH.263VP6H.264などが使われている。
DivX Media Format (DivX, DMF) 
AVI形式を一部拡張したコンテナ。DivXコーデック専用。

これ以外にも数々のコンテナフォーマットがある。NUT, MPEG, ratDVD, SVI, VOB 等。

画像コンテナ[編集]

以下もコンテナフォーマットではあるが、画像(静止画)専用である。

Tagged Image File Format (TIFF) 
静止画とそのメタデータを格納するラッパー (wrapper) ファイルフォーマット。非圧縮だけでなくLZWPackBitsJPEGなど様々な圧縮方式に対応している。
JPEG XR (HD Photo, Windows Media Photo) 
静止画や生データとそのメタデータを格納するラッパー (wrapper) ファイルフォーマット。ファイル構造はTIFFと似たような形を取る。
Flexible Image Transport System 
静止画や生データとそのメタデータを格納するラッパーファイルフォーマット。
WebP 
コンテナとしてRIFFを採用したファイルフォーマット。

コンテナの選択[編集]

さまざまなファイルフォーマットは、主に5つの部分で違いがある。

  1. 人気: コンテナがどれだけ広く対応されているか
  2. オーバーヘッド: 同じ内容をもつ2つの異なるファイルでの、ファイルサイズの違い。2時間映画の場合、AVIではMatroskaのときよりも3MB以上大きくなることがある。
  3. 先進的なコーデックの機能に対応しているか。AVIのような古いフォーマットでは、BフレームVBRオーディオ、VFR のような新しいコーデック機能に対応していない。「ハックする」ことで対応機能を追加できるかもしれないが、互換性の問題が生じる。
  4. 章・副題・メタタグ・ユーザーデータなどといった先進の内容へ対応しているか。
  5. ストリーミングメディアに対応しているか

関連項目[編集]

外部リンク[編集]