WavPack

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
WavPack
開発元 David Bryant
最新版 4.70.0 / 2013年10月19日
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 音声コーデック(エンコーダ)
ライセンス BSDライセンス
公式サイト www.wavpack.com
テンプレートを表示
WavPack
拡張子 .wv
開発者 David Bryant
種別 オーディオ
テンプレートを表示

WavPackは、David Bryant が開発したフリーかつオープンソース可逆音声圧縮コーデックである。

特徴[編集]

WavPack は、WAVフォーマットの8ビット、16ビット、24ビット、32ビット浮動小数点の音声ファイルを圧縮できる(圧縮後の拡張子は .wv)。また、サラウンドストリームや高サンプリング周波数もサポートしている。圧縮率は、他の可逆圧縮方式と同様に音源によって変化するが、概ね30%から70%となる。

他の可逆圧縮方式と比較すると、圧縮率は平均的にFLACApple Losslessよりも高く、TAKに並ぶ高速なエンコード及びデコード速度を誇る。

ハイブリッドモード[編集]

WavPackにはまた、「ハイブリッドモード」と呼ばれる機能があり、これを使用すると2つのファイルを生成する。そのうちの1つは非可逆圧縮された小さいファイル (.wv)、もう1つは補正(correction)ファイルと呼ばれるファイル(.wvc)で、.wv ファイル単独でも再生できるが、両方を組み合わせると完全な可逆復元が可能である。つまり、可逆復元と非可逆復元を選択使用できるファイル類が、一度の圧縮操作で生成される。

このような「ハイブリッド」機能は、MPEG-4 SLSDTS-HDマスターオーディオなどにもある。

概要[編集]

  • オープンソースであり、BSD-系ライセンスで提供されている。
  • マルチプラットフォーム対応
  • 誤り訂正
  • ストリーミングサポート
  • 多チャンネルオーディオ、高解像度サポート
  • ハイブリッドモード
  • ハードウェアサポート(Rockboxファームウェアを使用)
  • メタデータサポート(ID3v1APEタグ
  • RIFFチャンクをサポート
  • Replay Gain 互換
  • Win32向けの自己解凍型ファイルを作成できる。
  • 32ビット浮動小数点ストリームをサポート
  • キューシート埋め込みをサポート
  • MD5ハッシュによる高速完全性チェック
  • 対称モードと非対称モードがある(エンコード時間が異なる)

対応プラットフォーム[編集]

対応オペレーティングシステムは、UNIXおよびUnix系LinuxMac OS XSolarisFreeBSDOpenBSDNetBSDTru64HP-UX など)と、WindowsDOSPalm OSOpenVMS である。

対応アーキテクチャは、x86ARMPowerPCAMD64IA-64SPARCAlphaPA-RISCMIPS68kなどである。

歴史[編集]

David Bryant は1998年中ごろWavPackの開発を開始し、間もなくバージョン1.0をリリースした。このバージョンは非可逆圧縮しかできなかった。間もなくバージョン2.0をリリース。このバージョンも非可逆圧縮であり、音響心理学的マスキング効果などは利用していない。1999年、バージョン3.0をリリース。圧縮率を犠牲にした高速モード、ヘッダのないPCMオーディオファイルの圧縮、32ビット巡回冗長検査による誤り検出などをサポート。その後も開発は続き、バージョン3.xでハイブリッドモードをサポートした。

2014年1月25日時点での最新版は2013年10月19日付のバージョン4.70.0である。

サポート[編集]

ソフトウェア[編集]

いくつかのソフトウェアがこのフォーマットを最初からサポートしている。他にもプラグインで対応しているものもある。WavPackの公式サイトには、WinampNero Burning ROM などアプリケーション向けのプラグインや DirectShow用フィルタが公開されている[1]

2006年10月、WinZipはバージョン11.0ベータからWavPackのフォーマットをサポートしている[2]。この拡張はZIPファイルフォーマットの拡張として同フォーマットを管理しているPKWARE社が正式対応し、公式なAPPNOTE.TXTファイル(バージョン6.3.2)に記載され、2007年9月28日にリリースされた[3]

ハードウェア[編集]

オープンソースのRockboxファームウェアをインストールすることで、デジタルメディアプレーヤーでWavPackをサポートできる。例えばアイリバーの製品やiPodなどである[4]

Cowon A3 もWavPackに対応している。

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ WavPack downloads”. 2009年7月1日閲覧。
  2. ^ WinZip - Additional Compression Methods Specification”. WinZip International LLC (2006年11月15日). 2008年1月6日閲覧。
  3. ^ APPNOTE.TXT - .ZIP File Format Specification”. PKWARE Inc (2007年9月28日). 2008年1月6日閲覧。
  4. ^ Sound Codecs, Rockbox Wiki”. 2009年7月1日閲覧。

外部リンク[編集]