WebM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
WebM
WebM logo.svg
拡張子 .webm
MIME Type video/webm
audio/webm
開発者 Google
種別 メディアコンテナ
包含物 VP8, VP9, Vorbis
派生元 Matroska
公式サイト www.webmproject.org
テンプレートを表示

WebM(ウェブエム)は米Googleが開発しているオープンロイヤリティフリー動画コンテナフォーマット。「誰もが利用できる無料で高品質なウェブ向けビデオフォーマットの開発」を主目的とする。

概要[編集]

ビデオコーデックVP8もしくはVP9、音声コーデックにVorbis、メディアコンテナとしてMatroskaサブセットを採用している。ファイルの拡張子は「.webm」。ウェブに親和的なオープンなフォーマットであると共に、軽量さと高品質を両立することを目標としている。WebMの姉妹プロジェクトとして技術を応用した静止画フォーマットのWebPも開発されている。

採用[編集]

ウェブブラウザではMozilla Firefox 4以降、Opera 10.60以降、Google Chrome 6以降が標準対応している。Internet Explorer 9もVP8コーデックがインストールされることで対応可能である[1]。なおGoogleはSafariInternet Explorer 9向けにWebMプラグインを提供すると発表した[2]

GoogleはすべてのYouTube動画をWebMに変換することを発表している[3]

経緯[編集]

GoogleがWebM規格をオープン化したのは、HTML5に組み込まれる動画要素で、標準フォーマットの地位を目指すためであるとされる。従来から存在するフォーマットとしては、Theoraはオープンソースで無料だが品質面で難があるとされ、H.264は高品質ではあるものの利用には特許料が発生する難点があり、結果として各ウェブブラウザの対応状況はバラバラで、今後の普及に課題が残っていた。WebMではこれらの課題の克服を目指し、フォーマットが分裂している現状の解決を試みている。

このように良いとこ取りに見える WebM だが、VP8 は MPEG LA が管理する特許に抵触している可能性を指摘され、その普及の妨げとなっていたが、2013年3月7日に MPEG LA と契約成立。また2010年8月に MPEG LA が H.264 をインターネット上の無料動画配信を行う場合に限りライセンス料を課さないことを発表[4]したり、モバイルで有力ブラウザの一つである Safari は WebM をサポートしないなど、WebM がその目的通りにWeb上の標準フォーマットになるためには乗り越えるべき障壁が多い。

特許[編集]

VP8 の特許問題については VP8 を参照。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Another Follow-up on HTML5 Video in IE9”. Mircosoft (2010年5月19日). 2013年4月30日閲覧。(英語)
  2. ^ Google、IE9とSafariにWebM(VP8)プラグインを提供と発表”. マイコミジャーナル (2011年1月20日). 2013年4月30日閲覧。
  3. ^ Firefox, YouTube and WebM” (2010年5月19日). 2013年4月30日閲覧。
  4. ^ H.264のライセンス料、無料ネット動画は恒久的に不要に”. ITmedia (2010年8月27日). 2013年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]