H.265

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

H.265 (ISO/IEC 23008-2 HEVC) とは、動画圧縮規格の一つで、H.264/MPEG-4 AVCの後続フォーマット。非公式にはHigh Efficiency Video Coding (HEVC) とも呼ばれている[1]ISO/IECMPEGITU-TのVCEGによる研究開発チームJCT-VC (Joint Collaborative Team on Video Coding) によって提案され、ITU-Tは2013年1月25日に承認した[1]

ブロックサイズの適正化など圧縮効率が優れており、MPEG-2 (H.262) 比で約4倍、H.264/AVCとの比較でも約2倍の圧縮性能を有すると発表している。H.264以来10年ぶりの新規格であり、今後10年間をサポートする規格であるとしている[2]

スーパーハイビジョン (8K, 4320p) など高解像度な映像だけでなく携帯端末向けの映像配信での利用も想定している。

利用例[編集]

  • デコーダを搭載しているウェブブラウザはまだ無い。エンコードはx265などでできる。デコードはFFmpegおよびそれを間接的に利用している動画ツールなどで可能[3]
  • Channel 4K
  • dアニメストアNTTドコモ) - スマートフォン・PC向けの動画配信サービス。H.265/HEVC形式による配信は2014年5月15日[4]より一部作品で始まり、順次対応作品が拡大されている。ただしH.265/HEVC形式で視聴できるのはドコモより販売されているH.265/HEVCのデコーダを搭載した一部のスマートフォンに限られている。また、快適な動画視聴を実現するための効率的な解像度設定・ビットレート設定などについての情報をまとめたコンテンツプロバイダー向けのドキュメントを公開している[5]

特許[編集]

特許はMPEG LAが管理している。利用するには特許料をMPEG LAに支払う必要がある。

参考文献[編集]

  • 村上篤道(編)、浅井光太郎(編)、関口俊一(編):『高効率映像符号化技術 HEVC/H.265とその応用』、オーム社、ISBN 978-42742132982013年2月26日発売)
  • 大久保榮(監修):『H.265/HEVC教科書』、インプレスジャパン、ISBN 978-4844334682(2013年10月18日発売)

参照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]