Theora

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Theora
拡張子 .ogv
MIME Type video/ogg
開発者 ザイフォ財団
初版 2004年6月1日 (2004-6-1)[1]
最新版 / 2010年9月23日 (2010-9-23)[2]
種別 動画圧縮フォーマット
包含先 Ogg / Matroska
派生元 VP3
国際標準 Theora Specication
テンプレートを表示
libtheora
開発元 ザイフォ財団
初版 2004年8月4日 (2004-8-4)
最新版 1.1.1
/ 2009年10月1日(5年前) (2009-10-01
最新評価版 1.2.0alpha1
/ 2010年9月23日(4年前) (2010-09-23
プログラミング言語 C
種別 動画コーデック
ライセンス 三条項BSDライセンス
公式サイト www.theora.org
テンプレートを表示

Theora (セオラ、シオラ) は、オープン非可逆動画圧縮ファイルフォーマット、または、そのコーデックである。オープン音声ファイルフォーマットである Vorbis の開発元として知られる Xiph.orgVP3を基にして開発した。

概要[編集]

TheoraはOn2のVP3を基とした後方互換のフォーマットである。ただし、ファイルフォーマットレベルでの互換性は無い。Oggコンテナフォーマットの標準ビデオコーデックとして利用され(同時に音声には通常Vorbisが使われる)、Ogg Theoraと呼称されることもある。 仕様とその標準的な実装であるlibtheoraはオープンソースで提供される (BSDライセンス、ロイヤリティフリー)。

動向[編集]

フォーマットは2004年8月、libtheora1.0 Alpha 3リリース時に凍結され、2008年11月に正式に1.0として安定版の参照ライブラリlibtheora 1.0がリリースされた。 長い間エンコーダ部分の改善は行われなかったが、1.0のリリースにおいて開発元のXiph.orgはエンコード品質を大きく改善するという新しいエンコーダ“Thusnelda” (Theora 1.1) が2009年9月24日にリリースされた。 FFmpegのコアライブラリであるlibavcodecでも限定的ではあるがTheoraの開発が進んでいる。

特徴[編集]

  • ブロック単位の動き補償
  • 8x8 Type-II 離散コサイン変換
  • 品質ベースエンコード (VBR)
  • 適応インループフィルター (deblocking)
  • 最小8x8のマクロブロック
  • 量子化行列のカスタマイズ (intra/inter, luma/chroma)
  • フレキシブルなエントロピー符号 (1フレームあたり80個のVLC tables)
  • YUV4:2:0に加えYUV4:2:2、YUV4:4:4のピクセルフォーマット
  • 8bitのカラーチャンネル
  • 複数のreference frames
  • 非正方ピクセル (ピクセルアスペクト比) のサポート
  • 16の倍数ではない解像度 (現在は8x8以上のフレーム) をサポート
  • 量子化値の非線形スケーリング
  • ブロック単位までの適応量子化
  • ストリームはIフレームPフレームによって構成されBフレームはサポートしない
  • 1/2画素精度の動き補償
  • Oggのほか、AVIMatroskaOgg Media等のコンテナ形式に対応

利用例[編集]

  • ウェブブラウザ上での動画再生。
  • コンピュータゲームでの動画。

HTML5への策定をめぐる議論[編集]

特許上の懸念が少なくフリーで利用できるTheoraは、HTML5における標準動画コーデック候補としてMozilla Foundationオペラ・ソフトウェアなどから支持されていたが、アップルノキアなどの反対により撤回された。またGoogleも、H.264/MPEG4 AVCなどのより新しい圧縮コーデックと比べて圧縮率で劣るTheoraはYouTubeで使用できる水準に満たないと考えている[3]。一方で、たとえばXiph.orgのGreg Maxwellは独自に行った同一ファイルサイズでの比較検証において、Theoraは画質でも圧縮効率でもH.264より優れているものと主張している[4]

2009年8月現在でTheoraはすでにMozilla FirefoxOperaGoogle Chrome (Chromium) などのウェブブラウザでサポートされていて、<video>タグを用いることでプラグインなしに再生が可能である[5]

コンテナ形式と拡張子[編集]

通常はOggコンテナに格納され、ファイルの拡張子は.ogvとなる。音声コーデックはVorbisが使われる。 従来のビデオコーデック同様にDirectShowを利用したコンテナ形式 (AVI、MKV等) に格納することも可能だがあまり使われることはない。

  • (Theora+Vorbis).ogv

注: (Theora+Vorbis).ogg

拡張子.oggは非推奨となったため、現在は拡張子.ogvが使われる。

脚注[編集]

  1. ^ Giles, Ralph (2004年6月1日). “Theora I bitstream freeze”. theora-dev mailing list.. http://lists.xiph.org/pipermail/theora-dev/2004-June/001112.html 2011年1月18日閲覧。 
  2. ^ Xiph.Org Foundation (2010年9月23日). “Theora Specification (PDF)”. Xiph.Org Foundation. 2011年1月18日閲覧。
  3. ^ HTML 5 drops open-source video codec, ZDNet UK
  4. ^ YouTube / Ogg/Theora comparison, Xiph.Org
  5. ^ グーグルがOn2買収、videoタグの膠着状態に終止符か, @IT

関連項目[編集]

外部リンク[編集]