Motion JPEG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Motion JPEG
拡張子 .avi .mov
タイプコード MJPG
開発者 Joint Photographic Experts Group
種別 動画
包含先 AVI, QuickTime
国際標準 ISO/IEC 29199-3:2010 Information technology -- JPEG XR image coding system -- Part 3: Motion JPEG XR
テンプレートを表示

Motion JPEG(モーション ジェイペグ)とは、動画圧縮形式の一つである。

概要[編集]

それぞれのフレームJPEG形式で圧縮/伸長し、連続でこれを表示することで動画としている。

同じ動画圧縮形式であるMPEGとは異なり、フレーム間の圧縮を行わない。そのためMPEGよりは圧縮率が低くなるものの、圧縮・展開が容易で、ソフトウェアやハードウェアのパワーをMPEGほど必要とはしない。また任意のフレームを切り出すことができるので、編集を容易に行うことができる。

当時のマシンパワーでも圧縮率と画質を両立できたことから、少なくとも1997年ごろまではもっとも実用的な動画圧縮方式と言われていた[1]。このため例えば当時の家庭用テレビゲーム機にも採用され、動画再生機能を売りとしたPC-FXにもMotion JPEGデコーダが搭載されたほか、初代プレイステーションの動画再生形式としても採用された。これらの機種は、Cinepakを採用した同時期の競合機セガサターンに比べて、アニメ系ゲームなどにおける動画の画質でアドバンテージがあった。

またビデオキャプチャーカードの出力形式として利用されることが多かったが、マシンパワーやハードウェアの進歩により、次第にMPEG-4 AVCにその地位を明け渡した。そのためにパソコン上で記録するために用いられることは少なくなったが、JPEG変換処理能力が高いデジタルカメラデジタルフォトフレームでの録画、再生用として現在でも利用されることが多い。

コンテナ形式にはAVIMOVがあり統一されていない。QuickTime Playerなどで再生可能。ファイルの実態は1コマ毎に静止画JPEGと同様の構造となる。

近年では、Motion JPEG 2000Motion JPEG XRといった高性能な動画形式も開発されている。

脚注[編集]

  1. ^ グラスバレー(旧カノープス)が提供しているMotion JPEGコーデック[1]のREADME.TXTより。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]