Advanced Systems Format

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Advanced Systems Format
拡張子 .asf .wma .wmv
MIME Type video/x-ms-asf
タイプコード 'ASF_'
UTI com.microsoft.advanced-​systems-format
マジックナンバー \x30\x26\xb2\x75
開発者 マイクロソフト
種別 コンテナフォーマット
包含物 WMAWMVMPEG-4など
テンプレートを表示

Advanced Systems Format (Advanced Streaming Formatから改称)とは、マイクロソフトが開発したAVI後継のファイル形式であり、ASFファイル、ASFコンテナなどと呼ばれている。

ストリーミング配信に適し、また同時にローカル上での再生も可能である。1つのファイルにマルチビットレートビデオオーディオメタデータ静止画URL字幕等のデータを格納できる。

Windows Media (Windows Media Video(WMV)/Windows Media Audio(WMA))の標準ファイル形式である。

特許問題[編集]

ASFコンテナ構造はマイクロソフトが米国で特許を取得している。 フリーの動画編集ソフトVirtualDubはASFに正式対応していたが、マイクロソフト側からクレームを受けたため、現在はASF非対応となっている。

ASFファイルに格納できるメディアの種類[編集]

ASFファイルは以下に示す映像・音声コーデックのメディアデータを組み合わせて(多重化して)格納し利用できる。

ASFファイルで使われる拡張子[編集]

  • .asf(Windows Media以外のコーデックを使用し圧縮されたデータを含むファイルは拡張子ASFを使用する)
  • .asx
  • .wmv(Windows Media Videoコーデックを使用し圧縮されたデータを含むファイル)
  • .wvx
  • .wma(Windows Media Audioコーデックを使用し圧縮されたデータを含むファイル)
  • .wax

利用例[編集]

関連項目[編集]

Windows Media

その他

外部リンク[編集]

解説サイト[編集]