非可逆圧縮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

非可逆圧縮(ひかぎゃくあっしゅく)とは、圧縮前のデータと、圧縮・展開を経たデータとが完全には一致しないデータ圧縮方法のこと。不可逆圧縮(ふかぎゃくあっしゅく)とも呼ばれる。画像音声映像データに対して用いられる。静止画像ではJPEG、動画像ではMPEG-1MPEG-2MPEG-4(DivXXvid3ivX)、MPEG-4 AVC/H.264WMV9VP8、音声ではVorbisWMAAACMP3ATRACDolby DigitalDTS Digital SurroundDolby Digital PlusDTS-HD High Resolutionなどが代表的な非可逆圧縮方法にあたる。

圧縮に伴い、データは欠落・改変するものの、人間の視聴覚特性を利用して劣化を目立たなくしている。つまり、人間の感覚に伝わりにくい部分は情報を大幅に減らし、伝わりやすい部分の情報を多く残すように行う。その結果、すべてのデータを均一に扱う可逆圧縮と比較して圧倒的な圧縮率が得られ、利点である。また、圧縮率と品質の劣化を両天秤にかけることができ、目的や環境の制約に応じて適切なバランスを選ぶことができる。たとえば、低速な通信回線で音楽などを送信する場合や美術的な再現性を必要としない画像の表示・印刷の場合には圧縮率を高めてデータを小さくする。逆に高速な通信回線が使える場合や、より鮮明な画像の表現を求める場合は圧縮率を低くして大きなデータをやり取りする。

再エンコード[編集]

すでに非可逆圧縮されているデータを、さらに圧縮率を高め、且つ非可逆圧縮することで、さまざまな利点を引き出すことが出来る。動画投稿サイトを例に挙げる。データの圧縮率をさらに高めることにより、転送量が抑えられ、サーバへの負担を軽くすることが出来る。しかし問題点として、デコード時にデータの激しい劣化が起こってしまう。よって、重大な理由がない場合は、再エンコードを避けるべきである。

関連項目[編集]