Xiph.Org Foundation

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Xiph.Org Foundation
種類 非営利団体
地位 501(c)(3)
目的 マルチメディアフリーなフォーマット/コーデック
本部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
重要人物 クリストファー・モントゴメリー
ウェブサイト http://www.xiph.org/
テンプレートを表示

Xiph.Org Foundation(ザイフォドットオルグ ファンデーション、ザイフォ財団) は、501(c)(3) に基づく非営利団体[1]で、フリーマルチメディアフォーマットを策定しツールを開発することを目的としている。

中心となっているのはOggコンテナ系のフォーマットで、特にVorbisで成功を収めた。Vorbis はオープンかつパテントフリーな音声フォーマットおよびコーデックで、特許で保護されているMP3AACに対抗するために設計された。その後、オープンかつパテントフリーなビデオフォーマットおよびコーデックであるTheoraを設計した。こちらは特許で保護されているMPEG-4RealVideoWindows Media Videoへの対抗として設計された。

自前での開発に加え、Xiph.Org は既存の相補的フリーソフトウェアプロジェクト群を保護下に置いている。各プロジェクトにはそれぞれ独立した開発者たちがいる。例えば、会話用音声コーデックのSpeex、可逆音声コーデックのFLACなどがある。

Xiph.Org Foundation はOggコンテナフォーマットを作ったクリストファー・モントゴメリーが創設した。"Xiph" という名称はソードテールの学名 Xiphophorus hellerii が由来であり、この団体の元になった会社が Xiphophorus と名乗っていたためである[2]

Xiph.Org によるプロジェクト群はフリーソフトウェア財団から高優先度のフリーソフトウェアプロジェクトに指定されていた[3]

Xiph.Org Foundation のプロジェクト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Fundraising”. Xiph.org. 2008年8月25日閲覧。
  2. ^ naming”. Xiph.org. 2008年8月25日閲覧。
  3. ^ High Priority Free Software Projects”. Free Software Foundation. 2008年8月25日閲覧。

外部リンク[編集]