ウェブブラウザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国ごとの最もよく使われているウェブブラウザ。出典: StatCounter.
  Opera
ウェブブラウザの例(Google Chromeのスクリーンショット)
ウィキメディア財団のサーバにアクセスしたウェブブラウザの割合

ウェブブラウザインターネットブラウザWWWブラウザ)とは World Wide Web (WWW) の利用に供するブラウザであり、ユーザエージェント (UA) である。具体的には、ウェブページ画面印刷機に出力したり、ハイパーリンクをたどったりするなどの機能がある。単にブラウザ(ブラウザー)と呼んだ場合、多くはウェブブラウザのことを指す。

WWW 上の情報リソースを扱うアプリケーションであり、ウェブページ・画像・動画・音声等の情報リソースの識別には Uniform Resource Identifier (URI) を使用する[1]

ウェブブラウザは WWW への接続を第一の目的としているが、プライベートネットワーク内の Web サーバファイルシステム内のファイルが提供する情報への接続にも利用できる。主なウェブブラウザとして、Mozilla Firefox, Google Chrome, Internet Explorer, Opera, Safari 等がある[2]

構造と動作[編集]

大まかに言うと、ウェブブラウザは3つの部分から構成される。

  1. URI, HTTP 等に基き、サーバ通信してリソースを取得する、HTTP ユーザエージェントの部分。
  2. 取り寄せた資源をその種類 (HTML/XHTML/XML, 文書画像等)に応じて解析する構文解析の部分。
  3. 構文解析の結果を基に文字や画像を適切に配置し、あるいは文字の大きさを調整したり色を付けるなどして最終的に人間の為の表示を行う描写の部分。

ウェブブラウザの主な目的は、ユーザに情報リソースをもたらすことである。まず Uniform Resource Locator (URL)、例えば http://en.wikipedia.org/ と入力する。URL のプレフィックスである定義名によって URL をどう解釈するかが決まっている。典型的な URL は定義名 http: で始まり、Hypertext Transfer Protocol (HTTP) を使って情報を取り寄せる。多くのウェブブラウザは様々な定義名に対応しており、HTTPS 用の https:File Transfer Protocol 用の ftp:、内部ファイル用の file: などがある。ウェブブラウザが直接扱えない定義名は、他のアプリケーションにそのまま渡されることが多い。例えば mailto: で始まる URI は既定の電子メールクライアントに渡され、news: で始まる URI は既定のニュースグループリーダに渡される。

http, https, file 等の場合、リソースを取り寄せるとウェブブラウザはそれを表示する。HTML はウェブブラウザのレイアウトエンジンに渡され、マークアップからインタラクティブな文書に変換される。一般に、HTML 以外でもウェブページに含まれる任意の内容を表示できる。画像・動画・音声・XML は殆どの場合表示でき、Flash アプリケーションや Java アプレットに対応するプラグインが用意されていることが多い。未対応の種類のファイルに遭遇した場合は、表示するのではなくダウンロードする設定になっていることが多く、保存を促す動作をする。

情報リソースには他の情報リソースへのハイパーリンクを含めることができる。それぞれのリンクにはリソースの URI が含まれている。リンクをクリックすると、ウェブブラウザはそのリンクのターゲット URI で示されるリソースへと誘導され、内容を取り寄せる処理が再び始まる。

ウェブブラウザで採用される規格は他に SVG, XForms, WHAT などがある。

Ajax 等の流行によりウェブ自体が OS に代わる基幹として台頭してきており、ウェブブラウザの役目は単なる閲覧ソフトからネットワーク資源を活用するための高機能クライアントに移り変わりつつある。また、2006年以後の主なブラウザではタブブラウザ方式の UI が主流になっている。

機能[編集]

ウェブブラウザの機能は、最小限の文字を用いた UI から、多様なファイル形式やプロトコルに対応する高機能なものまで幅広い。電子メールネットニュースInternet Relay Chat (IRC) 等に対応するコンポーネントを含むウェブブラウザは「インターネットスイート」と呼ばれることもある[3][4][5]

主要なウェブブラウザは同時に複数の情報リソースを扱うことができ、別窓で表示したり、タブを使って同じウィンドウ内に表示したりする(タブブラウザ)。また、表示したくないポップアップ広告を自動的にブロックする機能もある。 [6][7][8][9]

ユーザがブックマークしたウェブページの一覧を表示する機能があり、素早くそれらのウェブページに戻ることができる。ブックマークは Internet Explorer では「お気に入り」と呼ぶ。さらに、フィードリーダが組み込まれているウェブブラウザも多い。Firefox ではフィードは "live bookmarks" という形式で扱われ、フィードにおける最近の項目と対応するブックマークのフォルダのように機能する[10]Opera ではフィードの内容を格納し表示する従来型のフィードリーダを採用している[11]

ユーザーインターフェイス (UI)[編集]

多くの主要ウェブブラウザの UI には、以下のような共通の要素がある[12]

  • 「前へ/次へ」のボタン。前のリソースに戻るボタンと次のリソースに進むボタンである。一部では一つに統合されているものもある。
  • 「更新」のボタン。現在のリソースを再ロードする。
  • 「中止」のボタン。リソースの読み込みを取り消す。一部では「更新」ボタンと統合されている。
  • 「ホーム」のボタン。指定したホームページに戻る機能を提供する。
  • アドレスバーは、Uniform Resource Identifier (URI) の入力のためにあり、入力された URI が指すリソースを表示する。検索バーと統合されている場合もある。
  • 検索バーは検索エンジンへの入力のためにある。アドレスバーと検索バーが統合されている場合もある。
  • サイドバー - ブラウザによって名称は異なる。ウィンドウの左端・右端などにあり表示/非表示を切り替えられる。頻繁に使うが常に表示するほどではない要素(ブックマーク・履歴など)に簡単にアクセスできるようにしている。
  • ステータスバーはリソースの読み込み状況を表示したり、カーソルの位置にあるリンクの URI を表示したり、ページの拡大機能を提供したりする。
  • ブラウザによってはスキンで外観を変更できる。

主要なウェブブラウザはウェブページ内のインクリメンタル検索機能も持っている。

多くのタブブラウザには以下のような共通の要素がある。

  • タブバー - 複数開いているタブを切り替える。タブをピン留めする・グループ化するなどの管理機能を持つものもある。
  • 新しいタブ - タブブラウザで新しいタブを開いた時、単にホームページや空白のページが表示される場合もあるが、Opera 9.2で導入された「スピードダイヤル」を皮切りに多くのブラウザで様々な機能が提供されるようになった。登録したページ(ブックマーク)や頻繁に表示したページの一覧など。

2000年代末期、Google Chromeの登場や画面解像度が低いネットブックの普及などに伴い、UIを整理してページの表示領域を極力拡大する傾向が主流になった。アドレスバーに検索などの機能を統合、ステータスバーの廃止、ボタンの数を最小限にするなどである。

ウェブ標準への対応[編集]

初期のウェブブラウザが対応していた HTML は非常に単純なものだった。ウェブブラウザの発展により HTML の標準でない方言が生まれ、互換性問題が大きくなっていった。最近のウェブブラウザは標準および事実上標準の HTML と XHTML 、それらに高度な表現や機能を付加する CSSJavaScript などに対応している。

表示したときの見た目はどのブラウザでも同じであるべきだが、そうでない場合もある。

プラグイン[編集]

多くのウェブブラウザにはプラグインが用意されており、ダウンロードして組み込むことで機能を拡張できる。主要なものにはAdobe Flash Player、Adobe ReaderJava Runtime EnvironmentMicrosoft Silverlightなどがある。 Internet Explorerおよびその互換ブラウザではActiveXという独自の規格が用いられる。それ以外のブラウザではNetscape Navigatorで用いられ事実上の標準となったNPAPIや、それを拡張したPPAPIという規格が用いられる。

コンピュータリソースの消費やセキュリティのリスクが上昇すること、ウェブ標準であるHTML5等でプラグインを用いなくてもウェブの表現力・機能性が多彩になったことなどから、プラグインは淘汰される傾向にある。

拡張機能[編集]

ウェブブラウザが標準では持たない機能を追加するアドオン。

サードパーティ製ツールバー
ツールバーの項目を参照。企業がページアクセスの誘導を狙って配布するケースが多い。セキュリティの問題やUIがシンプルになる傾向があることなどで下火になった。
各ウェブブラウザの拡張機能
Firefox・Google Chrome・Safari・Opera等には独自の拡張機能フォーマットがあり、ブラウザの開発元が用意したポータルサイトで配布される。多くは企業ではなくユーザーの有志が制作しており、UIの改善・広告ブロックなど様々な機能を提供する。

プライバシーと安全性[編集]

多くのウェブブラウザは HTTPS に対応しており、ウェブキャッシュや Cookie や閲覧履歴を素早く簡単に消去する機能もある。しかしそれだけでは対処できないセキュリティのリスクに晒され、マルウェアに悪用されたり、(現在は死語になったが)ブラウザクラッシャーなどでブラウザのみならずオペレーティングシステムフリーズさせられる場合がある。各ブラウザや Adobe Flash Player などのプラグインはセキュリティホールの修正などで頻繁にアップデートを繰り返している。ブラウザ自体にもブラックリストで悪質なサイトへのアクセスを防止する・自動アップデートなどのセキュリティ向上機能が追加されているが、アンチウイルスソフトウェアなどで OS 全体を保護するのが望ましい。

コンピュータセキュリティネットワーク・セキュリティも参照。

歴史[編集]

NeXT 上で動作する WorldWideWeb1991年に登場し、最初のウェブブラウザとなった[13]

ウェブブラウザの歴史は1980年代末に遡り、それから様々な技術の基礎を築きあげた最初のウェブブラウザ、WorldWideWebティム・バーナーズ=リーによって1991年に公開された。このブラウザは既存および新たなソフトウェアとハードウェアの色々な技術とともに寄せ集められていた。なお、WorldWideWeb は後に Nexus へと改称されている[14]

テッド・ネルソンダグラス・エンゲルバートはバーナーズ=リーのずっと前にハイパーテキストの概念を開発していた。この核となる部分は World Wide Web に合うのではないか、というエンゲルバートの提案にバーナーズ=リーは賛同した。

マーク・アンドリーセン

1993年NCSA Mosaicが登場した。Mosaic は画像が扱える最初のウェブブラウザの一つであり、これによってウェブの利用者が激増するきっかけとなった[15]米国立スーパーコンピュータ応用研究所 (NCSA) の Mosaic チームのリーダーであったマーク・アンドリーセンはその後まもなくネットスケープを設立し、Mosaic を汲む Netscape Navigator1994年にリリースした。このブラウザは瞬く間に世界中のもっとも主流なウェブブラウザとなり、最盛期には全てのウェブにおいて9割もの利用率を占めた。

これにマイクロソフトが反応し、1995年に NCSA から Mosaic のライセンスを引き継ぎ Internet Explorer を開発した。このことが最初のブラウザ戦争の引き金にもなった。マイクロソフトは Internet Explorer を Windows に同梱させることで OS 市場の優位性をウェブブラウザ市場にも引き継がせ、Internet Explorer にも力を持たせることができた。これによって2002年には Internet Explorer の利用率はピーク時で 95% を超えた[16]。2011年2月現在では Net Applications によると利用率が 57% 程度とされており、Internet Explorer の凋落傾向が示されている[17]

1996年Opera が登場したが利用者を大きく獲得することはなく、2011年2月現在で 2% と常にその前後の利用率となっている[17]。ただし携帯電話のウェブブラウザ市場では最も占有率を伸ばしており、4000万台を超える端末に導入されている。また、いくつかの組み込みシステム向けにも登場しており任天堂家庭用ゲーム機である WiiDSi などがある。

1998年NetscapeMozilla Foundation を旗揚げし、オープンソースとして自由な競争力のあるブラウザを提供しようと計画した。このブラウザは最終的に Mozilla Firefox として展開された。公開された Firefox はベータ版段階だったがそれなりの愛好者を獲得し、Firefox 1.0 が2004年末期にリリースされてから間もなく Firefox の全バージョン合計で 7.4% の利用率を獲得した[16]。2011年2月現在では 22% の利用率となっている[17]

アップルSafari2003年1月に初めてのベータ版が提供された。アップルの製品での占有率は独占的で、2011年2月現在の利用率は 6.3% となっており、緩やかな上昇傾向を見せている[17]。採用しているレンダリングエンジンは WebKit と呼ばれアップルの iOS, Google の Android, Nokiaの S60, Palm(2010年、ヒューレット・パッカードにより買収) の HP webOS などいくつかの携帯電話のプラットフォームでは標準的なものとなっている。

直近でブラウザ市場に参入した著名なところとして、2008年9月に Google が WebKit を基にして開発した Google Chrome がある。成長が著しく、2011年2月現在では 11% もの利用率を誇っている[17]。この増加傾向は Internet Explorer や Firefox の減少傾向と同期している[18]Chrome の影響で[要出典] Firefox は更新の期間を早め、Internet Explorer や Safari, Opera も含めて先進的な機能の開発で競っている。UI は簡素化し(ボタン類を最低限に減らして表示部分を極力大きくする傾向がある)、どれも似通ったものになりつつある。

2011年現在、成長著しいスマートフォンや非 PC のタブレットの分野では、OS 付属のブラウザが利用されることがほとんどであり、Android の標準ブラウザと iOS の Safari が OS の占有率にほぼ比例して普及している。Opera など独自のブラウザをスマートフォン・タブレット対応アプリとしてリリースする動きもある。

2011年12月、Google Chrome は Internet Explorer 8 を越えて最も広く使われているウェブブラウザとなった。ただし、Internet Explorer の全バージョンを合計すると、IE が今でも最も広く使われているウェブブラウザである[19]

推奨ブラウザ[編集]

本来ウェブサイトは様々な OS 環境・ウェブブラウザで見られるようにウェブ標準などに則し、アクセシビリティ等を考慮した形で作成される必要がある。しかしウェブサイトによっては種々の都合からサイトの閲覧に必要な環境として特定の推奨ブラウザを明記していることがあり、閲覧者は技術上の理由から推奨ブラウザに合わせたウェブブラウザの選択が必要となることもある。また、推奨ブラウザの記述内容によってはユーザが安全上の不利益を被る場合もある。

出典[編集]

  1. ^ Jacobs, Ian; Walsh, Norman (2004年12月15日). “URI/Resource Relationships”. Architecture of the World Wide Web, Volume One. World Wide Web Consortium. 2009年6月30日閲覧。
  2. ^ Browser”. Mashable. 2011年9月2日閲覧。
  3. ^ The SeaMonkey Project”. Mozilla Foundation (2008年11月7日). 2009年6月30日閲覧。
  4. ^ Cyberdog: Welcome to the 'doghouse!” (2009年7月5日). 2009年6月30日閲覧。
  5. ^ Teelucksingh, Dev Anand. “Interesting DOS programs”. Opus Networkx. 2009年6月30日閲覧。
  6. ^ Andersen, Starr; Abella, Vincent (2004年9月15日). “Part 5: Enhanced Browsing Security”. Changes to Functionality in Microsoft Windows XP Service Pack 2. Microsoft. 2009年6月30日閲覧。
  7. ^ Pop-up blocker”. Mozilla Foundation. 2009年6月30日閲覧。
  8. ^ Safari: Using The Pop-Up Blocker”. Mac Tips and Tricks. WeHostMacs (2004年). 2009年6月30日閲覧。
  9. ^ Simple settings”. Opera Tutorials. Opera Software. 2009年6月30日閲覧。
  10. ^ Bokma, John. “Mozilla Firefox: RSS and Live Bookmarks”. 2009年6月30日閲覧。
  11. ^ Opera Mail で RSS ニュースフィードを扱う”. オペラ・ソフトウェア. 2009年6月30日閲覧。
  12. ^ About Browsers and their Features”. SpiritWorks Software Development. 2009年5月5日閲覧。
  13. ^ Stewart, William. “Web Browser History”. 2009年5月5日閲覧。
  14. ^ Tim Berners-Lee: WorldWideWeb, the first Web client”. W3.org. 2011年12月7日閲覧。
  15. ^ Bloomberg Game Changers: Marc Andreesen”. Bloomberg.com (2011年3月17日). 2011年12月7日閲覧。
  16. ^ a b November 24, 2004 (2004年11月24日). “Mozilla Firefox Internet Browser Market Share Gains to 7.4%”. Search Engine Journal. 2011年12月7日閲覧。
  17. ^ a b c d e Hitslink.com
  18. ^ Internet Explorer usage to plummet below 50 percent by mid-2012” (2011年9月3日). 2011年9月4日閲覧。
  19. ^ CNN Money claims that Chrome is more popular than IE8”. CNN. 2011年12月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]