伊勢国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
令制国一覧 > 東海道 > 伊勢国
伊勢国
地図 令制国 伊勢国.svg
-伊勢国
-東海道
別称 勢州(せいしゅう)[1]
所属 東海道
相当領域 三重県の北中部、愛知県弥富市の一部、愛知県愛西市の一部、岐阜県海津市の一部
諸元
国力 大国
距離 近国
13郡84郷
国内主要施設
伊勢国府 三重県鈴鹿市(伊勢国府跡)
伊勢国分寺 三重県鈴鹿市(伊勢国分寺跡)
伊勢国分尼寺 (推定)三重県鈴鹿市
一宮 椿大神社(三重県鈴鹿市)
都波岐神社(三重県鈴鹿市)
テンプレートを表示

伊勢国(いせのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に属する。

「伊勢」の名称と由来[編集]

語源は「伊呂勢(=弟)」であり、出雲の分派としての機能から発達したという説がある。また、海に近いことから「イソ」が転じたとする説もある。

沿革[編集]

日本書紀』などの倭姫命伝説では美し国(うましくに)と称された。

『伊勢国風土記』によると、神武東征神話で、国譲りの国つ神(土着の勢力)イセツヒコの名「イセ」にちなむという。大和政権の勢力がこの地域にまで及んだことを神格化したものと考えられている[2]

7世紀孝徳天皇の時代に、島津国造伊賀国造の領域も含んだ伊勢国造の領域を中心に成立した。

天武天皇9年(680年)7月に伊賀国を分置した。

8世紀はじめまでに志摩国を分立したが、その正確な時期は不明である。分立当初、熊野灘に面した沿岸部、現在の南伊勢町にあたる地域と、大紀町の錦地区は志摩国に属していたが、後に守護北畠氏により伊勢国に移された。

近世以降の沿革[編集]

国内の施設[編集]

国府[編集]

国府は、鈴鹿郡広瀬にあった。現在の鈴鹿市広瀬町長者屋敷にあたる。長らく鈴鹿市国府町にあるとされてきた。しかし、1957年昭和32年)に発見された広瀬町の長者屋敷遺跡を発掘し、初期軍団跡と推定されるようになり、1986年(昭和61年)には国府跡と推定された。1993年平成5年)の調査で政庁跡が確認された。

国分寺・国分尼寺[編集]

国分僧寺は現在の鈴鹿市国分町西高木にあった。
  • 伊勢国分尼寺
国分寺と同じく国分町南浦にあったと推定されている。詳しい事は分かっていない。国分寺・国分尼寺そばには南浦廃寺もあり、三つの寺院が近接していた。

神社[編集]

延喜式内社
延喜式神名帳』には、大社18座9社・小社235座223社の計253座232社が記載されている。大社9社は以下に示すものである。

これらのうち、度会郡の7社は神宮伊勢神宮)に関わる社である。

総社一宮以下
伊勢国で最も有力な神社は伊勢神宮であるが、これは日本国全体の鎮守とされるので、伊勢国一宮にはなっていない。
  • 総社:不詳
    • 伊奈富神社 (鈴鹿市稲生町) - 国府近くにあり、事実上の総社として機能してきたと考えられている
    • 惣社大明神(現 三宅神社) - 長らく総社だと考えられてきたが、この神社の創建が中世まで溯るかどうかもはっきりしないことが分かっている
  • 一宮 - もともと一の宮は「椿宮」であると思われ、のちに「チングウ」と読み間違いを防ぐために「椿宮<都波岐神社>」と書くようになり、もう一つの都波岐神社と混同されるようになったと考えられている
    • 椿大神社 (鈴鹿市山本町) - 山本神主家所蔵『大般若経』の奥書に「明徳2年辛未5月19書写了」「奉施入一宮山本椿大明神」とあるのが初見だが、「奉施入一宮山本椿大明神」は後世の加筆の可能性が有る。そうだとすると、『類聚既験抄』の「椿宮」が初見となる
    • 都波岐神社 (鈴鹿市一の宮町) - 『大日本国一の宮記』には「都波岐神社猿田彦神也伊勢河曲郡」とある
  • 二宮 多度神社桑名市多度町) - 『類聚既験抄』に「信楽大菩薩二宮也。多度明神也。」とあるのが初見。ただし、多度神社を二宮とする史料はこれのみで、むしろ他の史料では伊勢国の神社の筆頭とされ、事実上の一の宮であった可能性もあるが、実際に一の宮と称した史料はない

三宮以下はなし。

安国寺利生塔[編集]

  • 總見寺 - 愛知県名古屋市中区大須

地域[編集]

[編集]

江戸時代の藩[編集]

伊勢国の藩の一覧
藩名 居城 藩主
津藩 津城

富田信高(7万石、1600年~1608年)。伊予宇和島12万石に移封
藤堂家(22万950石→27万950石→32万3950石→27万3950石→27万950石、1608年~1871年)

久居藩
津藩支藩
久居陣屋

藤堂家(5万石→5万3000石→5万8700石、1669年~1871年)

桑名藩 桑名城

本多家(10万石、1601年~1617年)。播磨姫路藩15万石に移封
松平(久松)家(11万石→11万7000石→11万石、1617年~1635年)伊予松山藩15万石に移封
松平(久松)家(11万3000石、1635年~1710年)。越後高田藩11万3千石に移封
松平(奥平)家 (10万石、1710年~1823年)武蔵忍藩10万石に移封。
松平(久松)家 (11万3000石→(1868年取り潰し)→6万石、1823年~1871年)

伊勢亀山藩 伊勢亀山城

関一政(3万石、1600年~1610年)。伯耆黒坂藩5万石に移封
松平忠明(5万石、1610年~1615年)。摂津大坂藩10万石に移封
天領(1615年~1619年)
三宅家(1万石→1万2千石、1619年~1636年)。三河挙母藩1万2千石に移封
本多俊次(5万石、1636年~1651年)。近江膳所藩7万石に移封
石川憲之(5万石、1651年~1669年)。山城淀藩6万石に移封
松平乗邑(6万石、1669年~1717年)。山城淀藩6万石に移封
板倉家(5万石、1717年~1744年)。備中松山藩5万石に移封
石川家(6万石、1744年~1871年)

長島藩 長島城

菅沼家(2万石、1601年~1621年)。近江膳所藩3万1千石に移封
松平(久松)家(1万石、1649年~1702年)。改易
増山家(2万石、1702年~1871年)

神戸藩 神戸城

一柳直盛(5万石、1601年~1636年)。伊予西条藩6万8千石に移封
天領(1636年~1651年)
石川家(1万石→2万石→1万7千石、1651年~1732年)。常陸下館藩2万石に移封
本多家(1万石→1万5千石、1732年~1871年)

菰野藩 菰野陣屋

土方家(1万2000石、1600年~1871年)

田丸藩 田丸城

稲葉家(4万5700石、1600年~1616年)。摂津中島藩4万5700石へ移封
久野家(1万石、1619年~1871年)。但し、紀伊和歌山藩御附家老

松坂藩 松坂城

古田家(5万5千石、1600年~1619年)。石見浜田藩5万4千石に移封。領地は紀州藩領に

伊勢上野藩 伊勢上野城

分部家(2万石、1600年~1619年)。近江大溝藩2万石に移封。領地は紀州藩領に

八田藩 東阿倉川陣屋

加納家(1万石→1万3000石、1726年~1826年)。飛び地であった上総一宮藩へ陣屋を移す

伊勢西条藩 菊間陣屋

有馬家(1万石、1727年~1737年(1745年))。南林崎に陣屋を移す

南林崎藩 南林崎陣屋

有馬家(1万石、1737年(1745年)~1781年)。上総五井藩に陣屋を移す

林藩 林城

織田信重(1万石、1600年~1615年)。改易・廃藩

雲出藩

蒔田広定(1万石、1600年~1603年)。備中浅尾藩に1万3千石に移封。領地は津藩領に

人物[編集]

国司[編集]

伊勢守[編集]

伊勢介[編集]

室町時代伊勢国司[編集]

室町幕府成立後も、南朝の重臣北畠親房の子孫が伊勢国司となって南伊勢に勢力を誇り、北伊勢を治める幕府守護と対立した。5代国司(伊勢北畠家としては4代)北畠教具の代に幕府と和睦し、伊勢守護も兼ねるようになった。

武家官位としての伊勢守[編集]

江戸時代以前[編集]

江戸時代[編集]

守護[編集]

鎌倉幕府[編集]

室町幕府[編集]

志摩国守護も兼任。

戦国時代[編集]

伊勢国の合戦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「伊州」は伊賀国の別称。稀にだが、近鉄特急の阪伊特急・名伊特急のように「伊」と略している事例もある。
  2. ^ 稲本紀昭・駒田利治・勝山清次・上野秀治西川洋『三重県の歴史』山川出版社 2000年
  3. ^ 伊勢神宮首位祠宮度会氏分系。
  4. ^ 4月25日(1868年6月15日)とする資料もあるが、ここでは「角川日本地名大辞典」の記述によった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]