備中国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
備中国
地図 令制国 備中国.svg
-備中国
-山陽道
別称 備州(びしゅう)[1]
所属 山陽道
相当領域 岡山県の西部
諸元
国力 上国
距離 中国
9郡72郷
国内主要施設
備中国府 岡山県総社市
備中国分寺 岡山県総社市(備中国分寺跡
備中国分尼寺 岡山県総社市(備中国分尼寺跡
一宮 吉備津神社(岡山県岡山市
テンプレートを表示

備中国(びっちゅうのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。山陽道に属する。

「備中」の名称[編集]

飛鳥池遺跡木簡に「吉備道中国」、飛鳥藤原宮の木簡に「吉備中国」と表記されている。

沿革[編集]

7世紀後半に、吉備国備前国、備中国、備後国に三分して設けられた。はじめのうち、吉備道に属する一国とされたらしく[要出典]吉備道中国(きびのみちのなかつくに)と書いた木簡が見つかっている。また平安時代の『和名類聚抄』でも、備中国の和訓を「きびのみちのなかつくに」としている。

古代から開発が進んだ先進地帯で、鉄産地でもあった。造山古墳作山古墳があることなどから、吉備の最有力豪族の拠点だったと推定される。その後も瀬戸内海に面した交通の要を占め、天智天皇の時代に鬼ノ城が築かれた。律令制では上国とされた。 管下に都宇窪屋浅口小田後月下道賀夜英賀哲多の9郡がおかれた。後に鎌倉時代のころ、賀陽郡の一部を割いて上房郡、下道郡の一部を割いて川上郡が置かれ11郡となった。

備中国には山陽道の駅家は、津峴(つさか)、河辺(かわのべ)、小田、後月(しつき)の4駅が置かれた(『延喜式』兵部)。

平安時代末には、妹尾兼康という武士が出、十二か郷用水を開いて村々を潤した。兼康は中央の政治では平家に忠実な家人として活躍し、最後は備中国板倉で源義仲に敗れて死んだ。

室町時代、備中国は細川氏が代々守護であったが、その影響力は早くから絶対的とは言い難く、守護代庄氏石川氏上野氏三村氏を初めとする有力地頭など国人衆の独立性が強かった。戦国時代中期には、尼子氏大内氏の係争地となっていたが、1560年頃には毛利氏と同盟した三村氏備中松山城を根拠とした)が備中国の支配をほぼ手中にした。しかし、その三村氏も1575年に織田信長の誘いを受けて毛利氏と対立するに至り、毛利氏によって滅ぼされた(備中兵乱)。さらに羽柴秀吉を先鋒に織田信長が進出してくると、備中国高松城が織田・毛利両軍の対峙の場になった。織田信長の死による講和で、毛利輝元は備中の三郡を譲り、残りを保持することになった。

江戸時代の備中国は、数多い知行地に分割領有された。元和3年(1617年)まで、幕府は備中国奉行を派遣して広域統治にあたらせた。その後の江戸時代初期には隣接の備後福山藩水野氏の領として現在の笠岡市井原市の大半が領地であったりし、他の備中国の小には、備中松山藩(池田氏、水谷氏を経て板倉氏)、成羽藩(山崎氏)、岡田藩(伊東氏)、足守藩(木下氏)、庭瀬藩(戸川氏、後に板倉氏)、浅尾藩(蒔田氏)があった。以上は断絶や転封で様々に変遷した。現在の高梁市にある松山城が備中国唯一の城で、残りは陣屋を構えた。松山城下は江戸時代はじめに備中国で最大の人口を抱えた。

倉敷は、城下町ではなかったが、徳川氏政権の直轄地として代官所が置かれ、幕府によって備前国から讃岐国に移管された小豆島なども統治した。江戸時代を通じて発展を続けた倉敷は、松山と肩を並べ、やがてこれを凌駕して備中最大の都市となって現在に至る。現在の倉敷市西部にあたる玉島は、瀬戸内海の流通と結びついた備中松山藩の海港として栄えた。備中では綿作が広まり、江戸時代後期になるとその加工も盛んになった。また、製鉄もなお重要であり続けた。

明治4年7月14日(1871年8月29日)の廃藩置県の直後、備中国には10の県があった。同年中に備後国の6郡とあわせて深津県となった。深津県は1872年(明治5年)に小田県と改称し、1875年(明治8年)に岡山県に合併した。

幕府調査による人口は、文政5年(1822年)が33万7155人であった。明治政府の明治5年(1872年)の調査による人口は、39万6880人であった。

領域[編集]

明治維新の直前の国土は現在以下のようになっている。太字の自治体及び郡は全域が、通常体は一部が国土にあたる。

  • 岡山県
    • 岡山市
      • 北区高松稲荷・平山・和井元・大崎・門前・福崎・下土田・高松田中・立田・高松・高松原古才・小山・三手・高塚・吉備津・加茂・津寺・新庄上・新庄下・惣爪・東花尻・西花尻・川入・納所・平野・庭瀬・中撫川・撫川・延友・大内田・苔山・庄田・真星・掛畑・河原・東山内・間倉・西山内・山上・上高田・石妻・日近・杉谷・下高田・吉・大井・粟井・足守・下足守・上土田
      • 南区大福・古新田・妹尾崎・山田・妹尾・箕島
    • 倉敷市備前国の部分を除く)
    • 笠岡市
    • 井原市
    • 総社市
    • 高梁市
    • 新見市
    • 真庭市
      • 下呰部・上呰部・阿口・上水田・宮地・山田・五名・上中津井・下中津井・五反
    • 浅口市
    • 都窪郡
    • 浅口郡
    • 小田郡
    • 加賀郡
      • 吉備中央町上竹・納地・竹荘・豊野・黒土・田土・湯山・吉川・黒山・北・岨谷・宮地・西・上野・竹部

国内の施設[編集]

国府[編集]

伝備中国府跡(総社市金井戸)
文献によると国府賀夜郡に設けられていた。現在の総社市金井戸付近と推定されるが、遺跡はまだ見つかっていない。言い伝えで国府があったとされる場所がある。地名も南国府・北国府ほか関連のものがあり国府姓も多い。

国分寺・国分尼寺[編集]

国の史跡。中世にいったん廃寺になったあと、江戸時代宝永7年(1710年)に元の国分寺のそばに再建された(現 日照山總持院国分寺)。
国の史跡。国分寺より早く廃絶して再建されなかった。現在遺構を残すのみである。

神社[編集]

延喜式内社
延喜式神名帳』には、大社1座1社・小社17座17社の計18座18社が記載されている(備中国の式内社一覧参照)。大社1社は以下に示すもので、名神大社である。
総社一宮以下
  • 総社:總社 (備中総社宮、総社市総社2丁目、位置
  • 一宮:吉備津神社 (岡山市北区吉備津) - 三国に分かれる以前より吉備国一宮であったといい、分かれた後も備中国の一宮とされた
  • 二宮:皷神社 (岡山市北区上高田、位置

地域[編集]

[編集]

江戸時代の藩[編集]

人物[編集]

国司[編集]

備中守[編集]

備中介[編集]

備中掾[編集]

守護[編集]

鎌倉幕府[編集]

室町幕府[編集]

国人[編集]

英賀郡
哲多郡
上房郡
  • 秋庭氏 - 有漢郷。守護・備中守を務め、細川京兆家内衆へ。
川上郡
  • 三村氏 - 西遷御家人。家親の代に戦国大名化。
賀夜郡
小田郡
  • 庄氏 - 備中細川氏守護代。強大な勢力を誇り守護細川氏に反乱。
  • 小田氏 - 小田郷
都宇郡
後月郡
  • 伊勢氏 - 荏原荘。伊勢盛時(北条早雲)がこの氏族から誕生。
  • 那須氏 - 荏原荘。那須与一の後裔。供養墓ながら墓も存在。[8]
下道郡
  • 上野氏 - 足利氏族で幕臣。十代将軍義稙の命で下向。下道郡下原郷鬼邑山城と松山城を支配した。
浅口郡
  • 中島氏 - 片島。幕臣二階堂氏族。十代将軍義稙の命で下向。
  • 陶山氏 - 備中守。室町幕府奉公衆。

戦国大名[編集]

  • 三村氏 - 家親が備中を制覇し、備前・美作にも進出したが暗殺され、子元親は織田政権と結んで毛利氏に反し、滅ぼされた。
  • 宇喜多氏 - 三村氏と抗争しつつ備前から進出。
  • 尼子氏 - 庄氏と結び備中を支配下においたが、三村氏に追われた。
  • 毛利氏 - 備中兵乱で三村氏を滅ぼし直接支配下に置いた。

織豊大名[編集]

  • 毛利輝元 - 中国国分により、高梁川以西を領知。
  • 宇喜多秀家 - 中国国分により、高梁川以東を領知。

武家官位としての備中守[編集]

江戸時代以前[編集]

江戸時代[編集]

備中国の合戦[編集]

産物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 別称「備州」は備前国・備中国・備後国の総称としての呼称。
  2. ^ 反幕府の赤松勢を撃破した戦功。光厳天皇による臨時宣下で河野九郎通治が対馬守に任ぜられたのと同時任官。田中修實 『中世後期受領名官途の在地効果 備中守の事例を中心に』1989年
  3. ^ 重明か。守護・国司兼帯。田中修實 『中世後期受領名官途の在地効果 備中守の事例を中心に』1989年
  4. ^ 南朝による任官と推定されている。田中修實 『中世後期受領名官途の在地効果 備中守の事例を中心に』1989年
  5. ^ 田中修實 『中世後期受領名官途の在地効果 備中守の事例を中心に』1989年
  6. ^ 室町幕府御教書。田中修實 『中世後期受領名官途の在地効果 備中守の事例を中心に』1989年
  7. ^ 田口義之『備後の武将と山城(WEB版)』 - 戦国山城の典型、備後楢崎氏の居城「朝山二子城」
  8. ^ 那須与一の墓:歴史・文化:史跡・名勝:観光情報:「井原市観光協会」公式サイト
  9. ^ 田中修實 『中世後期受領名官途の在地効果 備中守の事例を中心に』1989年 84頁
  10. ^ 「其はじめ一たび此國に任ぜられしより、遂に空名ながら代々の通称」として世襲した。田中修實 『中世後期受領名官途の在地効果 備中守の事例を中心に』1989年

参考文献[編集]

  • 藤井学・狩野久・竹林榮一・倉知克直・前田昌義『岡山県の歴史』、(県史33)山川出版社、2000年。
  • 田中修實 『中世後期受領名官途の在地効果 備中守の事例を中心に』法制史研究 (39), p61-89 1989年
  • 『国税調査以前日本人口統計集成』第1巻および別巻1、内務省編纂、速水融復刻解題、東洋書林、1992年

関連項目[編集]