越国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
越国(越州・三越)

越国(こしのくに)は、現在の福井県敦賀市から山形県庄内地方の一部に相当する地域を領した、上古の勢力圏である。

律令時代~現在の地域名としては、越州(えっしゅう)・三越(さんえつ)と同義で、越後越中能登加賀越前の5国を意味する(「越」字がない能登・加賀も含めるのが普通である)。

概要[編集]

日本書紀には一つの地域として(こし)・越洲(こしのしま)[1]という名が書かれている。表記については、古くは「高志[2]」「古志[3]」などともされたが、7世紀末の分割時かそれに近い時期に「」にほぼ統一された。ここでは越国と題し、地域独自的な文化形態も確認されてはいるが、統一的な国家の形態を成していたかどうかは現在時点では確認されていない。

地理的な範囲は敦賀氣比神宮から船出し日本海を北上して、羽咋気多大社を経て、さらに弥彦神社がある弥彦山を右手に見るまでを一つの地域として「越」と呼んだ[4](交流の実態は各神社の歴史および継体天皇の出自など参照のこと)。西端は、若狭国越前国(現在の福井県美浜町敦賀市)を隔てる関峠と明確に規定されていた一方、北端は645年大化の改新の頃まで船から弥彦山を見るまでと、漠然としたものだったと考えられる。

歴史[編集]

古くから交易や交流などはあったもののヤマト王権の勢力が十分に及ばない日本海側の地域であり、紀元前孝元天皇の第1皇子四道将軍大彦命に平定される前の「越」は諸豪族(豪族阿彦など)に支配されていたと推定されている。

日本書紀によれば欽明天皇5年(544年)12月佐渡島に渡来する粛慎人のことが越から朝廷に報告され、その後573年高麗使人が越の海岸に漂着、船が難破し多数の溺死をみたこと、翌年にも彼らの漂着が報告され、589年になると朝廷は阿倍臣北陸道に派遣して越など諸国の境界を調べさせている[5]。また645年12月には『海畔の浮木が東へ移る』と報告されており[5]、これは海浜に住み着く蝦夷が朝廷の勢力に破れ北東方面に逃れたこと、翌646年の『越国の鼠が昼夜相連なり,東方に移動』は内陸部の蝦夷が昼夜を問わず連なり東に逃れたこととされる[6][7][8]

孝徳朝(645年~654年)には蝦夷との境界として647年(大化3年)に渟足柵が設けられ「越」の北端となり、その後磐舟柵、初期の出羽柵までと次第に北端は伸びていった[4]。越国守阿倍比羅夫658年水軍180隻を率いて蝦夷を討ったと伝わるなど、一方の安定した西端と比較し、北端は蝦夷との戦いや征伐があった辺境であった。

令制国としての越国は、孝徳朝に建国され[9]689年692年(持統3–6年)大宝律令によってがあった近畿に近い地域から越前国越中国越後国の3国へと分割された。この後は3国それぞれの歴史を歩むこととなるが、「越州」の呼称は分割後も三国の総称またはそれぞれの国の別称として広く用いられ、3国は越州(えっしゅう)あるいは三越(さんえつ)と呼ばれることがある。更に後に、越前国から能登国が、次に加賀国が分立され、また越後国出羽郡出羽国として分離建国されている。

高志[編集]

福井市には「高志」の地区名と名称が残っており多用され、福井市と新潟市に「高志」の名を冠した高等学校が、富山県黒部市には高志野中学校がある[10][11]。 上越市には高志小学校がある。富山市には2012年7月、高志の国文学館が開館した。

「越」にちなんだ名[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国産み#比較表を参照。
  2. ^ 古事記』のほか、7世紀後半の木簡に「高志」の表記がある。舘野和己「『古事記』と木簡に見える国名表記の対比」、『古代学』4号、2012年、17頁・19頁。八岐大蛇(フルネーム:高志之八俣遠呂知こしのやまたのおろち)は古志からやって来るとの記述がある。
  3. ^ 出雲国風土記の神門郡条
  4. ^ a b 『国史大辞典』第2巻、編集委員会編者、吉川弘文館〈国史大辞典〉(原著1982年7月1日)、286ページ。ISBN 4-642-00502-1
  5. ^ a b 福井県史 年表:507年 - 700年”. 福井県文書館. 2010年7月9日閲覧。
  6. ^ 日本書紀645年の元の記述『戊午、越国言。海畔枯査(ウキギ・浮木)向東移去。沙上有跡。如耕田状』(災害の発生とそれへの人々の対処に関する文化史、古代新潟県域に於ける事例の検出と人々の災害観新潟産業大学人文学部紀要 第19号 2008.3 4/17ページ(PDFファイル))
  7. ^ 村上市教育情報センター・村上市立中央図書館のサイト古代の郷土・磐舟柵によれば、『海畔枯査』を「海浜に住む蝦夷」、「越国之鼠」とは「越国の内陸部の蝦夷」と解釈している。2010年7月11日閲覧
  8. ^ 《巻首》◆日本書紀巻第二十五日本書紀(朝日新聞社本)
    《大化元年(六四五)十二月戊午【二十四】》◆戊午。越国言。海畔枯査向東移去。
    《大化二年(六四六)是歳》◆是歳。越国之鼠。昼夜夜相連。向東移去。
    《大化三年(六四七)是歳》◆是歳・・・造渟足柵、置柵戸。老人等相謂之曰。数年鼠向東行、此造柵之兆乎。《大化四年(六四八)正月壬午朔》◆
  9. ^ 熊田亮介(1947–)「古代国家と秋田・秋田城雄勝城出羽国の成立」塩谷順耳(1930–)・冨樫泰時・熊田亮介・渡辺英夫・古内龍夫『秋田県の歴史』山川出版社 2001年5月 39ページ ISBN 4-634-32050-9
  10. ^ 高志高等学校福井市新潟市にある。
  11. ^ 高志地区の一例:高志地店舗、福井市大手3、JAバンク福井県信連”. 福井県JAバンク. 2009年4月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]