国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国造(くに の みやつこ・こくぞう・こくそう)は、古代日本行政機構において地方を治める官職のこと。また、その官職に就いた人のこと。軍事権、裁判権などを持つその地方の支配者であったが、大化の改新以降は主に祭祀を司る世襲制の名誉職となった。

訓の「みやつこ」とは「御奴(ミヤツコ)」または「御家つ子」の意味とされる。

概要[編集]

大和朝廷の行政区分の1つである国の長を意味し、この国の範囲は令制国整備前の行政区分であるため、はっきりしない。地域の豪族が支配した領域が国として扱われたと考えられる。また定員も1人とは限らず、1つの国に複数の国造がいる場合もあったとされる。朝廷への忠誠度が高い県主とは違い、国主(くにぬし)と言われた有力な豪族が朝廷に帰順して国造に任命され、臣・連・君・公・直などの姓(カバネ)が贈られ、軍事権、裁判権など広い範囲で自治権を認められた。

国造が大王から与えられた姓(カバネ)は、

  1. 畿内及び周辺諸国の直姓国造
  2. 吉備や出雲の臣姓国造
  3. 山陽道の一部と南海道の凡直(おおしのあたい)姓国造
  4. 東海・東山の御名代の伴造(とものみやつこ)姓国造
  5. 東の毛野(けぬ)、西の筑紫・豊・肥の君姓国造

など、さまざまで、一律に行われた編成ではないと分かる。

国造は、東国の国造のように部民屯倉の管理なども行ったり、出雲の国造のように神祇を祀り、祭祀で領内を統治するなどしたり、国造などのように外交に従事したりしたことなどが分かる。また、筑紫の国造のように北九州を勢力下に入れ、朝廷に反抗する者もいた。

国造の下に(あがた)があり、かなり整備された国県制があったとする見解もある。しかし、律令制以前の地方支配の実態は、国造制の実態や中小豪族との関係など不明な点が多い。

大化の改新以降は主に祭祀を司る世襲制の名誉職になり、従来の国造の職務は郡司が担当した。また、国造が治めた国は整理・統合、あるいは分割され、令制国に置き換えられた。国造には国造田などが支給され、郡司などを兼任する者もいた。その後、8世紀後半以降には国造はなくなっていった。

9世紀成立の「国造本紀」(『先代旧事本紀』巻10)には、全国135の国造の設置時期と任命された者らの記録がある。

国造本紀考[編集]

文久元年(1861年)の栗田寛著作の『国造本紀考』に、「国造本紀」の来歴や偽書の指摘、国造各々の詳細な解説がなされ、「国造本紀」は史料たりえる書物ではなく、普及もしなかったと指摘がある。

一覧[編集]

諸国造一覧[編集]

国造が存在したのは律令制以前であるが、便宜上9世紀以降の令制国の領域で分類[1]

令制国 国造名 初代国造
(任命時期)
氏族(括弧内はカバネ 支配領域 備考
表記 読み
畿内
山城国 山城国造 やましろ 椎根津彦
神武天皇期)
山背氏(山代氏)(直) 山城国
山背国造 曽能振命
成務天皇期)
大和国 倭国造
(大倭-)
やまと 椎根津彦
(神武天皇期)
倭氏(直) 大和国中部
闘鶏国造 つげ (記載なし) 都祁氏(直) 大和国西部
葛城国造 かずらぎ 剣根命
(神武天皇期)
葛城氏(直) 大和国東部
河内国 凡河内国造 おおしこうち
おおしかわち
彦己曽保理命
(神武天皇期)
凡河内氏(直) 河内国・和泉国・摂津国
和泉国
摂津国
東海道
伊賀国 伊賀国造 いが 武伊賀都別命
(成務天皇期)
阿保氏(君) 伊賀国
伊勢国 伊勢国造 いせ 天日鷲命
(神武天皇期)
伊勢氏(直) 伊勢国
志摩国 島津国造 しまづ 出雲笠夜命
(成務天皇期)
島氏(直) 志摩国
尾張国 尾張国造 おわり 小止与命
(成務天皇期)
尾張氏(連) 尾張国
三河国 三河国造 みかわ 知波夜命
(成務天皇期)
三河国西部
穂国造 菟上宿禰
雄略天皇期)
三河国東部
遠江国 遠淡海国造 とおつおうみ 印岐美命
(成務天皇期)
遠江国西部
久努国造 くど 印幡足尼
(仲哀天皇期)
久努氏(直) 遠江国東部
素賀国造 すが
そが
美志印命
(神武天皇期)
遠江国北部
駿河国 廬原国造 いおはら 思加部彦命
(成務天皇期)
庵原氏(君) 駿河国西部
珠流河国造 するが 片堅石命
(成務天皇期)
金刺氏(舎人) 駿河国東部
伊豆国 伊豆国造 いず 若建命
神功皇后期)
伊豆氏(君)
のち日下部氏(直)
伊豆国
甲斐国 甲斐国造 かい 臣知津彦公
景行天皇期)
甲斐国
相模国 師長国造
(磯長-)
しなが 意富鷲意弥命
(成務天皇期)
相模国西部
相武国造
(武相-)
さがむ 弟武彦命
(成務天皇期)
漆部氏(直) 相模国東部
武蔵国 知々夫国造 ちちぶ 知々夫命
崇神天皇期)
武蔵国北西部
无邪志国造 むさし 兄多毛比命
(成務天皇期)
武蔵国(秩父除く)
胸刺国造 伊狭知直
(時期記載なし)
安房国 阿波国造 あわ 大伴直大瀧
(成務天皇期)
大伴氏(直) 安房国西部
長狭国造 ながさ (記載なし) 安房国東部
上総国 須恵国造 すえ 大布日意弥命
(成務天皇期)
末氏(使主) 上総国南部
馬来田国造 うまくた
まくた
深河意弥命
(成務天皇期)
上総国中西部
上海上国造 かみつうなかみ 忍立化多比命
(成務天皇期)
檜前氏(舎人直) 上総国中西部
菊麻国造 くくま
きくま
大鹿国直
(成務天皇期)
上総国北西部
伊甚国造 いじむ
いじみ
伊己侶止直
(成務天皇期)
上総国東部
武社国造 むさ 彦忍人命
(成務天皇期)
牟邪氏(臣) 上総国北東部
下総国 千葉国造 ちは (記載なし) 大私部氏(直) 下総国南部
印波国造 いんば 伊都許利命
応神天皇期)
丈部氏(直) 下総国中部
下海上国造 しもつうなかみ 久都伎直
(応神天皇期)
他田日奉部氏(直) 下総国東部
常陸国 筑波国造 つくば 阿閉色命
(成務天皇期)
常陸国南部
新治国造 にいはり 比奈羅布命
(成務天皇期)
新治氏(直) 常陸国西部
茨城国造 いばらき 筑紫刀祢
(応神天皇期)
壬生氏(連) 常陸国中部
仲国造 なか 建借馬命
(成務天皇期)
壬生氏(直) 常陸国東部
久自国造 くじ 船瀬足尼
(成務天皇期)
常陸国北中部
高国造 たか 弥佐比命
(成務天皇期)
岩城氏(直) 常陸国北部
道口岐閉国造 みちのくちのきへ 宇佐比刀祢
(応神天皇期)
常陸国北端
東山道
近江国 淡海国造
(近淡海-)
おうみ 大陀牟夜別
(成務天皇期)
近江国西部
安国造
(近淡海安-)
(淡海安-)
やす (記載なし) 安氏(直) 近江国南東部
額田国造 ぬかた 大直侶宇命
(成務天皇期)
近江国北東部
美濃国 三野前国造 みののさき
みののみちのくち
八瓜命
開化天皇期)
三野氏(美濃氏)(直) 美濃国中西部
本巣国造 もとす (記載なし) 三野本巣氏(直) 美濃国中西部
牟義都国造 むげつ (記載なし) 牟義都氏(君) 美濃国北中部
三野後国造 みののしり 臣賀夫良命
(成務天皇期)
三野後氏(直) 美濃国東部
飛騨国 斐陀国造 ひだ 大八椅命
(成務天皇期)
斐陀氏(国造) 飛騨国
信濃国 科野国造 しなの 建五百建命
(崇神天皇期)
科野氏(直)
のち他田氏(舎人)
信濃国
上野国 上毛野国造 かみつけの 彦狭嶋命
(時期記載なし)
上毛野氏(君) 上野国
下野国 下毛野国造 しもみつけの 奈良別
仁徳天皇期)
下毛野氏(君) 下野国(那須除く)
那須国造 なす 大臣命
(景行天皇期)
那須氏(直) 下野国北部
陸奥国 白河国造 しらかわ 塩伊乃己自直
(成務天皇期)
のち那須氏(直)が郡領 陸奥国南部
(福島県域南西部)
石背国造 いわせ 建弥依米命
(成務天皇期)
陸奥国南部
(福島県域中西部)
阿尺国造 あさか 比止祢命
(成務天皇期)
丈部氏(直) 陸奥国南部
(福島県域中西部)
安積国造神社社家
道奥菊多国造 みちのおくのきくた 主乃祢
(応神天皇期)
陸奥国南部
(福島県域南東部)
石城国造 いわき 建許呂命
(成務天皇期)
石城氏(直) 陸奥国南部
(福島県域中東部)
染羽国造 しめは
しねは
足彦命
(成務天皇期)
陸奥国南部
(福島県域中東部)
信夫国造 しのぶ 久麻直
(成務天皇期)
陸奥国南部
(福島県域北西部)
浮田国造 うきた 賀我別王
(成務天皇期)
陸奥国南部
(福島県域北東部)
伊久国造 いく 豊嶋命
(成務天皇期)
陸奥国中部
思国造
(亘-?)
おもし 志久麻彦
(成務天皇期)
陸奥国北部
出羽国
北陸道
若狭国 若狭国造 わかさ 荒砺命
允恭天皇期)
膳氏(臣)、稚桜部氏(臣) 若狭国
越前国 角鹿国造 つぬが 建功狭日命
(成務天皇期)
角鹿氏(直) 越前国南西部
高志国造
(越-、古志-)
こし 市入命
(成務天皇期)
高志氏(臣) 越前国中部
三国国造 みくに 若長足尼
(成務天皇期)
越前国北部
加賀国 江沼国造 えぬま 志波勝足尼
反正天皇期)
江沼氏(臣) 加賀国南部
加我国造
(賀我-)
かが 大兄彦君
(雄略天皇期)
加賀国中部
加宜国造 かが 素都乃奈美留命
仁徳天皇期)
道氏(君・公)
能登国 羽咋国造 はくい 石城別王
(雄略天皇期)
羽咋氏(君・公) 能登国南部
能等国造 のと 彦狭嶋命
(成務天皇期)
能登氏(臣) 能登国北部
越中国 伊弥頭国造 いみづ 大河音足尼
(成務天皇期)
射水氏(臣) 越中国
越後国 久比岐国造 くびき 御戈命
(崇神天皇期)
越後国西部
高志深江国造 こしのふかえ 素都乃奈美留命
(崇神天皇期)
高志氏(公) 越後国中部
佐渡国 佐渡国造 さど 大荒木直
(成務天皇期)
大荒木氏(直) 佐渡国
山陰道
丹波国 丹波国造 たんば 大倉岐命
(成務天皇期)
丹波氏(直) 丹波国・丹後国 籠神社社家
丹後国
但馬国 但遅麻国造 たじま 船穂足尼
(成務天皇期)
但馬氏(君・公) 但馬国東部
二方国造 ふたかた 美尼布命
(成務天皇期)
但馬国西部
因幡国 稲葉国造 いなば 彦多都彦命
(成務天皇期)
因幡氏(稲葉氏)(国造) 因幡国
伯耆国 伯岐国造
(波伯-)
ほうき 大八木足尼
(成務天皇期)
伯岐氏(伯耆氏)(造) 伯耆国
出雲国 出雲国造 いずも 宇迦都久努
(崇神天皇期)
出雲氏(臣) 出雲国 出雲大社社家
石見国 石見国造 いわみ 大屋古命
(崇神天皇期)
石見国
隠岐国 意岐国造 おき 十埃彦命
(応神天皇期)
隠岐国
山陽道
播磨国 明石国造 あかし 都弥自足尼
(応神天皇期)
播磨国南東部
針間国造 はりま 伊許自別命
(成務天皇期)
針間氏(直)、佐伯氏(直) 播磨国北部
針間鴨国造 はりまのかも 市入別命
(成務天皇期)
播磨国東部
美作国
備前国 大伯国造 おおく 佐紀足尼
(応神天皇期)
備前国東部
上道国造 かみつみち 多佐臣命
(応神天皇期)
上道氏(臣) 備前国南東部
三野国造 みぬ 弟彦命命
(応神天皇期)
三野氏(臣) 備前国南西部
備中国 笠臣国造 かさのおみ
かさ
笠三枝臣
(応神天皇期)
笠氏(臣) 備中国南東部
加夜国造 かや 中彦命
(応神天皇期)
香夜氏(臣) 備中国東部
下道国造 しもつみち 兄彦命(稲速別)
(応神天皇期)
下道氏(臣) 備中国中部
吉備中県国造 きびのなかつあがた 明石彦
(崇神天皇期)
三使部氏(直) 備中国東部
備後国 吉備品治国造
(吉備風治-)
きびのほむち 大船足尼
(成務天皇期)
品治氏(君) 備中国南部
吉備穴国造 きびあな 八千足尼
(景行天皇期)
備中国北部
安芸国 阿岐国造 あき 飽速玉命
(成務天皇期)
阿岐氏(安芸氏)(凡直) 安芸国
周防国 大島国造 おおしま 穴委古命
(成務天皇期)
周防国大島
周防国造 すおう 加米乃意美
(応神天皇期)
周防氏(凡直) 周防国東部
波久岐国造 はくき 豊玉根命
(崇神天皇期)
周防国北部
都怒国造 つぬ 男嶋足尼
(仁徳天皇期)
角氏(臣) 周防国西部
長門国 阿武国造 あむ 味波波命
(景行天皇期)
阿牟氏(公) 長門国東部
穴門国造 あなと 速都鳥命
(景行天皇期)
穴門氏(直) 長門国西部
南海道
紀伊国 熊野国造 くまの 大阿斗足尼
(成務天皇期)
熊野氏(直) 紀伊国東部
紀国造
きい
天道根命
(神武天皇期)
紀氏(直) 紀伊国西部 日前神宮・国懸神宮社家
淡路国 淡道国造 あわじ 矢口足尼
(成務天皇期)
淡道氏(凡直) 淡路国
阿波国 粟国造 あわ 千波足尼
(応神天皇期)
粟氏(凡直) 阿波国北部
長国造 なが 韓背足尼
(成務天皇期)
長氏(直) 阿波国南部
讃岐国 讃岐国造 さぬき 須売保礼命
(応神天皇期)
讃岐氏(公)、佐伯氏(直) 讃岐国
伊予国 小市国造 おち
おいち
子致命
(応神天皇期)
小市氏(直) 伊予国東部
怒麻国造 ぬま 若弥尾命
(神功皇后期)
伊予国北部
風速国造 かぜはや 阿佐利
(応神天皇期)
風早氏(直) 伊予国中部
久味国造 くみ 伊与主命
(応神天皇期)
久米氏(直) 伊予国中部
伊余国造 いよ 速後上命
(成務天皇期)
伊余氏(伊予氏)(凡直) 伊予国南部
土佐国 都佐国造 とさ 小立足尼
(成務天皇期)
都佐氏(土佐氏)(凡直) 土佐国中部
波多国造 はた 天韓襲命
(崇神天皇期)
波多氏(君) 土佐国西部
西海道
筑前国 筑紫国造 つくし 日道命
(成務天皇期)
筑紫氏(君・公) 筑前国・筑後国
筑後国
豊前国 豊国造 とよ 宇那足尼
(成務天皇期)
豊氏(直) 豊前国北部
宇佐国造 うさ 宇佐都彦命
(神武天皇期)
宇佐氏(公) 豊前国東部
豊後国 国前国造 くにさき 午佐自命
(成務天皇期)
国前氏(臣) 豊後国北部
大分国造 おおいた
おおきだ
(記載なし) 大分氏(君) 豊後国東部
比多国造 ひた 止波足尼
(成務天皇期)
豊後国西部
肥前国 筑志米多国造 つくしのめた 都紀女加命
(成務天皇期)
筑紫米多氏(君) 肥前国東部
松津国造 金連
(仁徳天皇期)
肥前国東部か
末羅国造 まつら 矢田稲吉命
(成務天皇期)
肥前国北部
葛津国造
(葛津立-)
ふじつ
(ふじつたち)
若彦命
(成務天皇期)
肥前国西部
肥後国 阿蘇国造 あそ 速瓶玉命
(崇神天皇期)
阿蘇氏(君) 肥後国北東部
火国造 遅男江命
(崇神天皇期)
肥氏(君) 肥後国中部
葦北国造 あしきた 三井根子命
(景行天皇期)
葦北氏(君)(刑部靫部) 肥後国南部
天草国造 あまくさ 建嶋松命
(成務天皇期)
肥後国天草
日向国 日向国造 ひゅうが 老男
(応神天皇期)
日向国
大隅国 大隅国造 おおすみ 伏布
(仁徳天皇期)
大隅氏(直) 大隅国(種子島除く)
多褹島造 たね (記載なし) 大隅国(種子島)
薩摩国 薩摩国造 さつま (人物記載なし)
(仁徳天皇期)
阿多氏(君) 薩摩国
壱岐国 壱岐国造 いき 上毛布直
継体天皇期)
壱岐氏(直・島造) 壱岐国
対馬国 上県国造 建弥己己命
(神武天皇期)
津島県氏(直) 対馬島
下県国造 (記載なし) 対馬下県氏(直)


大化以後も存続した国造[編集]

主な新国造[編集]

出雲大社の最高神職として、現人神のように信仰を集めた。南北朝時代に千家・北島に分裂したが、現在も出雲大社社家として存続。
日前神宮・国懸神宮社家。平安時代前期と江戸時代中期に後嗣を欠いたが、女系相続により家を維持した。現在は藤原姓。

社家として系譜を伝えた国造家[編集]

福島県郡山市安積(あさか)国造神社社家の安藤家。安積国造家の末裔として安積を名乗る。
京都府宮津市籠神社社家の海部家。現宮司は第82代丹波国造を称する。
沼田神社社家の筑紫家。古代には、現在の広島県三原市の沼田(ぬた)地域を支配していた。[要出典]
宇倍神社神主であり因幡国造を称した伊福部氏は、実際には国造の因幡氏(因幡国造氏)から分かれた支流である。

脚注[編集]

  1. ^ 『国史大辞典』国造項 氏姓国造一覧表を参考にして記載。

参考文献[編集]

  • 『國史大辭典』(吉川弘文館)国造項
  • 大川原竜一「大化以前の国造制の構造とその本質 -記紀の「国造」表記と『隋書』「軍尼」の考察を通して-
  • 青木書店歴史学研究』2007年7月号 No.827 p41 - p57
  • 篠川賢・大川原竜一・鈴木正信共編著『国造制の研究―史料編・論考編―』(八木書店、2013年)

関連項目[編集]