継体天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
継体天皇
第26代天皇
足羽山の継体天皇像(福井県福井市)

誕生 450年?
近江国高嶋郷三尾野
(現・滋賀県高島市
崩御 531年3月10日?
陵所 三島藍野陵
異称 袁本杼命・男大迹王
彦太尊
雄大迹天皇
乎富等大公王
父親 彦主人王
母親 振媛
皇后 手白香皇女
夫人 尾張目子媛ほか
子女 安閑天皇
宣化天皇
欽明天皇
他多数
皇居 樟葉宮
筒城宮
弟国宮
磐余玉穂宮
テンプレートを表示

継体天皇(けいたいてんのう、允恭天皇39年(450年?) - 継体天皇25年2月7日531年3月10日?))は、日本の第26代天皇。在位は継体天皇元年2月4日507年3月3日?) - 同25年2月7日(531年3月10日?)。

戦後、現皇室は継体天皇を初代として樹立されたとする新王朝論が盛んになった。それ以前のヤマト王権との血縁関係については現在も議論が続いている。

ヲホド。『日本書紀』では男大迹王(をほどのおおきみ)、『古事記』では袁本杼命(をほどのみこと)と記される。また、『筑後国風土記逸文に「雄大迹天皇(をほどのすめらみこと)」、『上宮記』逸文に乎富等大公王(をほどのおおきみ)とある。 なお、隅田(すだ)八幡神社(和歌山県橋本市)蔵の人物画像鏡銘に見える「孚弟王(男弟王?)」は継体天皇を指すとする説がある(詳細は「異説」の節にて後述)。別名として、『日本書紀』に彦太尊(ひこふとのみこと)とある。

生没年[編集]

  • 推定生年:『古事記』には485年、『日本書紀』には允恭天皇39年(450年?)。
  • 推定没年:『古事記』には丁未4月9日527年5月26日?)、『日本書紀』には辛亥2月7日(531年3月10日?)または甲寅(534年?)とされる。

生涯[編集]

『古事記』、『日本書紀』によると継体天皇は応神天皇5世の子孫であり、父は彦主人王である。近江国高嶋郷三尾野(現在の滋賀県高島市あたり)で誕生したが、幼い時に父を亡くしたため、母の故郷である越前国高向(たかむく、現在の福井県坂井市丸岡町高椋)で育てられて、男大迹王として5世紀末の越前地方(近江地方説もある)を統治していた。

『日本書紀』によれば、506年武烈天皇が後嗣定めずして崩御したため、大連大伴金村物部麁鹿火大臣巨勢男人らが協議した。まず丹波国にいた仲哀天皇の5世の孫である倭彦王(やまとひこおおきみ)を抜擢したが、迎えの兵士をみて恐れをなして、倭彦王は山の中に隠れて行方不明となってしまった。そこで、次に越前にいた応神天皇の5世の孫の男大迹王にお迎えを出した。男大迹王は心の中で疑いを抱き、河内馬飼首荒籠(かわちのうまかいのおびとあらこ)に使いを出し、大連大臣らの本意を確かめて即位の決心をした。翌年58歳にして河内国樟葉宮(くすばのみや)において即位し、武烈天皇の姉(妹との説もある)にあたる手白香皇女皇后とした。

継体は、ようやく即位19年後の526年、大倭(後の大和国)に都を定めることができたが、その直後に百済から請われて救援の軍を九州北部に送った。しかし新羅と結んだ磐井によって九州北部で磐井の乱が勃発して、その平定に苦心している(磐井の乱については諸説ある)。日本書紀の記述では継体が507年に即位してから大和に都をおくまで約20年もかかっており、皇室(実態はヤマト王権)内部もしくは地域国家間との大王位をめぐる混乱があったこと、また、継体(ヤマト王権)は九州北部の地域国家の豪族を掌握できていなかったことを示唆している。

531年に、皇子の勾大兄(安閑天皇)に譲位(記録上最初の譲位例)し、その即位と同日に崩御した。『日本書紀』では、『百済本記』(「百濟本記爲文 其文云 大歳辛亥三月 軍進至于安羅 營乞乇城 是月 高麗弑其王安 又聞 日本天皇及太子皇子 倶崩薨 由此而言 辛亥之歳 當廿五年矣」)を引用して、天皇及び太子と皇子が同時に亡くなったとし、政変で継体以下が殺害された可能性(辛亥の変説)を示唆している。

死去年に関しては、『古事記』では継体の没年を527年としており、そうであれば都を立てた翌年に死去したことになる。『古事記』では没年齢は約40歳だが、『日本書紀』に従うと約80歳の長寿であった。

  • 品太ほむだ王の五世いつせみこ袁本杼をほどの命、伊波禮いわれの玉穂宮に坐しまして、天の下治らしめしき(この後は、何人かの妻を娶って産ませた子供が19人でこれらの子から後の3人の天皇が出たことを書いている。即ち欽明、安閑、宣化の3天皇である)。

この御世に竺紫君石井いはい、天皇のみことに従わずして、多くの禮無かりき。故、物部荒甲もののべのあらかひ大連おほむらじ、大伴の金村かなむらの連二人を遣わして、石井を殺したまひき。天皇の御歳、四十三歳よそじまりみとせ。〔丁未の年の四月九日に崩りましき。〕御陵は三島の藍の御陵なり
(〔〕は分注)

『古事記』

出自を巡る議論[編集]

記紀』によると、先代の武烈天皇に後嗣がなかったため、越前(近江とも)から「応神天皇5世の孫」である継体が迎えられ、群臣の要請に従って即位したとされる。しかし、『日本書紀』の系図一巻が失われたために正確な系譜が書けず、『上宮記』逸文によって辛うじて状況を知ることが出来る。しかし、この特殊な即位事情を巡っては種々の議論や推測がある。

『記紀』の記述を尊重すれば、継体天皇を大王家の「5代前に遡る遠い傍系に連なる有力王族」とする説が正しい。しかし戦後に、歴史とりわけ天皇に関する自由な研究が認められることになり、継体は従来の大王家とは血縁のない「新王朝の始祖(初代大王)」とする説(水野祐三王朝交替説」)などが提唱された。

たとえば前述の水野説によれば、いわゆる万世一系は否定され、出自不明の第26代・継体天皇からヤマト王権の新たな大王家が始まる。さらに論を進め、近江の皇別氏族(皇族が臣籍降下して誕生した氏族)息長氏の出身と見なし、ヤマト王権を武力制圧して王位を簒奪したとする説なども出された。

近年では、5世紀のヤマト王権大王の地位は特定の血に固定されなかった(即ち王朝ではなかった)とする説もある。継体天皇前のヤマト王権は各地域国家の連合であり、大王はその時々の地域国家の王から選ばれ、祖先が誰かは分からないという意味である。武光誠は、継体以前の大王は複数の有力豪族から出たとしている(以下の文献参照)。また武光によれば、武烈天皇などは実在した天皇ではなく、応神天皇の実在に関しても諸説ある、としている。

1980年代に入り、継体の出自を伝える『上宮記』の成立が推古朝に遡る可能性が指摘(黛弘道「継体天皇の系譜について」『律令国家成立史の研究』吉川弘文館、1982年)され、傍系王族説が再び支持を集めるようになった。すなわち『上宮記』逸文が載っている『釈日本紀』には「上宮記曰一伝」という記述があるが、『上宮記』の作者は別史料を引用している。それには、さらに古い資料に基づいた王権系譜が載っていた、とされていることを根拠とする。

現在の歴史学界では継体が応神の5世孫であるという点の真偽はさておき、彼が「ヤマト王権の大王位を簒奪した訳ではなく、ヤマト王権中枢の豪族の支持を得て即位した」とする説が有力である。なお継体天皇以降の天皇系譜については、『記紀』以外に根拠ある史料はない。

応神天皇の子孫説が正しいとしても、5代前に遡る近いとは言い難い親戚関係である。その距離を補うためか、継体は応神直系の手白香皇女を娶っている。

継体新王朝説を採用した場合でも、現皇室は1,500年の歴史を持ち、現存する王朝の中では世界最長である[1]。それ以前の系譜は参考ないしは別系とするなどして「実在と系譜が明らかな期間に限っても」という条件下においてもこのように定義・認定されることから、皇室の歴史をたたえる際などに、継体天皇の名前が引き合いに出されることが多い。

天皇系図 15~26代

皇后[編集]

皇后は雄略天皇の孫娘で、仁賢天皇の皇女であり、武烈天皇の妹(姉との説もある)の手白香皇女である。継体天皇は大和に入る以前に現地で複数の妃を持ち沢山の子もいたが、即位後には先代天皇の妹を正式の皇后をとして迎え入れた。これは政略結婚であり、継体天皇は先代天皇の妹で正当な血筋を持つ直系の手白香皇女を皇后にする事により、武烈天皇系との融和を図るとともに、一種の入り婿という形で血統の正当性を誇示したと考えられている。

継体天皇は他に沢山の子がいたにもかかわらず、嫡子は手白香皇女との間の皇子である天国排開広庭尊(欽明天皇)であった。欽明天皇もまた手白香皇女の姉妹を母に持つ、宣化天皇皇女の石姫皇女を皇后に迎え敏達天皇をもうけた。

ヤマト王権の傍系の血を、皇后の直系の血統により補強したと考えられている。かくして継体天皇と手白香皇女の皇子である欽明天皇の血筋が、長く現在まで続く事になる。

系譜[編集]

継体天皇出自系図
天皇系図 26~37代

『日本書紀』によれば応神天皇5世の孫(曾孫の孫)で父は彦主人王、母は垂仁天皇7世孫の振媛(ふりひめ)である。ただし、応神から継体に至る中間4代の系譜について『記紀』では省略されており、辛うじて鎌倉時代の『釈日本紀』に引用された『上宮記』逸文という史料によって知ることが出来る。これによると、男子の直系は「凡牟都和希王(ほむたわけのおおきみ・応神天皇) ─ 若野毛二俣王 ─ 大郎子(一名意富富等王) ─ 乎非王汙斯王(=彦主人王) ─ 乎富等大公王(=継体天皇)」とされる。『上宮記』逸文は近年、黛弘道の研究によって推古朝の遺文である可能性も指摘され、その内容の信憑性や実際の血統については前述の通り議論が分かれているものの原帝紀の編纂(欽明朝か)と同じ頃に系譜伝承が成立したものと思われる。

  • 皇后:手白香皇女(たしらかのひめみこ。仁賢天皇の皇女)
    • 天国排開広庭尊(あめくにおしはらきひろにわのみこと。欽明天皇
  • 妃:目子媛(めのこひめ。尾張連草香の女)
    • 勾大兄皇子(まがりのおおえのみこ。安閑天皇
    • 檜隈高田皇子(ひのくまのたかたのみこ。宣化天皇
  • 妃:稚子媛(わかこひめ。三尾角折君の妹)
    • 大郎皇子(おおいらつこのみこ)
    • 出雲皇女(いずものひめみこ)
  • 妃:広媛(ひろひめ、黒比売。坂田大跨王の女)
    • 神前皇女(かむさきのひめみこ)
    • 茨田皇女(まんたのひめみこ)
    • 馬来田皇女(うまぐたのひめみこ)
  • 妃:麻績娘子(おみのいらつめ、麻組郎女。息長真手王の女)
    • 荳角皇女(ささげのひめみこ) 斎宮
  • 妃:関媛(せきひめ。茨田連小望の女)
    • 茨田大娘皇女(まんたのおおいらつめのひめみこ)
    • 白坂活日姫皇女(しらさかのいくひひめのひめみこ)
    • 小野稚娘皇女(おののわかいらつめのひめみこ、長石姫)
  • 妃:倭媛(やまとひめ。三尾君堅の女)
    • 大郎子皇女(おおいらつめのひめみこ、大郎女)
    • 椀子皇子(まろこのみこ、丸高王) 三国公・三国真人の祖
    • 耳皇子(みみのみこ)
    • 赤姫皇女(あかひめのひめみこ)
  • 妃:荑媛(はえひめ。和珥臣河内の女)
    • 稚綾姫皇女(わかやひめのひめみこ)
    • 円娘皇女(つぶらのいらつめのひめみこ)
    • 厚皇子(あつのみこ。阿豆王)
  • 妃:広媛(ひろひめ。根王の女)
    • 菟皇子(うさぎのみこ。記になし) 酒人公の祖(能楽金剛流はこの子孫という)
    • 中皇子(なかつみこ。記になし) 坂田公の祖

皇居[編集]

※『日本書紀』に拠る。

上叙の遷都は政治上の重大な変革があったためとする説もあるが、憶測の域を出ない。ただし、この記録が事実とすると、継体が大和にいたのは最後の5年のみである。

異説[編集]

隅田八幡神社所蔵[2]国宝人物画像鏡」の銘文に『癸未年八月日十大王年男弟王在意柴沙加宮時斯麻念長寿遣開中費直穢人今州利二人等取白上同二百旱作此竟』「癸未の年八月十日、男弟王が意柴沙加の宮にいます時、斯麻が長寿を念じて河内直、穢人今州利の二人らを遣わして白上銅二百旱を取ってこの鏡を作る」(判読・解釈には諸説あり)とある。

隅田八幡神社は859年の設立であるが、人物画像鏡の出土場所、出土年代は明らかにされておらず、「癸未」については443年説と503年説など争いがある。

「癸未」を503年、「男弟王」を(おおと)=男大迹王と解釈すると、継体天皇は癸未=武烈天皇5年8月10日(503年9月18日)の時点では、大和の意柴沙加宮=忍坂宮にいたとする仮説が成り立つ。もしこの説が正しければ、継体天皇が畿内勢力の抵抗に遭い、長期に渡って奈良盆地へ入れなかったとする説が崩れる。

「癸未」を503年とする説では、鏡を作らせて長寿を祈った「斯麻」は、当時倭国と同盟関係にあった百済武寧王(別名斯麻王)とする解釈がある。

『古事記』に見える王名「袁本杼(ヲホド)」と鏡の銘文に記された「男弟(ヲオト)」とは6世紀初頭における発音は異なっていたので[3]、鏡にある「男弟(ヲオト)」は継体天皇ではないと解釈する説がある。

伝承[編集]

ゆかりの地である越前はかつて湿原が広がり農耕や居住に適さない土地であった。男大迹王(おおとのみこ、のちの継体天皇)はこの地を治めると、まず足羽山に社殿を建て大宮地之霊(おおみやどころのみたま)を祀りこの地の守護神とした。これが現在の足羽神社である。

次に地形を調査のうえ、大規模な治水を行い九頭竜川足羽川日野川の三大河川を造ることで湿原の干拓に成功した。このため越前平野は実り豊かな土地となり人々が定住できるようになった。続いて港を開き水運を発展させ稲作養蚕採石製紙など様々な産業を発達させた。

天皇即位のため越前を離れることになると、この地を案じて自らの御生霊を足羽神社に鎮めて御子の馬来田皇女(うまくだのひめみこ)を斎主としてあとを託したという。このような伝承から越前開闢の御祖神とされている。

の「花筐」に登場する。あらすじ:継体帝が武烈帝の後継者に選ばれ、寵愛の照日(シテ)に手紙と花篭を形見として贈って上京した。照日は君を慕い、侍女とともに狂女の姿となって都へ追う。紅葉見物の行幸の列の前に現われた照日は、帝の従者(ワキ)に篭を打ち落されて狂い、漢の武帝と李夫人の物語を舞う。やがて帝は以前照日に渡した花篭であると気づき、再び召されて都に連れ帰った。後に二人の間の子が安閑天皇となる。

陵・霊廟[編集]

継体天皇の陵墓と考えられる今城塚古墳

(みささぎ)は、大阪府茨木市太田3丁目にある三嶋藍野陵(三島藍野陵、みしまのあいののみささぎ)に治定されている。公式形式は前方後円。考古学名は太田茶臼山古墳前方後円墳、墳丘長227m)。

本古墳の築造時期は5世紀の中頃とみられている。一方、大阪府高槻市郡家新町の今城塚古墳(前方後円墳、墳丘長190m)から埴輪群が発掘され、6世紀前半の築造と考えられることから、同古墳を真の継体天皇陵とするのが定説になっている。宮内庁による治定の変更は行われていないため、今城塚古墳には一般市民も立ち入ることができる。2011年4月1日に高槻市教育委員会にて史跡公園として整備され、埴輪祭祀場等には埴輪がレプリカにて復元された。隣接する今城塚古代歴史館では、日本最大級の家型埴輪等が復元展示されている。

また皇居では、皇霊殿宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

石碑[編集]

1847年飛騨高山国学者田中大秀の起案を受けて門弟・橘曙覧池田武万侶山口春村、足羽神社神主・馬来田善包らにより継体天皇御世系碑が足羽神社境内に建立されている。この碑文には、大秀の研究による応神天皇から継体天皇までの系図が彫り込まれている。

これには「玉穂宮天皇大御世系」とあり、その下に「品陀和気命(御諡 応人天皇) ─ 若沼毛二俣王 ─ 大郎子(亦名 意本杼王) ─ 宇斐王 ─ 汙斯王(書記云 彦主人王)─ 袁本杼命(書記云 更名 彦太尊 御諡 継体天皇)」と彫り込まれている。

また足羽神社の近くにある足羽山公園には継体天皇を模した巨大な石像が三国を見下ろすように建っており、観光スポットとなっている。

在位年と西暦との対照表[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在は断絶している王朝、および伝説を含めるのであれば、メネリク1世からハイレ・セラシエ1世に至るエチオピアの皇朝が3000年続いたとされており、世界最長だったことになる。ただし、伝説を除けば、エチオピア皇朝で歴史上の実在と系譜が確認されるのは13世紀のイクノ・アムラク以降であり、6世紀の継体天皇以降の実在と系譜が確認される現皇室の方が長いことになる。
  2. ^ 銅鏡は長年東京国立博物館に寄託されているが、所有者は隅田八幡神社である。
  3. ^ 詳細はハ行転呼音唇音退化を参照。

参考文献[編集]

  • 宇治市教育委員会 編『継体王朝の謎 うばわれた王権』(河出書房新社、1995年) ISBN 978-4-309-22285-1
  • 水谷千秋『謎の大王 継体天皇』(文春新書、2001年) ISBN 978-4-16-660192-9
  • 武光誠『大和朝廷と天皇家』(平凡社新書、2003年) ISBN 978-4-582-85180-9 
  • NHK大阪今城塚古墳プロジェクト『大王陵発掘! 巨大はにわと継体天皇の謎』(NHK出版、2004年) ISBN 978-4-14-080872-6
  • 山中鹿次「継体天皇の即位への背景と大和進出」愛知学院大学文学研究科 文研会紀要4.5号、1994年 ISSN 0917-3633

継体天皇を題材にした作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]