四条天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
四条天皇
第87代天皇
四条天皇像(宮内庁蔵『天子摂関御影』より)
即位礼 貞永元年12月5日1233年1月16日
大嘗祭 嘉禎元年11月20日1235年12月31日
元号 貞永
天福
文暦
嘉禎
暦仁
延応
仁治
追号 四条院
仁治3年1月19日1242年2月20日)追号勅定
摂政 九条教実九条道家近衛兼経
先代 後堀河天皇
次代 後嵯峨天皇

誕生 寛喜3年2月12日1231年3月17日
一条室町邸
崩御 仁治3年1月9日1242年2月10日
閑院内裏
大喪儀 仁治3年1月25日(1242年2月26日
陵所 月輪陵
御名 秀仁
寛喜3年4月11日1231年5月14日)命名
元服 仁治2年1月5日1241年2月17日
父親 後堀河天皇
母親 九条(藻璧門院)
女御 九条彦子(宣仁門院)
皇居 閑院
冷泉万里小路殿
テンプレートを表示

四条天皇(しじょうてんのう)は、鎌倉時代の第87代天皇(在位:貞永元年10月4日1232年11月17日) - 仁治3年1月9日1242年2月10日))。秀仁(みつひと)。

系譜[編集]

後堀河天皇の第一皇子。母は、九条道家の娘・(藻璧門院、は「立尊」)。准母に伯母利子内親王(式乾門院)。

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
77 後白河天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
78 二条天皇
 
以仁王
 
80 高倉天皇
 
亮子内親王
(殷富門院)
 
式子内親王
 
覲子内親王
宣陽門院
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
79 六条天皇
 
某王
北陸宮
 
81 安徳天皇
 
守貞親王
(後高倉院)
 
82 後鳥羽天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
86 後堀河天皇
 
83 土御門天皇
 
84 順徳天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
87 四条天皇
 
88 後嵯峨天皇
 
85 仲恭天皇
 
忠成王
(岩倉宮)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


略歴[編集]

寛喜3年(1231年)2月12日に一条室町邸で誕生。同年4月11日に親王となり、10月28日後堀河天皇皇太子に立てられる。貞永元年(1232年10月4日父天皇の譲位に伴って2歳で践祚12月5日即位仁治2年(1241年1月5日元服し、12月13日九条彦子を納れて女御としたが、翌仁治3年(1242年)1月9日不慮の事故が原因でにわかに崩御。享年12。同月19日に四条院と追号された。

天皇は幼少であり、初めは父である後堀河上皇が院政を敷いた。だが、2年後に上皇が崩御したため、外祖父の九条道家とその舅の西園寺公経が事実上の政務を行っていた。彗星に祟られるが、備中国宝福寺鈍菴慧聡祈祷により快癒し、同寺は勅願寺となる。崩御については、幼い天皇が近習の人や女房たちを転ばせて楽しもうと試みて御所の廊下に滑石を撒いたところ、誤って自ら転倒したことが直接の原因になったという[1]。突然の崩御を不可思議に思う者が少なくなかったようで、巷では後鳥羽上皇怨霊[2]とか慈円の祟り[3]によるものとの噂が立った。死因を脳挫傷とする憶説もある。右大臣であった九条忠家とは同年配で、騒々しいほどの遊びばかりで朝夕をともに過ごしていた。

なお、泉涌寺を再興したを天皇の前生とする説があり[2]、その理由の一つとして、天皇が俊と同じく大根を好んで食べたということが伝えられている[4]

在位中の元号[編集]

陵・霊廟[編集]

(みささぎ)は、京都府京都市東山区今熊野泉山町の泉涌寺内にある月輪陵(つきのわのみささぎ)に治定されている。公式形式は石造九重塔。なお、父の後堀河天皇観音寺陵も泉涌寺の寺内地に所在している。

仁治3年(1242年)1月19日に入棺、同月25日に泉涌寺後山の当陵に奉葬された。現存する陵は九重石塔である。この陵地は、340余年後の天正14年(1586年)に陽光院太上天皇が奉葬されて以降、後水尾天皇から仁孝天皇に至る13代の天皇および皇后陵が営まれることとなった。

また皇居では、皇霊殿宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

備考[編集]

四条天皇は皇子女を作らないままに崩御し、守貞親王(後高倉院)の血統が絶えた。

もともとこの系統は承久3年(1221年)の承久の乱で幕府に敗れた後鳥羽上皇の血統以外の者に皇位を継承させるという鎌倉幕府の方針の下に当時10歳の後堀河天皇が即位したことに始まったが、実父である守貞親王も天皇の2人の実兄も既に僧侶となっており、しかも即位の2年後には守貞親王も亡くなったために幼少の天皇だけが残されるという「皇統断絶」の危機と隣り合わせの状態となった。この状態は成人した後堀河天皇が四条天皇を儲けたことで一時的には解消されたが、他に皇子を儲けることなく後堀河上皇は23歳で崩御、またもや当時4歳の四条天皇のみが残される状況になった。このため、公家社会には「皇統断絶」の危惧が常につきまとい、公家の中には四条天皇在世中よりその崩御の夢を見る者がいたという[5][6]

四条天皇の崩御により、鎌倉幕府は新たな天皇を選ばざるを得なくなった。九条道家等の公卿達が推す順徳天皇皇子の忠成王仲恭天皇の異母弟)を退け、執権北条泰時土御門天皇皇子の邦仁王(後嵯峨天皇)を即位させたが、この際に11日間の空位期間が発生し、廷臣の嘆きは甚だしかった。天皇空位は称徳天皇から光仁天皇に至る神護景雲4年(770年)の55日間以来472年振りで、以後は称光天皇から後花園天皇に至る正長元年(1428年)の7日間まで186年間起こらなかった(北朝を除く)。

脚注[編集]

  1. ^ 五代帝王物語』。『百練抄』によると、転倒したのは崩御のわずか3日前のこととされる。
  2. ^ a b 増鏡』巻4「三神山」
  3. ^ 門葉記』仁治3年正月24日条
  4. ^ 選択伝弘決疑鈔裏書』第2処
  5. ^ 平戸記』仁治元年閏10月4日・11月11日条
  6. ^ 山田彩起子 『中世前期女性院宮の研究』 思文閣出版、2010年、P137

外部リンク[編集]