暦仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

暦仁(りゃくにん)は、日本元号の一つ。嘉禎の後、延応の前。1238年の期間を指す。この時代の天皇四条天皇鎌倉幕府将軍は藤原頼経執権北条泰時。 日本の元号の中では最も日数が短い。

改元[編集]

撰進者は藤原経範であるが、『百錬抄』によれば、世間では「暦仁=略人」すなわち、この世から人々が略される(=死んで消えてしまう)とする風評が発生したために再び改元を実施したとある(ただし、詔書では「変災」を理由としている)[1]

出典[編集]

隋書」(音楽志下)の「皇明馭海県」より。

暦仁期におきた出来事[編集]

西暦との対照表[編集]

※は小の月を示す。

暦仁元年(戊戌 一月※ 二月 閏二月※ 三月 四月※ 五月※ 六月 七月※ 八月 九月※ 十月 十一月 十二月
ユリウス暦 1238/1/18 2/16 3/18 4/16 5/16 6/14 7/13 8/12 9/10 10/10 11/8 12/8 1239/1/7
暦仁二年(己亥 一月※ 二月 三月※ 四月 五月※ 六月※ 七月 八月※ 九月 十月※ 十一月 十二月
ユリウス暦 1239/2/6 3/7 4/6 5/5 6/4 7/3 8/1 8/31 9/29 10/29 11/27 12/27

脚注[編集]

  1. ^ 北爪真佐夫「元号と武家」(初出:『札幌学院大学人文学会紀要』第68号(2000年9月)/所収:北爪『文士と御家人』(青史出版、2002年) ISBN 978-4-921145-13-2)。

関連項目[編集]