元暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

元暦(げんりゃく)は、日本元号の一つ。寿永の後、文治の前。1184年1185年の期間を指す。この時代の天皇後鳥羽天皇

源氏平家の争乱の時代で、平家方ではこの元号を使用せず寿永を引き続き使用していた。

改元[編集]

出典[編集]

尚書考霊耀」の「天地開闢、元暦紀名、月首甲子冬至、日月若懸璧、五星若編珠」より

元暦期におきた出来事[編集]

西暦との対照表[編集]

※は小の月を示す。

元暦元年(甲辰 一月※ 二月 三月※ 四月※ 五月 六月※ 七月 八月 九月※ 十月 十一月 十二月※
寿永三年
ユリウス暦 1184/2/14 3/14 4/13 5/12 6/10 7/10 8/8 9/7 10/7 11/5 12/5 1185/1/4
元暦二年(乙巳 一月 二月※ 三月 四月※ 五月※ 六月 七月※ 八月 九月※ 十月 十一月 十二月
寿永四年
ユリウス暦 1185/2/2 3/4 4/2 5/2 5/31 6/29 7/29 8/27 9/26 10/25 11/24 12/24

脚注[編集]

  1. ^ 水野章二「中世の災害」/ 北原糸子編著『日本災害史』吉川弘文館 2006年 148ページ

関連項目[編集]

前の元号:
{{{1}}}
日本の元号 次の元号:
{{{2}}}

警告: 既定のソートキー「けんりやく」が、その前に書かれている既定のソートキー「{{{3}}}」を上書きしています。