正慶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

正慶(しょうきょう、しょうけい)は、日本元号の一つ。持明院統(後の北朝)方にて使用された。元徳の後、元弘の前。1332年から1333年5月25日までの期間を指す。この時代の天皇大覚寺統(南朝)の後醍醐天皇だが、幕府方は持明院統の光厳天皇を立てた。鎌倉幕府将軍は守邦親王執権北条守時

改元[編集]

元徳3年8月9日ユリウス暦1331年9月1日)、後醍醐天皇は「元徳」から「元弘」へと改元したが、鎌倉幕府はこれを認めず「元徳」を使い続けるとともに、9月20日10月22日)には光厳天皇を新たな天皇として即位させた。翌年、後醍醐天皇は隠岐に流され、元徳4年/元弘2年4月28日1332年5月23日)、光厳天皇は正慶に代始改元した。

しかし、正慶2年/元弘3年(1333年)、後醍醐天皇が還幸して鎌倉幕府は滅亡した。5月25日7月7日)に光厳天皇は退位し、正慶の元号は廃された。その翌年の元弘4年1月29日(1334年3月5日)には建武へと改元された。後醍醐天皇はこのとき、光厳天皇の即位と「正慶」の元号の無効を宣言した。

出典[編集]

正慶期におきた出来事[編集]

西暦との対照表[編集]

※は小の月を示す。

正慶元年(壬申 一月 二月※ 三月 四月※ 五月 六月 七月※ 八月 九月※ 十月 十一月 十二月※
元弘二年
ユリウス暦 1332/1/28 2/27 3/27 4/26 5/25 6/24 7/24 8/22 9/21 10/20 11/19 12/19
正慶二年(癸酉 一月※ 二月 閏二月※ 三月 四月※ 五月 六月※ 七月 八月 九月※ 十月 十一月 十二月※
元弘三年
ユリウス暦 1333/1/17 2/15 3/17 4/15 5/15 6/13 7/13 8/11 9/10 10/10 11/8 12/8 1334/1/7

関連項目[編集]

前の元号:
{{{1}}}
日本の元号 次の元号:
{{{2}}}

警告: 既定のソートキー「しようきよう」が、その前に書かれている既定のソートキー「{{{3}}}」を上書きしています。