朱鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

朱鳥(しゅちょう、すちょう、あかみとり)は、日本飛鳥時代686年から使われた元号である。

改元[編集]

元号制度は孝徳天皇の代から始められ、大化白雉の2つの元号が定められたが、孝徳天皇が崩御して次の斉明天皇の代より断絶していた。天武天皇15年7月20日ユリウス暦686年8月14日)に朱鳥と定められ、32年ぶりに再開された。しかし同年9月9日(ユリウス暦10月1日)に天武天皇崩御すると、早くも翌年より用いられなくなり、以後15年にわたって一時途絶する。

典拠[編集]

行前朱鳥而後玄武、左青龍而右白虎

礼記』曲礼

勘申者[編集]

不明。

朱鳥期におきた出来事[編集]

  • 朱鳥元年(686年)
    • 07月20日:朱鳥に改元する。
    • 07月00日:宮号を飛鳥浄御原宮と定める。
    • 07月00日:天皇のために諸王臣等、観世音像を造る。観世音経を大官大寺で読経する。
    • 09月09日:天武天皇崩御。
    • 10月03日:大津皇子が謀反の疑いをかけられ自害させられる。

西暦との対照表[編集]

朱鳥 元年
西暦 686年
干支 丙戌

朱雀[編集]

万葉集」、「日本霊異記」などには、朱鳥4年、6年、7年、8年などが見える。天武天皇の代の文献には、朱鳥と朱雀の2つの年号が見える。

古事類苑」は、

按ずるに、続日本紀に、白鳳以来朱雀以前とあれば、朱雀は白鳳より後なること著し、蓋し諸書に朱雀の改元をば、或は天武天皇の壬申とし、或は癸酉とし、或は甲申として区々なれど、其天武天皇の朝の改元なること皆同じ、熱田縁起に天渟中原瀛真人天皇朱雀元年丙戌とあるに拠れば、朱雀は朱鳥の一名にして、天武天皇の十五年丙戌の改元なるべし、そは改元の種子となりし朱鳥は即ち赤雀なりしかば、当時朱鳥とも朱雀とも通はして云ひしならん、然るに上に挙げたる書どもには、朱鳥の号を赤雉に由れりとし、朱雀を赤雀、又は三足の赤雀に由れりとして分ちたり、されど赤雉を瑞祥とせしこと、国史及び延喜治部式の祥瑞の下に見えず、頗る疑ふべし、されば朱雀即ち朱鳥にて、再び改元ありしにはあらざるべし、また按ずるに、日本書紀に拠れば、朱鳥は一年にて終りたれど、万葉集には朱鳥四年庚寅、六年壬辰、七年癸巳、八年甲子あり、蓋し庚寅は己丑の誤、壬辰は辛卯の誤、癸巳は壬辰の誤り、甲子は癸己の誤にして、霊異記に朱鳥七年壬辰とあるを正しとすべし

という。


前の元号:
{{{1}}}
日本の元号 次の元号:
{{{2}}}

警告: 既定のソートキー「しゆちよう」が、その前に書かれている既定のソートキー「{{{3}}}」を上書きしています。