寿永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

寿永(じゅえい、正字体:壽永)は、日本元号の一つ。養和の後、元暦の前。1182年から1183年までの期間を指す。この時代の天皇安徳天皇後鳥羽天皇後白河法皇の院政期。

源氏平家が相争った治承・寿永の乱の時代。源頼朝の源氏方ではこの元号を使用せず以前の治承を引き続き使用していたが、源氏方と朝廷の政治交渉が本格化し、朝廷から寿永二年十月宣旨が与えられた寿永2年(1183年)以降、京都と同じ元号が鎌倉でも用いられるようになる[1]。また、平家方では都落ちした後も次の元暦とその次の文治の元号を使用せず、この寿永をその滅亡まで引き続き使用した。

改元[編集]

出典[編集]

詩経」「周頌・載見」の「以介寿言保之、思皇多祐」より

寿永期におきた出来事[編集]

西暦との対照表[編集]

※は小の月を示す。

寿永元年(壬寅 一月 二月※ 三月 四月※ 五月 六月※ 七月 八月 九月※ 十月 十一月※ 十二月
治承六年
ユリウス暦 1182/2/5 3/7 4/5 5/5 6/3 7/3 8/1 8/31 9/30 10/29 11/28 12/27
寿永二年(癸卯 一月※ 二月 三月※ 四月※ 五月 六月※ 七月 八月 九月※ 十月 閏十月※ 十一月 十二月
治承七年
ユリウス暦 1183/1/26 2/24 3/26 4/24 5/23 6/22 7/21 8/20 9/19 10/18 11/17 12/16 1184/1/15
寿永三年(甲辰 一月※ 二月 三月※ 四月※ 五月 六月※ 七月 八月 九月※ 十月 十一月 十二月※
治承八年
ユリウス暦 1184/2/14 3/14 4/13 5/12 6/10 7/10 8/8 9/7 10/7 11/5 12/5 1185/1/4
寿永三年(甲辰 一月※ 二月 三月※ 四月※ 五月 六月※ 七月 八月 九月※ 十月 十一月 十二月※
元暦元年
ユリウス暦 1184/2/14 3/14 4/13 5/12 6/10 7/10 8/8 9/7 10/7 11/5 12/5 1185/1/4
寿永四年(乙巳 一月 二月※ 三月 四月※ 五月※ 六月 七月※ 八月 九月※ 十月 十一月 十二月
元暦二年
ユリウス暦 1185/2/2 3/4 4/2 5/2 5/31 6/29 7/29 8/27 9/26 10/25 11/24 12/24

脚注[編集]

  1. ^ 北爪真佐夫「元号と武家」(初出:『札幌学院大学人文学会紀要』第68号(2000年9月)/所収:北爪『文士と御家人』(青史出版、2002年) ISBN 978-4-921145-13-2

関連項目[編集]