康暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

康暦(こうりゃく)は、日本南北朝時代元号の一つ。北朝方にて使用された。永和の後、永徳の前。1379年から1380年までの期間を指す。この時代の天皇は、北朝方が後円融天皇。南朝方が長慶天皇室町幕府将軍は足利義満

改元[編集]

菅原秀長の『迎陽記』によれば、室町幕府から准三后二条良基を介して、改元の日時や使用する文字に関して様々な介入があったことが記されている[1]。当時、改元は朝廷の権限であったが、室町幕府の同意なくして実現できなかった状況を反映している[2]

出典[編集]

唐書』の「承成康之暦業」から。勘申者は式部大輔菅原長嗣

康暦期におきた出来事[編集]

元年(1379年)
2年(1380年)

西暦との対照表[編集]

※は小の月を示す。

康暦元年(己未 一月 二月※ 三月※ 四月 閏四月※ 五月※ 六月 七月 八月※ 九月 十月 十一月 十二月※
天授五年
ユリウス暦 1379/1/19 2/18 3/19 4/17 5/17 6/15 7/14 8/13 9/12 10/11 11/10 12/10 1380/1/9
康暦二年(庚申 一月 二月※ 三月※ 四月 五月※ 六月※ 七月 八月※ 九月 十月 十一月 十二月※
天授六年
ユリウス暦 1380/2/7 3/8 4/6 5/5 6/4 7/3 8/1 8/31 9/29 10/29 11/28 12/28
康暦三年(辛酉 一月 二月 三月※ 四月※ 五月 六月※ 七月※ 八月 九月※ 十月 十一月 十二月※
弘和元年
ユリウス暦 1381/1/26 2/25 3/27 4/25 5/24 6/23 7/22 8/20 9/19 10/18 11/17 12/17

脚注[編集]

  1. ^ 『迎陽記』康暦元年3月22日条。なお、『後鑑』同日条にも『迎陽記』からの引用が行われている。
  2. ^ 北爪真佐夫「元号と武家」(初出:『札幌学院大学人文学会紀要』第68号(2000年9月)/所収:北爪『文士と御家人』(青史出版、2002年) ISBN 978-4-921145-13-2)。

関連項目[編集]

前の元号:
{{{1}}}
日本の元号 次の元号:
{{{2}}}

警告: 既定のソートキー「こうりやく」が、その前に書かれている既定のソートキー「{{{3}}}」を上書きしています。