永長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

永長(えいちょう)は日本元号のひとつで嘉保の後、承徳の前。1096年1097年の期間を指す。この時代の天皇は堀河天皇

改元[編集]

出典[編集]

後漢書』光武帝紀の「享国永長、為後世法」から。

永長期におきた出来事[編集]

  • 1096年(永長元(12月までは嘉保3年))
    • 6月 - 庶民だけではなく貴族らをも巻き込んだ永長の大田楽が流行
    • 8月7日 - 田楽観覧が好きだった媞子内親王急死、衝撃を受けた実父の白河上皇が出家。水を差された形で田楽ブームが終息。
    • 10月 - 大宰府に来着の人のことを議する。
    • 12月17日 - 永長に改元

西暦との対照表[編集]

※は小の月を示す。

永長元年(丙子 一月 二月※ 三月※ 四月 五月※ 六月※ 七月 八月※ 九月 十月 十一月 十二月※
ユリウス暦 1096/1/28 2/27 3/27 4/25 5/25 6/23 7/22 8/21 9/19 10/19 11/18 12/18
永長二年(丁丑 一月 閏一月 二月※ 三月※ 四月 五月※ 六月※ 七月 八月※ 九月 十月 十一月 十二月※
ユリウス暦 1097/1/16 2/15 3/17 4/15 5/14 6/13 7/12 8/10 9/9 10/8 11/7 12/7 1098/1/6

関連項目[編集]