室町幕府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
室町幕府
Ashikaga mon.svg
創設年 1336年
解散年 1573年
代表 征夷大将軍
対象国 日本の旗 日本
前政府 Sasa Rindo.svg 鎌倉幕府
後政府 Mon-Oda.png 織田政権
テンプレートを表示
花の御所(室町殿)

室町幕府(むろまちばくふ)は、足利尊氏京都において創始した武家政権。その称は3代将軍足利義満が京都北小路室町(現在の今出川通室町通が交わる付近)に造営した花の御所(室町殿)に由来する。足利幕府ともいう。足利氏が15代にわたって将軍職を継承したが、織田信長によって事実上の滅亡に追い込まれた。


成立時期及び終期[編集]

初代将軍足利尊氏

成立時期は、建武式目によって新政権の施政方針が示された建武3年(1336年)11月と、尊氏北朝光明天皇によって征夷大将軍補任された暦応元年(1338年)8月のいずれかに置かれるが、今日では実質面を重視して前者が有力である。

元亀4年(1573年)7月、織田信長が15代将軍義昭京都から追放し、一般的にはこの時幕府が滅亡したと見なされている(学校教科書でもこのように書かれていることが多い)。

もっとも、義昭はその後も将軍を解官されてはおらず、信長の勢力圏外においては依然将軍としての権威を有していた。信長以前には、天文22年(1553年)8月に三好長慶が13代将軍義輝を京都から逐ってこれに代わる将軍を擁することなく政権を担った例もあり、元亀4年(1573年)の義昭追放をもって幕府滅亡とするのは、その後義昭が政権に返り咲かなかった結果から遡った評価であるともいえる。

追放から15年後の天正16年(1588年)に義昭が関白豊臣秀吉に従って参内し、秀吉へ忠誠を誓うまで征夷大将軍であったと『公卿補任』は記録する。義昭は将軍職辞任後准三宮となり、秀吉からも貴人として最後まで遇された。形式面を重視すれば、この天正16年(1588年)1月を幕府終期と見ることもできる。

政治[編集]

歴代将軍[編集]

名前と就任年。

(10代 足利義材は足利義稙と同一人物なので、通常は義稙を代数に含まない[1]。代数に含む場合、義尹が12代、義晴が13代、義輝が14代、義栄が15代、義昭が16代となり、全16代15人となる。)

組織機構[編集]

組織

中央[編集]

3代将軍足利義満

室町幕府の職制はほぼ鎌倉幕府の機構を踏襲している。基本法として建武式目を制定(1336年)。具体的な法令としては鎌倉時代の御成敗式目(貞永式目)を適用し、必要に応じて「建武以来追加」と呼ばれる追加法を発布して補充している。

幕府開設当初、初代将軍尊氏は武家の棟梁として諸国の武士を統帥して執事高師直がこれを補佐し、政務・裁判は弟直義が総理する二頭体制が取られた。やがて直義と師直の間に確執が生じ、幕府内が尊氏・直義両派に分裂して観応の擾乱へと発展、南朝方や諸国の武士を巻き込んで内乱は長期化した。

尊氏の後を継いだ2代将軍義詮は幕府機構の再建に努め、病に倒れると、細川頼之を管領に任じて幼少の後継者・義満を後見させた。頼之後見期及び義満による親裁期を経て政治機構が整えられていった。

鎌倉時代の将軍は全国の御家人と個々に主従関係を結び、所領(地頭職)を安堵する立場にあり、守護は任国の軍事・刑事の長であり、国内の御家人の監督者に過ぎなかった。

これに対して室町幕府は、守護大名による合議制・連合政権であったと評される。長期の南北朝内乱の間に、守護はその権限を拡大し、任国内の領主層の武士(国人)を被官化するなどして、任国の管理者から領国支配者(大名)となっていく(ただし地域差があるので、詳細は「守護領国制」を参照)。これにより、御家人=将軍直臣という鎌倉幕府の基礎構造は失われ、将軍の諸国武士・所領に対する支配は相当後退し、主に守護を通じて全国支配を行う体制となった。しかしながら室町将軍がこの現状をよしとした訳ではなく、鎌倉時代以来の足利氏の根本被官や一族、守護の分家など、守護大名の頭越しに各地の武士と主従関係を結ぶ場合もあった。特に足利義満は直属軍事力の整備に熱心であり、奉公衆を整えていき、以降の将軍にも継承された。

また室町将軍以上の勢威を持った守護大名を、幕府が危険視し、討伐した例もある。しかし個々の守護大名はともかく、守護大名と室町将軍が全面的に対立することはなかった。守護大名は幕府から任命された守護職に支配の正当性の根拠があり、室町将軍の権威を否定することはできず、両者は相互に補完する体制であった(室町幕府―守護体制)。将軍の権威の失墜はすなわち守護大名の権威の失墜を意味し、応仁の乱後にそうなっていくのである。

地方[編集]

東北[編集]

東北地方には当初奥州管領が設置されたが、斯波家兼ら4人の管領が並立し争うなど混迷を極め、半世紀を経て奥州探題が設置された。さらに、奥羽2国(陸奥国出羽国)が鎌倉府の管轄下に組み込まれると廃止されて一時期は稲村公方篠川公方が設置されている。

幕府は鎌倉府に対抗するため、斯波家兼の孫大崎詮持を奥州探題に補任し、以降大崎氏により世襲される。しかし、蘆名氏伊達氏などが京都扶持衆として戦国大名化していくにつれて、大崎氏も在地領主化していくことになる。

また、家兼の死後に羽州探題が分裂し次子最上兼頼以降最上氏により世襲される。

関東[編集]

観応の擾乱が起こると、足利尊氏は鎌倉東国10カ国を統括する機関として鎌倉府を設置した。長官は鎌倉公方で尊氏の子足利基氏の子孫が世襲し、関東管領が補佐した。室町時代を通じて鎌倉公方は幕府と対立し、関東管領を務める上杉氏とも対立していった。

これに対抗するため、幕府は東国や陸奥の有力国人を京都扶持衆として直臣化した。このため、足利義教の代に永享の乱を起こした第4代鎌倉公方足利持氏を攻め滅ぼして一時直接統治を図るが失敗に終わり、持氏の子足利成氏を新しい鎌倉公方とした。だが成氏も享徳の乱を起こして、古河御所に逃れて古河公方を名乗り、さらに上杉氏は山内上杉家扇谷上杉家に分裂したため、応仁の乱が始まる前に関東地方は騒乱状態となる。

幕府も手をこまねいていたわけではなく、8代将軍足利義政の庶兄足利政知を関東に派遣する(堀越公方)。だが、堀越公方も政知の死後に今川氏重臣伊勢盛時(北条早雲)によって倒されて、失敗に終わった。古河公方も小弓公方との分裂を経て、盛時の子孫である後北条氏によって傀儡化させられていくのである。

九州[編集]

九州には本拠を博多(福岡県福岡市)に置く九州探題が設置される。初めは懐良親王ら南朝勢力の討伐に任じられた今川貞世(了俊)が就くが、了俊が九州で独自の勢力を築くと幕府に警戒され、了俊が解任された後は渋川氏の世襲となる。

財政[編集]

室町幕府の財政は幕府直轄の御料所からの収入が主であったが、南北朝の戦乱の際に敵対する南朝側より狙われて奪取されたり、自軍への恩賞にされてしまうケースも多く、次第に土地からの収入が減少して鎌倉幕府や江戸幕府に比べて小規模であったと考えられている。このため、武家役として臨時の段銭や棟別銭などが徴収された。

商人に対しては特権や保護の代償に営業税などを取り、各からの津料関所のからの関銭(通行税)も徴収された。尚、足利義満の時代に京都の土倉や酒屋に対して恒常的に役銭を取る権利を認められると、段銭や棟別銭等と共に納銭方と呼ばれる幕府御用の土倉によって徴収された。後に納銭方は幕府の委託を受けて税収の保管・出納の事務等も任される様になり、こうした土倉を公方御倉と呼んだ。更に義満が日明貿易を始めると貿易そのものや抽分銭による収益も幕府収入となる。貿易の回数が限られていた為に臨時収入的な物に留まったが、1回の貿易で他の税収の数年分の収益を挙げる事もあったとされている。

また、明徳の乱・応永の乱・嘉吉の乱などによって没収された守護大名の所領の一部は幕府御料所に組み入れられたり、将軍側近や奉公衆に所領として宛がって将軍直属軍の基盤とした[2]。他の臨時収入的な物として礼銭分一銭等が挙げられる。更に15世紀後半以後には京都のある山城国内の御料所化にも着手している。

室町幕府の守護大名等[編集]

南方紀伝』等によると、三職七頭の家格が定められたとされる。管領職には斯波氏畠山氏細川氏の三氏が就いて「三職(三管領」と称し、山名氏一色氏土岐氏赤松氏京極氏上杉氏伊勢氏の七氏が「七頭」と称され、特に七氏のうちの山名氏、一色氏、赤松氏、京極氏の四氏と土岐氏を含めた計五氏が京都奉行職(侍所所司に就いて「四職」と称された。七頭の残り二氏のうち伊勢氏は奏者(申次)、上杉は関東執事(関東管領)にそれぞれ任じられた。その他、武田氏小笠原氏の両氏を礼式奉行に、吉良氏渋川氏今川氏の諸氏は武頭(侍大将)とされ、将軍直轄の軍事力として奉公衆が編成された。

  • 三管領(三職家):管領職に任じられる大名家であり、格別に高い格式を誇った。
    • 斯波氏(武衛家):越前・尾張・遠江の守護職を世襲。三職の中でも筆頭に位置し、将軍連枝と同等の格式にあった。
    • 畠山氏(金吾家):紀伊・河内・越中の守護職を世襲。室町中期には大きな勢力を誇ったが、同家の家督争いが応仁の乱の最大の要因となった。
    • 細川氏(京兆家):摂津・丹波・讃岐・土佐の守護職を世襲。室町後期には管領職をほぼ独占し、幕府は『細川政権』の体をなした。
  • 御相伴衆:三職に次ぐ有力大名家で、戦国期には三好氏尼子氏朝倉氏などの新興の戦国大名も列せられるようになった。
    • 一色氏:丹後・伊勢・三河の守護職を世襲。侍所所司に任じられる家柄。
    • 畠山氏(匠作家):能登の守護職を世襲。
    • 細川氏(讃州家):阿波の守護職を世襲。
    • 山名氏:但馬・備後・安芸の守護職を世襲。侍所所司に任じられる家柄。
    • 赤松氏:播磨・備前・美作の守護職を世襲。侍所所司に任じられる家柄。嘉吉の乱を引き起こして一時滅亡するものの、後に再興を許される。
    • 京極氏:出雲・隠岐・飛騨の守護職を世襲。侍所所司に任じられる家柄。
    • 大内氏:周防・長門・豊前・筑前の守護職を世襲。
  • 国持衆:三職、御相伴衆に属する大名の庶家や、畿内近国の有力大名家が列した。
    • 斯波氏(大野家):加賀・越前大野郡の守護職を世襲。
    • 土岐氏:美濃の守護職を世襲。侍所所司に任じられる家柄。
    • 六角氏:近江の守護職を世襲。
    • 今川氏:駿河の守護職を世襲。鎌倉府の担当地域に隣接している事からその監視の役目を負った。
    • 細川氏(上和泉家):和泉の守護職を世襲。
    • 細川氏(下和泉家):和泉の守護職を世襲。
    • 山名氏(伯耆家):伯耆の守護職を世襲。
    • 山名氏(石見家):石見の守護職を世襲。
    • 武田氏(豆州家):若狭・安芸の守護職を世襲。甲斐武田家の別流。
    • 冨樫氏:加賀の守護職を世襲。
  • 准国持衆:国持に准ずる家。
    • 細川氏(奥州家):近世大名に成長した肥後細川氏の前身(血統的には上和泉家)。
    • 京極氏(加州家):嘉吉の乱で命を落とした京極高数の流れか。

時代によって変遷はあるものの、これら三職家から准国持衆までの20数家が室町幕府における「大名」と呼称された家々である[3]。 この「大名」と呼称された家々の他に、以下のような家格があった。

  • 外様衆:国持衆の一門の家。
    • 斯波氏(末野家):斯波氏経の系統か。
    • 赤松氏(七条家):赤松範資の系統。
    • 赤松氏(有馬家):赤松義祐の系統。近世大名に成長した久留米有馬氏の前身。
    • 京極氏(鞍智家)
    • 京極氏(宮内少輔家):庶流が戦国大名尼子氏へと成長。
    • 摂津氏:評定衆の家柄。
  • 御供衆:外様衆に次ぐ家格で、一部に国持衆並の格式を持つ家もあった。
    • 細川氏(淡路家):淡路の守護職を世襲。国持衆並。奉公衆の一番番頭。
    • 細川氏(備中家):備中の守護職を世襲。国持衆並。
    • 細川氏(典厩家):摂津中島郡の守護職を世襲。国持衆並。
    • 山名氏(因幡家):因幡の守護職を世襲。国持衆並。
    • 伊勢氏(勢州家):政所執事職を世襲。
    • 桃井氏:奉公衆の二番番頭。
    • 畠山氏(播州家):奉公衆の三番番頭。
    • 上野氏:奉公衆の三番番頭。
    • 畠山氏(中務少輔家):奉公衆の四番番頭。
    • 大舘氏:奉公衆の五番番頭。
    • 細川氏(野州家):伊予宇摩郡の守護職を世襲。
    • 一色氏(式部少輔家):一色持範の系統。
  • 申次衆:御部屋衆に次ぐ家格。一部に御供衆、御部屋衆と重複する家がある。
    • 伊勢氏(備中家):北条早雲を輩出した家と考えられる。
    • 畠山氏
    • 大舘氏
    • 上野氏
    • 荒川氏
  • 節朔衆:申次衆に次ぐ家格で、式日において将軍の目通りを許された家。
  • 走衆:将軍直参。徒歩で将軍の警護をした。

その他、「御一家」と称された吉良氏(西条家)・吉良氏(東条家)・渋川氏(満頼系)・石橋氏仁木氏上杉氏(四条家)は別格として、三職並みの格式を与えられた。また鎌倉公方が支配する関東・奥羽では「関東八屋形」など独自の家格が整えられていき、その一方で京都の幕府と直接主従を結ぶ「京都扶持衆」なども存在した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国史大事典(吉川弘文館)等
  2. ^ 田沼睦「室町幕府と守護領国」(初出:『講座日本史3 封建社会の展開』東京大学出版会、1970年/所収:田沼『中世後期社会と公田体制』岩田書院、2007年)
  3. ^ 二木謙一『中世武家の作法』吉川弘文館

関連項目[編集]