桃園天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
桃園天皇
第116代天皇
桃園天皇像(泉涌寺蔵)
元号 延享
寛延
宝暦
先代 桜町天皇
次代 後桜町天皇

誕生 1741年4月14日
崩御 1762年8月31日
陵所 月輪陵
称号 八穂宮
茶地宮
父親 桜町天皇
母親 藤原定子
女御 一条富子(恭礼門院
子女 英仁親王(後桃園天皇
貞行親王(第十七代伏見宮
皇居 京都御所
テンプレートを表示

桃園天皇(ももぞのてんのう、寛保元年2月29日1741年4月14日) - 宝暦12年7月12日1762年8月31日))は、江戸時代の第116代天皇(在位:延享4年5月2日1747年6月9日)- 宝暦12年7月12日1762年8月31日))。幼名を八穂宮(やほのみや)または茶地宮(さちのみや)、遐仁(とおひと)という。

系譜[編集]

桜町天皇の第一皇子で、生母は権大納言姉小路実武の娘で典侍藤原定子(開明門院)。父の嫡妻、二条舎子(青綺門院)の「実子」としてその御所で育てられた。

系図[編集]


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
114 中御門天皇
 
 
 
 
 
閑院宮直仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
115 桜町天皇
 
 
 
 
 
典仁親王 (慶光天皇)
 
倫子女王
 
鷹司輔平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
117 後桜町天皇
 
116 桃園天皇
 
美仁親王
 
119 光格天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
118 後桃園天皇
 
 
 
 
 
120 仁孝天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桂宮淑子内親王
 
121 孝明天皇
 
和宮親子内親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
122 明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

略歴[編集]

延享4年(1747年立太子、同年、父桜町天皇の譲りを受けて即位

在位中の宝暦8年(1758年)に宝暦事件が発生し、朝廷内の尊王論者の若い公卿幕府によって大量に処罰された。

宝暦12年(1762年)22歳で崩御

在位中の元号[編集]

陵・霊廟[編集]

(みささぎ)は、京都府京都市東山区今熊野泉山町の泉涌寺内にある月輪陵(つきのわのみささぎ)に治定されている。公式形式は石造九重塔。

また皇居では、皇霊殿宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]