後小松天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
後小松天皇
北朝第6代・第100代天皇
後小松天皇像(雲龍院蔵)
在位期間
北朝天皇
1382年5月24日-1392年11月19日
 歴代天皇(合一後)
1392年11月19日-1412年10月5日
元号 永徳
至徳
嘉慶
康応
明徳
応永
先代 北朝後円融天皇
南朝後亀山天皇
次代 称光天皇

誕生 天授3年/永和3年6月27日1377年8月1日
崩御 1433年12月1日
東洞院仙洞御所
陵所 深草北陵
御名 幹仁
父親 後円融天皇
母親 藤原厳子
子女 称光天皇
小川宮
理永女王
一休宗純(一説による)
皇居 京都御所
テンプレートを表示

後小松天皇(ごこまつてんのう、天授3年6月27日1377年8月1日) - 永享5年10月20日1433年12月1日))は、室町時代北朝最後の第6代、歴代第100代の天皇(在位:弘和2年4月11日1382年5月24日) - 応永19年8月29日1412年10月5日))。幹仁(もとひと)。


系譜[編集]

後円融天皇の第1皇子。母は内大臣三条公忠の娘、通陽門院藤原厳子[1]。また、風狂の禅僧一休宗純は後小松の落胤とも伝えられている。

系図[編集]

 
 
 
持明院統
北朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大覚寺統
南朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
96 後醍醐天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光厳天皇 北1
 
光明天皇 北2
 
 
 
 
 
 
 
 
97 後村上天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
崇光天皇 北3
 
 
 
 
 
後光厳天皇 北4
 
 
 
 
98 長慶天皇
 
99 後亀山天皇
 
惟成親王
護聖院宮家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
栄仁親王
 
 
 
 
 
後円融天皇 北5
 
 
 
 
(不詳)
玉川宮家
 
小倉宮恒敦
小倉宮家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貞成親王
(後崇光院)
 
 
 
 
 
100 後小松天皇 北6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
102 後花園天皇
 
貞常親王
伏見宮家
 
101 称光天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


略歴[編集]

日野資教邸で養育される。弘和2年(1382年)12月28日、父の後円融天皇譲位を受けて6歳で即位後円融上皇による院政が行われた。朝廷内部にまで政治的影響力を及ぼし多くの公家を主従関係の下に置いた室町幕府3代将軍足利義満と上皇の関係は険悪であり、両者は対立する。明徳4年(1393年)に後円融上皇が崩御すると、義満はさらに朝廷への影響を強め、事実上の上皇として、後世「義満の院政」などと呼ばれる権力を振るい、後小松はその下でまったくの傀儡に甘んじた。

応永19年(1412年8月29日、後小松は皇子の実仁親王(称光天皇)に譲位し、院政を開始。これは明徳3年(1392年)の南北朝合一の際の条件である両統迭立に反しており、その後南朝勢力はしばしば反発して武装蜂起する。

治天の君としての後小松の立場については様々な見方がある。例えば、応永27年(1420年)9月16日に以前女官との密通を理由に仙洞御所から追放された院侍が復帰を求めて仙洞御所に侵入して警固に当たっていた細川氏の兵に捕らえられ、翌日六条河原で斬首された事件が発生している(『康富記』・『看聞日記』)。この事件について、横井清は後小松を「いかなる暴力装置も駆使できなくなっていた」存在と解釈[2]し、一方で井原今朝男は逮捕の命令を発したのは後小松であること、将軍義持が院侍の助命を主張しても後小松だけは一貫して院侍の殺害を主張して遂には実現させたことを指摘して公家社会、特に御所内においては幕府権力を単なる暴力装置として駆使させることが出来る程の権力を依然として保持していたと解釈[3]している。

称光天皇は病弱でたびたび重態に陥り、皇子の誕生もなく、また後小松の第二皇子小川宮も早世したため後継者問題が生じ、後小松上皇は4代将軍足利義持と協議、後継者として崇光流の伏見宮貞成親王が有力視され、一時は後小松の猶子として親王宣下された。しかし、これには称光が激しく反発したため、貞成は出家して皇位継承を断念した。正長元年(1428年)にいよいよ称光が危篤となると、6代将軍足利義教の仲介で貞成の子息彦仁を猶子とし、後花園天皇として即位させた。

称光後花園の2代にわたり院政を行い、この間永享3年(1431年)に出家している。永享5年(1433年10月20日崩御。宝算57。

追号[編集]

追号は本人の遺詔により「後小松院」と贈られた。「小松帝」とは、兄の孫にあたる陽成天皇が廃位されたのち皇位につき、その子孫が長きにわたって皇統を保った第58代光孝天皇の異名である。南朝の皇統を断つかたちで天下唯一の天皇となったのもつかの間、自らの皇統はわずか2代にしてさらに別の系統に移ることが現実となったとき、彼はこの「後小松」を追号にすることによって自らの歴代天皇としての正統性を顕示しようとしたものと考えられている。また後小松は、称光天皇の容態が思わしくなかった1426年に『本朝皇胤紹運録』の編纂を命じて皇室の系図の整理を行わせているが、この行動も彼のそうした心境の反映だと考えられている。

在位中の元号[編集]

陵・霊廟[編集]

深草北陵

(みささぎ)は、京都府京都市伏見区深草坊町にある深草北陵(ふかくさきたのみささぎ)に治定されている。公式形式は方形堂。深草北陵には持明院統歴代が葬られており、「深草十二帝陵」とも称される。

また皇居では、皇霊殿宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

脚注[編集]

  1. ^ なお、母・厳子が実家で出産後2ヶ月たっても御所に帰らず、後円融上皇から折檻を受けていること。またその後の足利義満の行動から、作家の海音寺潮五郎は「後小松天皇は義満の子ではないか」という説を唱えた。(海音寺著『悪人列伝』)
  2. ^ 横井『看聞日記』そしえて、1973年、p69。
  3. ^ 井原『中世の国家と天皇・儀礼』校倉書房、2012年、p213-243。

関連項目[編集]