皇太后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

皇太后(こうたいごう)は、先代の天皇皇帝皇后だった者、およびその称号[1]。ただし必ずしもこの定義にあてはまらない事例もある。

日本における皇太后[編集]

日本においては、太皇太后、皇后とならび三后(三宮)のひとつで、太后とも略される。長楽宮を別称とする。

神話上は神武天皇の皇后であった媛蹈韃五十鈴媛命が、息子綏靖天皇即位と同日に皇太后となったのが初とされ、律令では天皇の母で皇后であった者に与えられるとされた。しかし、文武天皇生母の藤原宮子を太皇太后、光仁天皇生母の紀橡姫贈皇太后とするなど、皇后を経ていない国母が皇太后・太皇太后と宣下されるようにもなり、後冷泉天皇中宮章子内親王藤原歓子の皇后立后により皇太后となる等、実態は複雑化した。皇太后には世話をする部署として皇太后宮職が置かれた。

江戸時代初期以降は先代の嫡妻をもって皇太后とするのが慣例になり、また中期以降、大皇太后の尊称であった「大宮」を別称とするようになり、皇太后の御所を大宮御所と称した。

明治維新以後は、皇太后は先帝の皇后または天皇の母の称号となり、皇室典範昭和22年1月16日法律第3号)により皇族に含まれ(第5条)、敬称は「陛下」と定められた(第23条)。また、大宝律令以来三后の班位(身位)は太皇太后、皇太后、皇后の順と定められていたが、1910年明治43年)制定の皇族身位令(明治43年3月3日皇室令第2号)第1条により、皇后、太皇太后、皇太后の順と定められ、皇后を上位と改めた。

近代以前に皇太后が追号として用いられたことはなかったが、明治以降は孝明天皇女御准三宮)で明治天皇嫡母英照皇太后明治天皇皇后であった昭憲皇太后に贈られている。英照皇太后は、明治天皇即位に伴い、皇后を経ずして皇太后に冊立された。昭憲皇太后については、本来皇后が追号であるべきとして、明治天皇と昭憲皇太后を祀る明治神宮1920年大正9年)に宮内省に、1963年(昭和38年)・1967年(昭和42年)には宮内庁に追号を「昭憲皇后」に変更するよう申し入れたが、認められなかった(昭憲皇太后#追号についても参照)。次代の大正天皇の后貞明皇后以降は、「皇太后」として崩御しても生前の最高位である「皇后」の位で追号されている。

近現代の皇太后[編集]

近現代において「皇太后」と呼ばれた時期があるのは次の4名である。

中国における皇后[編集]

中国ではの時代からの時代にまで、在位中の皇帝の生母と先代の皇后を並び尊崇して「皇太后」と呼ぶ。

朝鮮[編集]

朝鮮の君主は、天皇や皇帝ではなく国王だったため、皇太后ではなく大妃という。

ヨーロッパにおける「皇太后」「王太后」[編集]

詳細はen:Queen Dowagerも参照

訳語として、皇帝未亡人(英語:Empress dowager)に「皇太后」、先帝の王妃だった者(英語:Queen dowager)に「王太后」を用いることがある。また、王国の元首をすべて皇帝と称してきたかつての儀典上の慣例から、王太后に対して「皇太后」の語が用いられる場合も少なくない。ただし、現在「皇后」の地位が存在するのは日本のみであるため、厳密には1947年までインド皇后であったエリザベス・ボーズ=ライアンイギリス国王ジョージ6世妃、同女王エリザベス2世生母)がヨーロッパにおける最後の「皇太后」である(2002年崩御)。

なお、国王・女王の生母に対してはクイーンマザー(英語:Queen mother)という呼称がある。

脚注[編集]

  1. ^ 新村出広辞苑 第六版』(岩波書店2011年)936頁および松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年)858頁参照。

参照文献[編集]

文献資料[編集]

  • 新村出編『広辞苑 第六版』(岩波書店、2011年)ISBN 400080121X
  • 松村明編『大辞林 第三版』(三省堂、2006年)ISBN 4385139059

外部リンク[編集]

関連項目[編集]