カール1世 (オーストリア皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール1世
Karl I.
オーストリア皇帝ハンガリー国王
Charles I of Austria.jpg
カール1世
在位 1916年11月21日1918年11月12日
戴冠 1916年12月30日、於マーチャーシュ聖堂
全名 Karl Franz Joseph Ludwig Hubert Georg Maria von Habsburg-Lothringen
カール・フランツ・ヨーゼフ・ルートヴィヒ・フーベルト・ゲオルク・マリア・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン
出生 1887年8月17日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ペルゼンボイク=ゴッツドルフペルゼンボイク城
死去 1922年4月1日(満34歳没)
Flag of Portugal.svg ポルトガルフンシャル
埋葬 Flag of Portugal.svg ポルトガルフンシャルノッサ・セニョーラ・ド・モンテ教会
スイスの旗 スイスムーリムーリ修道院(心臓)
配偶者 ツィタ・フォン・ブルボン=パルマ
子女
王家 ハプスブルク=ロートリンゲン家
父親 オットー・フランツ・フォン・エスターライヒ
母親 マリア・ヨーゼファ・フォン・ザクセン
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

カール1世ドイツ語: Karl I.1887年8月17日 - 1922年4月1日)は、オーストリア=ハンガリー帝国最後のオーストリア皇帝およびハンガリー国王(在位:1916年11月21日 - 1918年11月12日)。ハンガリー国王としてはカーロイ4世ハンガリー語: IV. Károly)。オーストリア帝国内ベーメン国王としてはカレル3世チェコ語: Karel III.)。全名はカール・フランツ・ヨーゼフ・ルートヴィヒ・フーベルト・ゲオルク・マリア・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン(ドイツ語:Karl Franz Joseph Ludwig Hubert Georg Maria von Habsburg-Lothringen)。

生涯[編集]

1887年、ハプスブルク=ロートリンゲン家の皇族オットー・フランツ・ヨーゼフ大公ザクセン国王ゲオルクの娘マリア・ヨーゼファの長男として生まれる。祖父カール・ルートヴィヒ大公フランツ・カール大公の三男で、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世およびメキシコ皇帝マクシミリアンの弟に当たる。

皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の甥で皇位継承者に指名されていた伯父のフランツ・フェルディナント大公は、ベーメンの伯爵令嬢ゾフィー・ホテクと結婚したため、貴賤結婚を認めないハプスブルク家の家法により、その子孫の皇位継承権をすでに放棄していた。そのため、フランツ・フェルディナント大公に次ぐ皇位継承権者は、その甥であるカールと目されていた。

1911年にブルボン家の支流であるパルマ公ロベルト1世の娘ツィタと結婚した。フランツ・フェルディナント大公の貴賤結婚に落胆していたフランツ・ヨーゼフ1世はカールの結婚を歓迎し、長男オットーが生まれた際は随喜の涙を流したという。

カールは早くから軍務に就き、オーストリア陸軍少将まで昇進した。表面的には平穏な日常が続いていたが、1914年サラエボ事件でフランツ・フェルディナント大公夫妻が暗殺されると、正式に皇位継承者に指名される。

1916年第一次世界大戦中にフランツ・ヨーゼフ1世が86歳で死去し、カールは29歳で皇帝に即位する。1917年2月に同盟国ドイツよりドイツ元帥の称号を贈られた。

1917年、皇后の兄であるパルマ公子シクストゥスを通して、秘密裏に連合国側との平和交渉に着手した。シクストゥス公子と弟のグザヴィエ公子は、フランスとの単独講和について秘密交渉によって合意を得たが、1918年に独墺間の離反を謀ったフランス側によって暴露され、交渉は水泡に帰す。これで同盟国だったドイツの信用も失う結果となった。

1918年同盟国側の戦線崩壊と共に各民族が相次いで離反(チェコスロバキアハンガリーポーランドなどが共和国を宣言)し、帝国は崩壊していく。カール1世はこれを食い止めるため11月3日に連邦制を宣言するが失敗し、同日にイタリアヴィラ・ジュスティ休戦協定を結び無条件降伏した。11月11日には、シェーンブルン宮殿内の「青磁の間」において、退位表明である国事不関与の声明を出した後、宮殿を去った。こうして、700年余りに及ぶハプスブルク家のオーストリア支配が終焉を迎えた。その後、1921年にハンガリー王国における主権を取り戻そうとした(カール1世の復帰運動)が失敗し、スイスへの受け入れも拒否されたため、ポルトガルマデイラ島に亡命し、翌1922年4月に肺炎のため死去した。

政治的には成すところの少なかったカール1世であったが、キリスト教徒としては非常に敬虔な人物だった。死後82年目の2004年10月3日、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世によって列福されている。20世紀の国家元首で福者となったのはカール1世が初めてである。

なお、カール1世の子孫はベルギールクセンブルクの各国の君主の姻戚であり、それぞれ順位は低いものの、これらの君主の地位の継承権を現在でも保持している。

家族[編集]

カールと家族(1914年)

皇后ツィタとの間に5男3女をもうけた。末子のエリーザベトは死後に誕生している。

  • オットー(1912年11月20日 - 2011年7月4日) - 皇太子、ハプスブルク家前当主、元欧州議会議員
  • アーデルハイト(1914年1月3日 - 1971年10月2日)
  • ローベルト(1915年2月8日 - 1996年2月7日)
  • フェリックス(1916年5月31日 - 2011年9月6日)
  • カール・ルートヴィヒ(1918年3月10日 - 2007年12月11日)
  • ルドルフ(1919年9月5日 - 2010年3月15日)
  • シャルロッテ(1921年3月1日 - 1989年7月23日) - メクレンブルク公ゲオルクと結婚。
  • エリーザベト(1922年5月31日 - 1993年1月6日)

外部リンク[編集]