今上天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

今上天皇(きんじょうてんのう)とは、現に在位する天皇を示す呼称である。

今上天皇の呼称について[編集]

天子摂関御影」の「今上」の用例。後光厳天皇に比定される。)

今上は漢語であり、『史記秦始皇本紀に「今上知天下、」云々とある。「聖上」と同じように、現在の帝(みかど)を意味する語である。当今(とうぎん)ともいう。「いまのうへ」というやまとことばを漢字で書いて今上としたとの説は、「からごころ」を排除する国学の影響によるものとされる。

日本以前の中国では、敬意を示すものについてはっきりした言い方を持たない文化があり、当代の天皇の呼称もあまり発達しなかった。しかし、大正天皇昭和天皇と並べて表記したい場合に、「今上」もしくは「今上陛下」では言葉のすわりがよくないことと、「今上天皇」と表記すると語感から客観的な表現に感じられるため、中立を求められる表現の中で使用される頻度が高くなってきた。また皇后美智子も「今上陛下」と公の場では呼んでいる。

天皇の敬称は、諸外国の国王女王などと同様に「陛下」が使われている(皇室典範で規定)が、今上天皇陛下とは言わず、今上陛下、天皇陛下もしくは陛下、聖上、主上と呼ばれる。また、古い表現だと帝(みかど)、天子様と呼ばれる。

また、明治天皇、大正天皇、昭和天皇などの呼称は、それ自体に敬意が込められた追号であるため、昭和天皇陛下とも言わない(口頭では「昭和の天皇陛下」という言い方をすることがあるが、この場合の昭和は「昭和時代」の意であると解される。ただ皇后美智子は義父にあたる昭和天皇を「先帝陛下」と公の場では呼んでいる他、「○○(元号)の天皇陛下」や明治天皇には「明治大帝陛下」や「大帝陛下」などの使われ方がある)。

現在での用例[編集]

政府などの公的機関および主要メディアなどでは皇室典範に定められる敬称「陛下」を入れて「天皇陛下」と呼称することが一般的である。一方、天皇制廃止論に立つ者、基本的に敬称を避ける傾向にある学術的な世界などにおいては単に「天皇」と呼称するか、あるいは実名を直接呼ぶことも多いが[1]、当代の天皇を特定する場合には「今上」、「当今」とだけ呼称することもある。なお、一般市民が公でない場で「天皇」と呼称することもあるが、それが必ずしも「天皇制」に批判的である、ということを示すものではない。

また、英語圏など外国では「The emperor …」と呼ばれることから「名前+天皇」の用例がある(例:映画『ラストエンペラー』では溥儀が”The emperor Hirohito”と呼ぶセリフを「裕仁天皇」と翻訳している。映画の時代はもちろん映画公開当初(1986年)、昭和天皇は在位中であり、昭和天皇の贈名はなかった。)。国内でも同様の用例は見られるが、前述の通り名指しは天皇に特別な敬意を示さない意思表示として受け取られる場合も多い。

「○○(元号)天皇」という呼称について[編集]

一部の出版物などにおいて、存命中の天皇に対して「○○(元号)天皇」などという称号を用いる事例が散見される。これは敬称を用いない三人称としての用法で、戦後昭和期にて、一部の出版物で昭和天皇を「今上天皇」と表現せず、既に「昭和天皇」と表記していた事が始まりとされる。

しかし、明治天皇・大正天皇・昭和天皇の3代の「○○(元号)天皇」という呼称は、その天皇の崩御後に贈られる諡号であり、存命中の天皇に対する呼称としては誤りとされる。諡号ならびに追号は天皇が崩御した後に贈られる称号であり、制度上必ずしも元号が追号になるわけではなく(そもそも明治天皇が一世一元の詔を発布する前は、天皇在位中の改元は普通だった)、明治以降諡号が元号と同一であるのは先の3代の天皇のみの事情であり、慣例にとどまっている。皇室典範などの法令に於いては諡号ならびに追号に関しての規定はない。例えば2014年(平成26年)現在、今上天皇崩御後に「平成天皇」という諡号が贈られることが確定している訳ではない(なお英語版の「明仁」の項目には「慣例によれば、崩御後には内閣によって『平成天皇』の名が贈られるだろう」と記述がある)。

なお、「○○(元号)天皇」という呼称自体の使用を崩御後に限定し、存命中の使用を禁じている法令は存在しないが、元号を用いた諡号はあくまでも不確定であるため、存命中の使用は不正確である。

脚注[編集]

  1. ^ 「天皇」と呼び諱を避けることは、それ自体一定の敬意を示した表現であるため。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]