大宮御所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大宮御所(おおみやごしょ)とは、皇太后(大宮)の御所(女院御所)。

概要[編集]

京都にある大宮御所[編集]

仙洞御所も参照

東京に造営された大宮御所に対し、京都大宮御所と呼ばれることもある。 現在の大宮御所の原型は後水尾天皇中宮東福門院のために造営した女院御所を始まりとし、1854年(安政元年)の焼失後、孝明天皇夙子皇太后のために再建するが東京遷都により廃された。この後、1867年(慶応三年)に仙洞御所が焼失すると、塀を取り払い敷地と庭園を大宮御所に組み入れた。その後京都御所の一部として御常御殿のみを残す形で整備され、大正時代にはガラス窓の使用や洋室への改装など現代の生活様式に合致するように改築がなされた。現在は天皇皇后皇太子、および皇太子妃行幸啓の際の宿泊に使用されている。かつては京都を訪問する国賓の宿泊施設としても使用されたが京都迎賓館が完成にともない、国賓の京都での宿泊施設としての役割は終えた。

大宮御所と仙洞御所には小堀遠州の作庭による池泉回遊式庭園があり、それぞれの池がいまは北池、南池として連結されるなど一体として改修されている。仙洞御所のあった敷地は庭園の中に醒花亭、又新亭といった茶室や社や氷室がある。

2013年2月に行われた調査において、震度6強の地震で倒壊する可能性があることが判明したため、補強工事が検討されている。2013年6月の天皇皇后京都訪問に際しては、従来は大宮御所に宿泊していたが京都迎賓館を利用することになった[1]

東京にある大宮御所[編集]

東京にあった大宮御所は昭和天皇節子皇太后のために1930年(昭和5年)に造営したもので、1945年(昭和20年)の東京大空襲によって焼失し、1946年(昭和21年)に再建されたが、1951年(昭和26年)5月17日の節子皇太后崩御[2]により廃された。

1989年(昭和64年)に昭和天皇が崩御後、今上天皇即位し、元号が平成と改まった後も良子皇太后が健在であり、引き続き吹上御所を住まいとしたことから、「吹上大宮御所」と改めた[3]

また1993年(平成5年)12月8日、今上天皇の御在所として、それまでの赤坂御所に替わり、新御所(正式名は単に「御所」)が皇居半蔵門近くに落成竣工して今上天皇および皇后が赤坂御所から新御所へ御在所を移転した[4]ことに伴い、今上天皇の御所を「新吹上御所」と称し、皇太后の大宮御所と区別したこともある。

2000年(平成12年)6月16日に良子皇太后が崩御した[5]ことで吹上大宮御所は居住者が不在となり(現在は宮内庁が建物を管理し、維持している)、大宮御所は公式に存在していない状況である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130603-OYT1T01221.htm
  2. ^ 1951年(昭和26年)5月17日宮内庁告示第2号「皇太后陛下崩御」
  3. ^ 1993年(平成5年)12月9日『官報』第1297号皇室事項「皇太后陛下の御在所の名称変更」
  4. ^ 1993年(平成5年)12月9日内閣告示第6号「天皇皇后両陛下の皇居へ御移転が定められた件」
  5. ^ 2000年(平成12年)6月16日宮内庁告示第4号「皇太后陛下崩御に関する件」

参考文献[編集]

外部リンク[編集]