神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
出雲大社(神代創建、島根県出雲市
八坂神社(飛鳥時代創建、京都市
蒙疆神社(昭和時代創建、張家口)

神社(じんじゃ・かむやしろ)とは、日本の宗教の神道祭祀施設[1]、及びその施設を中心とした祭祀儀礼・信仰を行う組織[2]鳥居の内の区域一帯を、「神霊が鎮まる神域」とみなす。

神は目に見えないものであり、神の形は作られなかった。現存する神像彫刻はすべて平安時代以降のものばかりである[3]。古くは社殿がなくとも「神社」とした。神聖な山、滝、岩、森、巨木などに「カミ」(=信仰対象、神)が宿るとして敬い、俗(生活に活かす)の山、滝、岩、森、巨木と区別したのである。現在の社殿を伴う「神社」は、これらの神々が祀られた祭殿が常設化したものとされる。

現在では参拝用の施設の他に、結婚式の設備[4]などが併設されることも多い。戦前はいわゆる「国家神道」も「神社」と称した[5]

概要[編集]

祭祀対象[編集]

祭祀対象は主に神道であり、そのほか、日本古来の神に属さない民俗神、実在の人物・伝説上の人物や、陰陽道道教の神、神仏分離を免れた一部の仏教の仏神などの外来の神も含まれる。

神社の名称[編集]

神社の名称の付け方は様々である。最も一般的なのは地名によるものである[6]

「〜坐神社」というのもある。また祭神名を冠するものも多い[7]。ほかに奉斎する氏族の名前を冠するもの[8]祭神に関連する語句を冠するもの[9]神社の種別を表すもの[10]祭神の座数によるもの[11]などがある。また由来が不詳である神社名も少なくない[12]。稲荷神社や八幡宮など全国に広く分布するものは、それらの社名にさらに地名を冠することが多い[13]

天満宮は音読みで、八幡宮や浅間神社は音読みと訓読みの場合があるが、音読みで社号を読むのは仏教の影響である。天満宮は祭神である天満天神が仏教の影響を受けているため、漢語の社名となっている。八幡宮と浅間神社はいずれも本来は「やわた」「あさま」と訓読みしたが、神仏習合のもと仏教の影響で、音読みが定着した。

なお、原則として全ての神社を「〜神社」(宮号・神宮号を除く)と称するようになったのは近代になってからである。「〜明神」や「〜権現」などと神名を社号としたところや、「〜稲荷」「〜八幡」と「神社」の部分が省略されたところ、「〜社」としたところなどがあったが、全て原則として「〜神社」と称することになった。これを権現号の使用禁止と関連させて、排仏政策によるという指摘もあるが、むしろ国家が管理するうえでの都合によるといえるだろう。

近代においては終戦まで神社はいわば国家の施設であり、法令上の規則により、「神社」と認められるのに設備や財産などの条件があり、条件に満たないものは「神社」とされなかったのである。

社号[編集]

近世まで、固有名の部分を除いた「神社」「大社」「宮」などの社号に特別な基準はなく、一つの神社が状況によって異なる呼ばれ方をすることもあった。明治時代に神社が国家の管理下に入ると、公認されたもののみが「神社」を名乗り、大社・神宮などを名乗るには勅許などが必要とされた。終戦後には政教分離により国家、皇室が神社に直接関与しなくなったため、特に許可がなくても、大社、神宮を名乗れるようになった。

伊勢神宮に代表される神宮号は7世紀まで遡る古いもので、由緒が皇室神話に関わるごく少数が神宮と名乗ることを許された。明治時代には、単に「神宮」といえば伊勢神宮を指した。明治天皇を祀る明治神宮が創建されると、他の天皇を祀る神社も順次神宮に昇格した。こうして、歴史上の人物を祀る神社で、天皇を祀るものを神宮皇族を祀るものを、功臣等を祀るものは神社とされた[14]

戦後に神宮を名乗るようになった神社には北海道神宮(旧札幌神社・北海道)、伊弉諾神宮兵庫県)、英彦山神宮(福岡県)がある(京都府亀岡市の元官幣中社出雲大神宮等の「大神宮」は「神宮」号とは異なるとされる)。福岡県福岡市東区香椎宮のように、いわゆる神宮ではないのに、最寄りの駅名が香椎神宮駅香椎線)であるために誤解される例もある。

大社は江戸時代までは杵築大社(現出雲大社)・熊野大社(いずれも島根県)の二社が名乗ったが、明治時代から1945年(昭和20年)までは大社を名乗るものは出雲大社のみであった。戦後は旧官幣大社・国幣大社・官幣中社の神社のうち26社が大社を名乗っている。

現在、大社を名乗っている神社は上記の二社のほか、気多大社(石川県)、諏訪大社(長野県)、南宮大社(岐阜県)、三嶋大社富士山本宮浅間大社(静岡県)、多度大社(三重県)、日吉大社多賀大社建部大社(滋賀県)、松尾大社伏見稲荷大社(京都府)、住吉大社(大阪府)、春日大社龍田大社広瀬大社(奈良県)、熊野本宮大社熊野速玉大社熊野那智大社(和歌山県)、宗像大社高良大社(福岡県)など。

また、梅宮大社(京都府)や大鳥大社(大阪府)のように表記が定まらないものもある。また平野神社(京都府)もかつては扁額に「平野大社」と書かれていた。

上社、下社[編集]

富士山本宮浅間大社奥宮(富士山頂に鎮座)

神社には上社と下社、あるいは上の宮と下の宮など二社に分かれる「二社制」が多くみられる。上社、中社、下社の三社に分かれる「三社制」もある。

上社と下社はその位置関係から、上手のものを上社、低地のものを下社と呼ぶことが多い。また、本宮、本社から見て深奥部にある社は奥社、奥宮(おくのみや)、奥院、山宮、人里近い社は前宮、里宮、口宮などと呼ばれ、僻遠地の元宮に対し集落近郊に新たに建てられたものを新宮とも呼ぶ。

これらの上下社では祭神が異なる場合もあるが、一方がもう一方の若宮であったり、本宮の配偶神を祀るケースもある。これらの起源は不詳だが山奥に埋葬墓、都邑近郊に礼拝墓を設ける「両墓制」と関係があるとする説もある。また、山岳そのものをご神体として、その山麓に遙拝施設を建てたものを里宮の起源とし、神霊降臨の思想から山頂にもう1社を建て分祀したものを山宮の起源とする説もある。

施設、設備[編集]

神社境内図

神社の周りには鎮守の杜という森林があることが多い。御神木といわれる木には、注連縄を結ばれているものもある。神社の入口には、境内と俗界の境界を示す鳥居があり、社殿まで参道が通じる。参道のそばには「身を清める」手水舎、神社を管理する社務所などがある。大きな神社では神池神橋もみられる。

社殿は本殿(神殿)や拝殿からなる。人々が普段参拝するのは拝殿で、神体がある本殿は拝殿の奥にある。本殿と拝殿の間に参詣者が幣帛を供えるための幣殿が設置されることもある。

神社の敷地(境内)には、その神社の祭神に関係のある神や本来その土地に祀られていた神を祀る摂社や、それ以外の神を祀る末社があり、両者をあわせて摂末社という。境内の外にある摂末社は境外社と呼ばれる。

また、神仏習合が始まる奈良時代以降は神社の境内に神を供養する神宮寺(別当寺、宮寺)が建てられたり、神社内に寺院が建てられたりしたが、明治初期の神仏判然令(神仏分離令)により、神社と寺院は分離され、神社の境内の五重塔や仏堂などは撤去され、僧侶と神官も区別された。

建物[編集]

宮大工による木造の日本式建築が多い。現代では、建築技術の変化や法律上の問題(耐震強度や防火対策)により、鉄筋コンクリート造も増えている。前述のようにビルの中にある神社もあり、必ずしも日本風の建物ばかりではない。ただし、神体が鎮座する本殿の形は日本式建築である。

神社は周囲に森があることも多く、夜間は警備もしにくく、放火などもみられる。そのため、一部では警備会社と契約して機械警備などを行う。防火や盗賊除けの神が鎮座する神社に警備会社のステッカーが貼ってあるのが見かけられることも多い。

神社の付属施設[編集]

本殿と神殿は別とされることもあるが通常は同一の物。常設とされる施設でも、絵馬殿[15]など時代によって変化するものもあると思われる。また、摂末社がない神社もある。また、摂末社に本来の祭神(その土地の氏神)が祀られる事もある。

その他の共通施設も神社によって存在しないことがあり、以上は一定の目安である。

本殿の様式[編集]
代表的な様式
他の様式

神職[編集]

歴史[編集]

起源[編集]

神社の起源は、磐座(いわくら)やの住む禁足地(俗に神体山)などでの祭事の際に臨時に建てた神籬(ひもろぎ)などの祭壇であり、本来は常設ではなかった。例としては沖縄御嶽(ウタキ)のようなものだったと考えられる。

創建が古い神社には現在も本殿がないものがあり、磐座や禁足地の山や島などの手前に拝殿があるのみの神社[16]、社殿が全く無い神社[17]がある。「神社には常に神がいる」とされたのは、社殿が建てられるようになってからだと言われる。

古代中国にも土地神などを祀る「社」が存在したが、屋根が付いた社を建てるのは「喪国の社」(『礼記』郊特性)とされ、日本の社とは異なる。そのため、多くの神社に社殿が造営された背景について諸説が述べられた。社会の発展により自然から人格神へと信仰の対象が変わったためとする説[18]、仏教寺院の影響を相互に受けたとする説[19]、武器や貢納物を納めた神庫(ほくら)が先行して存在したとする説[20]、7世紀後半以後に国家が一部の社にのみあった神庫を全国に建設したとする説[21]などがある[22]

古社はそれぞれの縁起により御神体の近くに社殿を構える事[23]が多い。新しく神社を造営するときは、適当な場所に分霊氏神を祀った。場所の選定の仕方は様々で、縁起から選ぶ[24]、清浄な場所を選ぶ[25]、参拝のしやすさで選ぶ[26]などがある。社殿を海上・山頂、現代ではビルの屋上などに祀ることもある。

近代国家と神社制度[編集]

[27] 明治維新直後より近代的な中央集権化に適応する新たな体制の整備が始まった。律令神祇官の家柄である白川家・吉田家をはじめとする近世までの制度が廃止され、政府内に神社行政機関が設置された。また、古代以来の神仏習合(神仏混淆)を解消する神仏分離が行われ、明治4年には封建的な土地支配制度を廃止する社寺領の上地が実施されたのち、全国の神社が「国家の宗祀」と定められ、神社に関するあらゆることが、国家の法制度によって規定されてきた。

神社行政機関の変遷[編集]

[28]

  • 明治元年1月 - 2月   神祇事務科
  • 明治元年2月 - 閏4月  神祇事務局
  • 明治元年閏4月 - 明治2年7月 (太政官内)神祇官
  • 明治2年7月 - 明治4年8月 (太政官外)神祇官
  • 明治4年8月 - 明治5年3月  神祇省
  • 明治5年3月 - 明治10年1月 教部省
  • 明治10年1月 - 明治33年4月 内務省社寺局
  • 明治33年4月 - 昭和15年11月 内務省神社局
  • 昭和15年11月 - 昭和21年2月 (内務省)神祇院

近代社格制度[編集]

[29] 明治4年に、神社を「国家の祭祀」として、基本的な制度が改められた。伊勢神宮を除く全国の神社は官社と諸社に大別され、官社は官幣・国幣の各々を大中小社、諸社は府・藩・県・郷の各社に分類された。但し廃藩置県のため、藩社への列格はなかった。社格を有しない神社は無格社といわれた。明治5年に別格官幣社が設定され、楠正成を祭る湊川神社が最初に列せられた。別格官幣社は皇室や国家のために偉勲を残した人物を祀る神社が主に列格した。官国幣社は、神社祭祀令により、大祭、中祭、小祭が規定された。国家の祭祀にふさわしくない神社は淘汰され、明治31年あった20万社は、大正5年には約12万社になった。

宗教法人化[編集]

[30] 昭和20年12月 連合国最高司令官総司令部GHQは国家管理下にある神社を「国家神道」と呼び、その廃止を命令した。同じくGHQに制定された宗教法人令 に基づき、他の宗教団体と同様宗教法人となった。民間の神社団体である皇典講究所,大日本神祇会、神宮奉斎会が発展的に解消して、神社本庁になった。神社本庁は単立宗教法人となった一部の神社や、ほかの神社神道系包括団体に所属する神社を除く、約8万の神社から組織される包括宗教法人である。


主な信仰[編集]

多くの神社は、有名な神社から祭神を分霊(ぶんれい)【または勧請ともいう】している。分霊とは、祭神の分霊(わけみたま)を他の神社で祀ることである。ロウソクからロウソクへ灯を移すように、神道の神は無限に分霊することができ、そうしても本来の神威は損なわれないとされる。分霊した神社は、その祭神に応じた名称がつけられる。以下に主な神社の名称とその祭神を挙げる。

神社名 本社 祭神 神使
神明神社・皇大神社(お伊勢さん) 伊勢神宮内宮 天照大御神
八幡神社 宇佐神宮 八幡神応神天皇
天満宮・天神神社・北野神社・菅原神社 太宰府天満宮
北野天満宮
菅原道真
宗像神社 宗像大社 宗像三女神
厳島神社 厳島神社 宗像三女神
八坂神社・祇園社 八坂神社 素盞嗚尊
津島神社・天王社・須賀神社 津島神社 素盞嗚尊
氷川神社 氷川神社 素盞嗚尊
諏訪神社 諏訪大社 建御名方神
日吉神社・日枝神社(山王さん) 日吉大社東本宮 大山咋神
松尾神社 松尾大社 大山咋神
熊野神社 熊野三山 熊野神
白山神社 白山比咩神社 菊理媛神
熱田神社 熱田神宮 熱田大神(草薙剣
浅間神社 富士山本宮浅間大社 木花咲耶姫命
鹿島神社 鹿島神宮 武甕槌命 鹿
香取神社 香取神宮 経津主命 鹿
春日神社 春日大社 武甕槌命経津主命 鹿
愛宕神社 愛宕神社 迦具土神
秋葉神社 秋葉山本宮秋葉神社 迦具土神
金毘羅神社・琴平神社(こんぴらさん) 金刀比羅宮 金毘羅神(現在は大物主神
住吉神社 住吉大社 住吉大神
多賀神社 (お多賀さん) 多賀大社 伊邪那岐命伊邪那美命 せんじきさん(
貴船神社・貴布祢神社 貴船神社 闇淤加美神・高淤加美神
出雲神社 出雲大社 大国主命
塩竈神社 鹽竈神社 塩土老翁神
賀茂神社 賀茂別雷神社(上賀茂神社)
賀茂御祖神社(下鴨神社)
賀茂別雷神
大鳥(鷲・鳳)神社 大鳥大社(西日本) 日本武尊・大鳥連祖神
鷲宮神社大鷲神社(東日本) 日本武尊
大神神社・三輪神社(三輪明神) 大神神社 大物主命
稲荷神社 伏見稲荷大社 宇迦之御魂神保食神ほか穀物神
淡嶋神社 淡嶋神社 少彦名命淡島神
猿田彦神社・佐田神社・大田神社・白髭神社
賽神社・道祖神
椿大神社 猿田彦神
恵比寿(恵比須・戎)神社 西宮神社 蛭子命(ひるこ・えびす
美保神社 事代主命
大山祗神社 大山祇神社 大山祇神
三島神社 大山祇神社 大山祇神
三嶋大社 大山祇神事代主命
御嶽神社・御岳神社 御嶽神社 造化三神
阿蘇神社 阿蘇神社 健磐龍命(阿蘇十二神)
山神社 大山祇神山神

なお、神社名と一般的な祭神名が一致しない神社もある。また近代に新造された靖国神社招魂社護国神社)などもある。

符号位置[編集]

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Unicode5.2で表現したARIB外字)が含まれています詳細

神社を表す記号は以下の通り。

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+26E9 - ⛩
⛩
神社

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ じんじゃ【神社】” (日本語). 世界大百科事典 第2版 (1998年10月). 2013年8月2日閲覧。
  2. ^ 神社【じんじゃ】” (日本語). 百科事典マイペディア (2010年5月). 2013年8月2日閲覧。
  3. ^ 岡田精司 2011年 6ページ
  4. ^ 明治神宮外苑など、商業的な営みも行っている。
  5. ^ 宮沢俊義 『憲法講話』 岩波書店岩波新書〉、1967年6月1日(原著1967年4月20日)、第2版、pp. 28-29。2009年5月22日閲覧。
  6. ^ 鹿島神宮・八坂神社・春日神社・宗像神社・日枝神社など。
  7. ^ 稲荷神社・住吉神社・八幡神社・天満宮・丹生都比売神社など
  8. ^ 倭文神社など。
  9. ^ 平安神宮・八重垣神社など。
  10. ^ 招魂社・祖霊社など。
  11. ^ 六所宮・四柱神社など。
  12. ^ 浅間神社など。
  13. ^ 伏見稲荷大社・函館八幡宮など。
  14. ^ 岡田米夫「神宮・神社創建史」5頁。
  15. ^ 絵馬は後世に馬の代わりに奉納されたものであるため。
  16. ^ 大神神社石上神宮宗像大社など。
  17. ^ 熊野那智大社の元宮である飛瀧神社など。
  18. ^ 直木孝次郎「森と社と宮」(1958年)など。
  19. ^ 稲垣栄三「本殿形式の起源」(1968年)・井上寛司「古代・中世の神社と{神道}」(2006年)など。
  20. ^ 桜井敏雄「神殿の諸形式とその特質」(1982年)・木村徳国「ヤシロの基礎的考察」(1982-84年)など。
  21. ^ 丸山茂「神社建築の形成過程における官社制の意義について」(1999年)・有富純也「神社社殿の成立と律令国家」(2009年)など。なお、有富は律令国家が幣帛を全国の神社に納めるため、一部の社にのみあった神庫と同様の施設を全国の官社に設置したとする。
  22. ^ 有富、2009年論文(同『日本古代国家と支配理念』、東京大学出版会、2009年所収)による。
  23. ^ 磐座の近くに社殿がある越木岩神社など。
  24. ^ 一族発祥の地や、菅原道真の場合、遠流の地(太宰府)など。
  25. ^ 明治神宮の造営候補地など。
  26. ^ 本来は山頂にあった日光二荒山神社など。
  27. ^ 岡田[2013:290-294]
  28. ^ 岡田[2013:291]
  29. ^ 岡田[2013:291]
  30. ^ 岡田[2013:294]

参考文献[編集]

  • 岡田米夫「神宮・神社創建史」、松山能夫・編『明治維新神道百年史』第2巻、神道文化会、1966年。
  • 岡田荘司 笹生衛 『事典 神社の歴史と祭り』2013年 吉川弘文館 ISBN 978-4-642-08085-9
  • 岡田精司著 『 新編 神社の古代史 』 学生社 2011年 ISBN 978-4-311-20302-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]