温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

温泉街(おんせんがい、おんせんまち)は日本に於ける温泉の宿泊施設や温浴施設などが立ち並ぶ町並み。飲食店や土産物店、遊戯店、また、日常の生活に必要な商店などが存在する。宿泊客は浴衣で町並みを散策することも多い。温泉場(おんせんば)とほぼ同義。この温泉場は近年、温泉ホテルの影響を受けている。

温泉街の形成条件[編集]

一概に温泉街といっても実に多種多様である。鉄筋の大型ホテルやリゾートホテルが建ち並ぶような温泉街から昔ながらの木造旅館が並ぶもの、昔ながらの湯治場など様々である。このような変化を及ぼす要因としては次のようなものが挙げられる。

  • 地形条件
地形条件はその場所が、沿岸部、丘陵地、田園地帯、山野、河谷、急崖などによって温泉街の開発に制約が生じたり、また温泉街の構成に面的な変化が起こったりする(例:指宿温泉伊香保温泉宇奈月温泉など)。また、周辺の自然景観を借景や囲繞環境として有効活用したりと、温泉地のイメージに応じた開発が行われたりする(例:由布院温泉、瀬波温泉など)。
  • 交通条件(他都市、他地域との密着、近接性)
主要都市に近いと、その奥座敷として発展するケースは多い(有馬温泉定山渓温泉月岡温泉飯坂温泉など)。比較的遠方でも、港湾整備や観光航路の開設、鉄道の敷設や専用自動車道の開通などに伴い、人口が稠密する大消費地などと密着性を持つと急速に発展を遂げることもある(別府温泉山代温泉芦原温泉鬼怒川温泉など)。また、著名な観光地が近いと、その観光拠点として温泉が開発される例もある(阿寒湖温泉洞川温泉阿蘇内牧温泉天橋立温泉など)。
  • 経済条件(外部からの流入資本や地元の地域振興など)
地形条件や交通条件などに優れると、大都市や海外などの企業から大量の資本が投入され、一大リゾート地を形成することがある(バーデンバーデン越後湯沢温泉南紀白浜温泉など)。また、それとは対照的に地元資本で衰退した温泉地の再興の気運を高め、独自の政策、方針などで温泉地を興隆していった例も見られる(黒川温泉乳頭温泉郷小野川温泉など)
  • 泉質、湯量など温泉自体が及ぼすもの
温泉は泉質が優れ、効能が高いものであるとその温泉は専ら保養、湯治などに用いられ、そのような客を対象とした温泉街を形成することがある(スパ俵山温泉酸ヶ湯など)。また、温泉療法を行う医療施設の進出をきっかけに温泉街が発達したり(三朝温泉亀川温泉など)、湯の花の生産など特殊な産業をきっかけに温泉街が形成されることがある(明礬温泉など)。
湯量が豊富であると保養温泉と行楽温泉として発展すべき双方の条件を満たす温泉も現れることがある(ホットスプリングス草津温泉下呂温泉鉄輪温泉など)。

これらの様々な条件は複合することも多く、その他様々な理由から変化に富んだ温泉地が形成される要因となっている。

楽しみ方[編集]

三朝温泉温泉本通り。夕食後のそぞろ歩きが楽しみな温泉街

温泉街を楽しむには宿泊するのが最適とされている。夕食後、旅館の大浴場に入った後に外に繰り出すのが最も一般的な楽しみ方である。 朝の出発前、外湯での朝湯や、みやげ物屋を見て歩くのもまた温泉旅行の楽しみの一つである。

共同浴場のある場合、外湯も温泉地宿泊の一つの楽しみとなっている。外湯への行き帰りの際に土産物屋などをのぞいてみるのも一つの楽しみといえる。別府温泉には、88ヶ湯を巡り温泉名人を目指す別府八湯温泉道というものがある。
近年は温泉への職場旅行自体が減少してきたが、職場等の慰安旅行の場合には集団心理も働き、宴会後に集団で街に繰り出すのがかつては通例であった。ただ、宿泊施設も二次会需要の吸収を目的に館内施設を充実させてきたため、宿泊施設の側はお客の「囲い込み」により全体の売り上げ増につながるが、一方では温泉街の衰退につながるという意見もある。
  • 外出時の装束
旅館の浴衣が一般的であり、寒い場合は丹前を羽織っていく。履物は下駄草履雪駄がよく、これも旅館名が書いてあることが多い。旅館では番傘等の貸し出しを行っている。これらの光景がまた温泉街に風情を添える。外湯へ出かける場合、着替えなどは信玄袋に入れるか、風呂敷に包むのが良い。最近では外出時の貴重品持参用に、旅館名入りの袋が準備されていることが多い。城崎温泉など、浴衣に下駄履きを正装とする地域も存在する。
  • みやげ物
温泉地の土産物として温泉饅頭薄皮饅頭酒饅頭)は定番である。温泉の蒸気で蒸して作成するものも存在し、情緒を添えている。夜祭の屋台にも通じるものがあるので、買い食い品はその場で消費されるものとして雰囲気の盛り上げに貢献する。旅行地の土産物を留守家族が喜ぶさまは既に過去のものであろう事から、近所に土産を大量に買い込むお客は減っているものと思われる。温泉の気分を家庭で味わうことのできる湯の花も多くの温泉地で見かけることができる。
  • 射幸
スマートボールと常設の射的場は、昭和時代の温泉街には必ずあった。一時期時代遅れと見なされていたが、湯原温泉など、最近温泉街の目玉として新たに復活している所もある。また、パチンコにしても、最新台を揃える、いわゆるパーラー等を横目に、手打ち台が残るところに情緒を感じる。

温泉街をめぐる問題点[編集]

別府温泉街の中心部。JR別府駅を中心にして観光施設、公共施設、百貨店、マンション等が林立する。

温泉街の多くに当てはまる問題点として、1970年代のオイルショック以後から1980年代のバブル期にかけて、温泉施設の大型化に伴い、温泉街の持つ土産品や歓楽街の機能を温泉ホテルの中に組み込む動きが各地で見られた。これは営業利益を追求する中で生まれた営みといえる。温泉ホテル内で全ての歓楽行為が充足される仕組み=温泉で使う金のすべてが、ホテル経営者の利益になるように考え出されたものであった。この動きは温泉街にとって極めて大きな打撃となり、縮小や消滅を余儀なくされたのである。しかしながら近年、温泉街の持つ情緒とそれを散策する楽しみに注目する旅行客が増えてきたこともあり、誘客の一環として温泉街を含めての温泉郷全体の魅力が問われている。だが、バブル崩壊以後の長期不況下において、かつての温泉街を復活・復興させることについては、大きな困難が待ち受けている懸念がある。

また石和温泉山中温泉雄琴温泉皆生温泉は慰安旅行をはじめとする団体旅行客の集客を目的に風俗街を兼ね備えているが、団体旅行の衰退とそれに代わる個人旅行・家族旅行の発展という時代の変化に対してイメージの低下が懸念されている。これに対して温泉組合などでは取り締まりや再整備により風俗街の機能を衰退させたり(石和、山中、皆生)、温泉街と風俗街を完全に分離する対策(雄琴)をとっている。

そんな中、2001年に別府温泉で始まったオンパクの取り組みは、このような構造的問題で悩む各地の温泉街へと拡大を見せており、その動向は注目に値する。

日本の温泉街[編集]

北海道[編集]

東北[編集]

銀山温泉 温泉街
あつみ温泉 温泉街

関東[編集]

伊香保温泉

中部[編集]

下呂温泉

北陸・甲信越[編集]

東海[編集]

近畿[編集]

城崎温泉

中国[編集]

皆生温泉

四国[編集]

九州[編集]

別府温泉 温泉街
鉄輪温泉 温泉街
霧島温泉郷・丸尾温泉

日本以外の例[編集]

関連項目[編集]