下町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

下町(したまち)は、市街地の一部を区分して言う言葉で、複数の意味を有する。

概要[編集]

通常は下の二つの意味を同時に持つ言葉として用いられる。

地形的特性としての下町[編集]

第一の語義には地形的な特徴によって区分した「下町」があげられ、市街地中のに近い低地の部分を示す。

この意味での下町は、東京では、山の手武蔵野台地東端部分)の周辺をなす線より下側の地域がこれにあたる。大阪では、舌状に伸びる上町台地の西麓や大川北岸の地域がこれにあたる。江戸=東京についてはこの意味の下町と対をなす言葉は山の手であるが、通常は「山側」を意味する山手が対語となる。

大阪については下町という言い方はあまり用いられず、船場島之内堀江下船場中之島堂島天満など、川やで区切られたブロック毎の固有名称が一般的で、下町の対語となる上町(うえまち)がよく用いられる。

社会的特性としての下町[編集]

東京では、歴史的に江戸時代の御府内(江戸の市域)で、高台の地域を「山の手」と呼び、低地にある町を「下町」と呼んだ。東京における下町の代表的な地域は、日本橋京橋神田下谷浅草深川本所等である。谷根千と呼ばれる谷中根津千駄木はそれぞれ寺町、下町、武家町である。他にも寺町などの用語がある。

江戸のような都市では、軍事上の有利性から軍事拠点となる大名屋敷、大身旗本屋敷、大寺院は幕府の近くの台地におかれることもあった。また、水運の便の良かった川沿城下町陣屋町などにも見られる。

大阪の地理的高低差は、江戸のような社会的棲み分けとの関連性は弱く、市街地の時間的変遷との関連性が強い。

豊臣時代は武家地、町人地とも上町(うえまち)を中心に展開しており、下町は開発途上であった。徳川時代に入って下町の開発が進み、町人地の中心が上述の下町、とりわけ船場へ移ったが、上町にも上本町谷町などの町人地が残った。城代町奉行の武家地については城内、玉造(上町)と天満(下町)とで上級下級の棲み分けが認められるが、都市の特性上各大名屋敷蔵屋敷)は堂島や中之島といった水運に利する下町に置かれた。

経緯[編集]

徳川家康江戸城入城後、城近辺と西の地域の山の手台地に武家の屋敷町を造ったのち、経済活動に便利な低湿地帯を埋め立てて職人町、町人町を造ることにし、平川の河口から江戸城に通じる道三堀を造ったのを手始めに、掘割が縦横に走る市街地の下町を造成していった。下町には盛り場ができ、芝居小屋や遊郭などの遊び場も栄え、江戸文化が花咲いた。[1]

明治に入ると、西洋化が推進される山の手に比べ、近代化から取り残された形になったが、その半面、日本の伝統文化や習俗、気質などが根強く受け継がれることになった。明治22年には鐘ヶ淵紡績会社が操業を始め、下町の工業化が始まった。明治43年の大洪水による隅田川の氾濫をきっかけに荒川放水路の開削が始まったことで下町の自然環境は一変し、さらに関東大震災後の復興計画で、住宅地区に指定された山の手に対し、工業地帯に指定されたことで、江戸情緒の残る美しい市街地から、中小の工場が建ち並ぶ工業地帯に変貌していった。[1]

現状[編集]

今日では地名を整理統合する動きが進行しており、地名は地形とも地域社会とも一致しないため、地名を元に下町を区分する事は困難である。

江戸時代から使われている具体的な地名をあげると、東京では日本橋京橋神田下谷浅草根津本所深川向島などの東京湾岸及び河川沿いの地域があげられる。

廣辞林昭和五年発行七十二刷には、下町式の項に「下町とは東京市にて山の手に對して、京橋・日本橋・神田・・深川・本所等をいふ」という記載がある。 また。東京の下町は運河や小河川が縦横にあり、を渡らないと隣町に行けないところという見解がある。この地域には道路や川を越した先を「むこうがし(向こう河岸)」という表現がある。

なお、東京の場合、上述の地域が本来の下町であるが、それに近接した東京23区の東側全体も通俗的には「下町」と言われることも近年は少なくない。この場合、葛飾区柴又亀有などの、歴史的には旧東京市の外側だった地域も下町に含まれることになる。23区東側の他に大田区品川区や川沿いなどにも下町情緒が溢れる地域は広がっている。台東区谷中文京区白山なども、地理上は山手に属するものの、古い街区をよく残すことから文化としての下町に含めて考えることがある。

今日的な下町のイメージは、本来の下町においては繊維問屋街の多い街区や月島人形町、浅草、入谷門前仲町などの門前町や古風な街並みの残る地域、その外側においても中小の工場商店の多い地域(時に荒川江戸川中川 (足立区)などの河川敷に近い地域や、柴又などの門前町のイメージも強い)によってイメージされることが多い。また、テレビ番組映画などに取り上げられるこれらの地域のイメージの影響で、「現代の東京に江戸情緒や人情を残す町」というイメージも強い。

大阪においても下町のイメージがよく用いられる新世界天下茶屋天王寺や駒川の駒川商店街といった地域はもともとの大阪市域ではない。また、玉造、空堀商店街界隈、寺町群といった天王寺区域は上町台地上に位置している。今日的な下町のイメージのうち本来の下町である地域は天満の天神橋筋商店街界隈ぐらいである。

ダウンタウン(英:downtown)は都心、中心街、繁華街を指す言葉である。単語の成立に際し地形的な上下が影響した点を除き(ただしdowntownの場合は高低ではなく南北、en:Downtownを参照)、日本語の下町との関連性はない。対義語はアップタウン

下町文学[編集]

独特の気質や美意識を持つ下町は、多くの文学者に愛され、下町を描いた近代文学作品は数多い。代表的な作家に、幸田露伴久保田万太郎舟橋聖一円地文子永井龍男芝木好子田久保英夫吉村昭川口松太郎池波正太郎長谷川時雨樋口一葉永井荷風安岡章太郎泉鏡花川端康成江戸川乱歩佐多稲子らがいる[1][2]。また、西洋的な視座から隅田川河岸の江戸趣味を楽しむ文人の集まり、「パンの会」も一時結成された[2]

舞台にした作品[編集]

※発表順

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「東京と文学(1)-近代化過程における相互の関連について-」高木利夫法政大学教養部紀要、1994-2
  2. ^ a b 東京と文学(2) -近代化過程における相互の関連について- 高木利夫法政大学教養部紀要、1995-2

関連項目[編集]