ケヴィン・リンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケヴィン・リンチ(Kevin Lynch, 1918年 - 1984年)はアメリカ合衆国都市計画家建築家、都市研究者。主著『都市のイメージ』『廃棄の文化誌』などで知られる。

シカゴ生まれ。イェール大学を卒業後、1937年から1939年まで、タリアセンでフランク・ロイド・ライトのもとで働いた。その後、マサチューセッツ工科大学(MIT)で学位を取得。1948年以降、マサチューセッツ工科大学の教壇に立ち、同校で都市計画と敷地計画の講座をもって多くの後進を育てた。都市は多くの人々に視覚的にイメージされやすいことが重要だという考え方から、都市の調査分析を行う。

1960年に刊行した『都市のイメージ(The Image of the City)』では、ボストンロサンゼルスなどでのアンケート調査を元に都市のイメージを決める要素としてパス(道)、エッジ(縁)、ディストリクト(地域)、ノード(結節点)、ランドマーク(目印)の5つを挙げた。また、ボストン中心部を通る高速道路(高架)が街を分断し、住民の空間認識を妨げていると論じた。日本でも『都市のイメージ』は丹下健三富田玲子により訳され、現在も都市計画や建築に関わる人によく読まれている。

その他ボストン、コロンビアなど各地の再開発ニュータウン、公園建設などに関わった。自身の弟子にパタン・ランゲージクリストファー・アレグザンダーらがいる。

関連項目[編集]

邦訳書[編集]