ベッドタウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベッドタウン(bed town)とは都心通勤する者の住宅地を中心に発達した、大都市周辺の郊外化した衛星都市を指す言葉。ベッドタウンは和製英語 であり、英語では「commuter town」、「bedroom town」、「bedroom suburbs」、「dormitory town」などと呼ばれる。

概要[編集]

日本では、住宅地は鉄道駅などを中心に都心から郊外へ発生的に形成されたもの、当初から都市への通勤者向けに計画的に造られたものが多い。

住宅供給を目的に実施された日本の近郊住宅地、第二次世界大戦後、住宅整備公団・現都市再生機構住宅供給公社等が住宅供給を行った郊外の駅前に立地した多くの日本のニュータウン、また日本の住宅団地という都市形式は、仕事場・オフィスのある都市部へ、混雑した電車で通勤し、自宅には寝に帰るだけ、といった勤労者層の平均像を作り上げた。

日本の大都市周辺には、市域全体あるいは大部分が住宅地化している都市も多い。このような都市を衛星都市(えいせいとし)もしくはベッドタウンと呼んだ。

日本では、関東大都市圏首都圏)における東京都多摩地域神奈川県北東部・埼玉県南部・千葉県北西部・茨城県南西部、名古屋大都市圏における愛知県西部、京阪神大都市圏(近畿圏)における大阪府外縁部・兵庫県南部・京都府南部・滋賀県南西部・奈良県北西部・和歌山県北部などにこのような都市が集中している。地方中枢都市圏においても、札幌都市圏における北海道石狩地方仙台都市圏における宮城県中南部、広島都市圏における広島県南西部、福岡・北九州都市圏における福岡県北部などにこのような都市が発生している。

関連項目[編集]