共有空間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

共有空間(きょうゆうくうかん、英語:Shared Space)とは、信号や標識を撤去することで自動車の運転手や歩行者の注意力を高め、交通安全を実現する手法のことである[1]。オランダ人の交通専門家ハンス・モンデルマンが考案した[2]

イギリスの首都・ロンドン、オランダやドイツの都市で実現している[1][2]

実例[編集]

ドイツのWolfachという都市は、道路を歩道のような石畳にし、センターラインや道路標示を廃止した[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b ANDO, Satoshi (2005年1月7日). “信号や標識が無いほうが安全とは、これいかに?”. Response.. IRIコマース&テクノロジー. 2009年9月20日閲覧。
  2. ^ a b “ドイツの町、交通安全の向上のため信号や標識を撤廃”. ロイター. (2007年9月11日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-27816920070911 2009年9月20日閲覧。 
  3. ^ 事故防止のために標識・信号を撤廃!?”. 交通ニュース. 企業開発センター (2007年11月8日). 2009年9月20日閲覧。

関連項目[編集]