メガロポリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メガロポリスギリシャ語ラテン文字表記):megalopolis)は、多くの大都市が深い関係をもって帯状に連なっている地域のこと。フランス地理学者ジャン・ゴットマンが、政治、経済、文化の中枢的機能の集積において、メトロポリス(大都市、首都)以上のものであることから、メガロポリス(巨帯都市)と命名した。

分類[編集]

  • メトロポリス、メトロポリタン・エリア : 都市圏(都市圏から大都市圏まで一般的に用いる)
  • メガポリス、メガシティ : 大都市圏(人口の多い都市圏)
  • メトロプレックス : 複合都市圏(複数の都市圏の集合体。大都市圏と同義になる場合もある)
  • メガロポリス : 超巨大都市圏、巨帯都市(大都市圏の連なり)

世界のメガロポリス[編集]

ボスウォッシュ(アメリカ合衆国)[編集]

アメリカ合衆国北東部、ニューヨークを中心にボストンからワシントンD.C.までの大西洋沿岸の都市群のことをいい、周辺の衛星都市を含め、全長約 700 km に渡る都市群が形成されている(米国のこの地域については北東回廊とも称される)。英語でのスペリングは「BosWash」で、北端であるボストン (Boston) の「Bos」、南端であるワシントンD.C. (Washington, D.C.) の「Wash」を組み合わせてできた言葉である。ここに含まれる主な大都市圏は、北東から南西方向に、ボストン・ハートフォード・ニューヨーク・フィラデルフィアボルティモア・ワシントンD.C.などである。アイビーリーグの大学やその他の主要な大学・研究施設も多くあることで、学術面での集積もみられる。

東海道メガロポリス(日本)[編集]

東京 - 名古屋 - 大阪(厳密には南関東1都3県 - 兵庫県)に至る、新幹線在来線高速道路一般国道などで結ばれた太平洋ベルト地帯東部までの都市群を東海道メガロポリスと呼ぶ。日本が高度経済成長期を迎えた頃に行われていた国土政策、全国総合開発計画の頃に盛んに使われた言葉である。次の計画である新全総では、西日本国土軸と呼ばれ、北東国土軸、太平洋新国土軸などの整備も検討された。21世紀の国土のグランドデザインでも計4つの国土軸形成を目指すとされている。アメリカのメガロポリス、ボスウォッシュにならって名付けられたものであり、当時、政治、経済、文化の最先端を目指して邁進していた日本の状況を表している。政治、経済のみならず、製造業の工場、大学や研究機関、プロ野球球団やJリーグのサッカークラブなどの集積も見られる。

ブルーバナナ(欧州)[編集]

西ヨーロッパのメガロポリスであり、イギリスの北西イングランドからイタリア北部のミラノに至る都市域を指す。ブルーバナナの語源は、この回廊バナナのように湾曲した形であることなどから。ホットバナナとも呼ぶ。この都市域に包含されるのは、マンチェスターロンドンアムステルダムブリュッセルデュッセルドルフフランクフルトシュトゥットガルトミュンヘンチューリッヒミラノトリノなどである。人口や経済、工業が世界で最も集積するエリアの中の一つである。1989年にフランスのロジャー・ブリュネが代表を務める地理学者グループ、ルクリュ (RECLUS) が提唱した概念である。およそ9000万の人々がブルーバナナに居住する。

関連項目[編集]