太平洋ベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

太平洋ベルト(たいへいようベルト)とは、日本茨城県から福岡県大分県までを結ぶ、一連の工業地帯・工業地域を言う。

国民所得倍増計画(1960年)策定のための経済審議会産業立地小委員会報告において、既存の四大工業地帯にボトルネックの弊害が発生していたことから、瀬戸内海沿岸、静岡県などこれらの中間に新たな工業地帯を形成することにより、ベルト上の太平洋沿岸地域全体を工業立地の中核とするといういわゆる太平洋ベルト地帯構想が提唱されたことに由来する。

太平洋ベルトを構成する都府県・都市[編集]

太平洋ベルトに属する地域についての明確な定義はないが、経済産業省の統計では、茨城県埼玉県千葉県東京都神奈川県静岡県愛知県岐阜県三重県大阪府兵庫県和歌山県岡山県広島県山口県香川県愛媛県福岡県大分県を太平洋ベルト地帯としている[1]

また、南関東から北部九州にわたっては、さいたま市千葉市東京都区部川崎市横浜市相模原市静岡市浜松市名古屋市京都市大阪市堺市神戸市岡山市広島市北九州市福岡市を中心とした工業面・商業面で大中規模の都市(主に政令指定都市)が連なっており、これらの都市群(メガロポリス)を総称して指す場合もある。

太平洋ベルトを構成する工業地帯・工業地域[編集]

このうち、京浜工業地帯・中京工業地帯・阪神工業地帯・北九州工業地帯を四大工業地帯という。近年では生産額の低い北九州工業地帯を除いた3つの工業地帯を三大工業地帯と言う。

特徴[編集]

鉄道道路港湾などの交通機関・施設が整備され、人口の約60%、工業出荷額の約70%が集中する。その反面、過密公害犯罪の増加といった問題も発生している。高速交通網では東海道・山陽新幹線が東京都と福岡県を結ぶ。

また、第5次の全国総合開発計画21世紀の国土のグランドデザイン」において、太平洋ベルト地帯を西日本国土軸として再生させる、新しい国土軸の計画が策定された。

脚注[編集]

  1. ^ 地域活性化戦略(資料編) (PDF) [リンク切れ]

関連項目[編集]