都市経済学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

都市経済学(としけいざいがく、英語: urban economics)とは、都市の発展および都市構造の形成過程を、理論経済学統計学などの理論的な分析によって、都市という単位からその経済現象を研究・考察する分野である。

ミクロ経済学の基本によって、都市という単位からその経済現象を研究、考察する。土地、住宅市場に関する問題、都市部と郊外との関連と地域経済成長のパターンに関する分析など、空間を考慮した経済分析(空間経済学)や経済地理・情報経済の多くが対象範囲で、都市という対象に対して、交通などの公共財や住宅市場・不動産市場などの立地情報、企業の経営や政府の活動といったミクロの経済的分析を、都市部と郊外との関連と地域経済成長のパターンに関連して行う。また、マクロ経済学も都市経済学の理論的考察に用いられるようになってきている。

都市経済学における空間の重要性 [編集]

都市経済学は、空間(space)が分析の上で重要な役割を果たすという点で、通常の経済学と異なっている。都市が空間的な広がりを持ち、財や人の移動に時間と費用がかかるからである。逆に言えば、移動に時間と費用がかかることで都市に空間構造が生じる。例えば、電車の駅に近い住宅地の土地の値段は、駅から遠い土地の値段より高い。これは、駅までに行く時間と費用が少ない所に対する需要のほうが大きいからである。

参考 [編集]

都市経済学~Urban Economics~(2012) 高橋孝明 有斐閣ブックス


関連事項[編集]