ウィリアム・フート・ホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・フート・ホワイト

ウィリアム・フート・ホワイト(William Foote Whyte, 1914年6月27日 - 2000年7月16日)はアメリカ社会学者ボストンイタリア人コミュニティでの参与観察を元に著した『ストリート・コーナー・ソサエティ』(1943年)は、都市社会学におけるエスノグラフィの古典的名著であり、ホワイトをこの分野のパイオニアにした。1948年からコーネル大学で教鞭を執った。

著作[編集]