1948年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千年紀: 2千年紀
世紀: 19世紀 - 20世紀 - 21世紀
10年紀: 1920年代 1930年代 1940年代 1950年代 1960年代
: 1945年 1946年 1947年 1948年 1949年 1950年 1951年

1948年(1948 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、木曜日から始まる閏年

他の紀年法[編集]

※大韓民国は、1948年8月15日の大韓民国建国から同年9月24日まで用いられた。ただし元年は1919年。
※檀紀は、大韓民国で1948年9月25日に法的根拠を与えられた。
※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国1997年に制定された。

カレンダー[編集]

1月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29
3月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

芸術・文化・ファッション[編集]

  • 1948年のスポーツ
    • 大相撲(幕内最高優勝)
      • 夏場所 東富士謹一
      • 秋場所 増井山大志郎

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

誕生日不明[編集]

死去[編集]

ノーベル賞[編集]

フィクションのできごと[編集]

誕生日[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 樋口修「GATT/WTO体制の概要とWTOドーハ・ラウンド農業交渉」(国立国会図書館 調査及び立法考査局『レファレンス』第670号、2006年)、134頁。
  2. ^ 廣田功、森健資編『戦後再建期のヨーロッパ経済復興から統合へ』(日本経済評論社、1998年)、371頁。
  3. ^ 益田実「アトリー労働党政権と西ヨーロッパの経済協力問題、1945年~1949年(2)」(『三重大学法経論叢』第15巻第2号)、51頁。
  4. ^ フランソワ・フェイト(著)、熊田亨(訳)『スターリン時代の東欧』(岩波書店、1979年)、202-204頁。矢田俊隆『世界現代史26 ハンガリー・チェコスロヴァキア現代史』(山川出版社、1978年)、279-281頁。
  5. ^ 金子新「西ドイツの建国とルール国際管理」(『敬愛大学国際研究』第14号)、5頁。
  6. ^ 萩原伸次郎「多国籍企業の投資動因と経済政策――アメリカ企業の行動を事例として」立命館大学国際関係学会『立命館国際研究』第19巻第3号、2006年、97頁。
  7. ^ 永田実 『マーシャル・プラン――自由世界の命綱』 中央公論社中公新書〉、1990年5月25日、124頁。ISBN 978-4121009715
  8. ^ 金子新「西ドイツの建国とルール国際管理」(『敬愛大学国際研究』第14号)、11頁。
  9. ^ 山極晃「1948年中国援助法の成立過程」(斎藤真、深谷満雄編『アメリカの対外政策決定と議会』(日本国際問題研究所、1965年))、119-120頁。
  10. ^ 島田巽『マーシャル・プラン』(朝日新聞社、1949年)、148頁。
  11. ^ 「ソ連進出の“防波堤” 対外援助法成立す 米大統領 署名・きょう発足」、1948年4月5日付朝日新聞(東京)1面(ワシントンにてハイタワー特派員3日発=AP特約)。
  12. ^ 島田巽『マーシャル・プラン』(朝日新聞社、1949年)、171頁。
  13. ^ Senato 18/04/1948 | Area ITALIA, Camera 18/04/1948 | Area ITALIA. Ministero dell'Interno.
  14. ^ 清水良三「ベルリン封鎖前後日誌」(『國士舘大學政經論叢』第69号、1989年)、36-37頁。
  15. ^ 清水良三「ベルリン封鎖前後日誌」(『國士舘大學政經論叢』第69号、1989年)、47-54頁。
  16. ^ 『索引政治経済大年表 年表編(下巻)』(東洋経済新報社、1971年)、203頁。