彫刻家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

彫刻家(ちょうこくか)とは、芸術家美術家のなかでも立体作品、造形物としての彫刻を作る人のことを称する。

造形手段として、金属等の素材を彫り込み、加工させ、立体物にしたり、模様を刻むなどして、素材に変化をくわえ芸術作品へと変貌させる。現代では独自の形態を持つオブジェなどを一定の空間内に配置し、空間的な美しさを表す作品が主流となっている。一部の作家は彫刻家とは名乗らず「空間造形作家」「立体アーティスト」と称する人もいる。一般的に単体のモチーフに媒体が木材、石材、金属を彫って作られたものを彫刻作品とするが、プラスチック素材、樹脂、繊維、紙などを用いる作品も多く、特定の素材や制作手法に偏る見方はない。

世界の彫刻家一覧[編集]

日本の彫刻家一覧[編集]

明治・大正[編集]

昭和[編集]

現代[編集]