レロン・リー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レロン・リー
Leron Lee
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ベーカーズフィールド
生年月日 1948年3月4日(66歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手指名打者
プロ入り 1966年 MLBドラフト1巡目
初出場 MLB / 1969年9月5日
NPB / 1977年4月2日
最終出場 MLB / 1976年10月3日
NPB / 1987年10月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

レロン・リーLeron Lee , 1948年3月4日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手外野手)。日本プロ野球ロッテオリオンズにも在籍した。

同時期に活躍したレオン・リーは実弟。甥(レオンの息子)はプロ野球選手のデレク・リー

来歴・人物[編集]

グランドユニオン高校を経て、1966年セントルイス・カージナルスと契約。1969年メジャー初昇格。打撃は平凡、守備もあまり上手くないとあって出番は少なく、サンディエゴ・パドレスクリーブランド・インディアンスロサンゼルス・ドジャースとチームを転々とする。メジャー時代の自己最高は、パドレスに在籍していた1972年打率.300、本塁打12本、打点47。

活躍の場を求め、1977年ロッテオリオンズに入団(以前ロッテに在籍していたジム・ラフィーバーの仲介による)。来日1年目から活躍し、本塁打王打点王の二冠に輝く。翌1978年には弟のレオン・リーを呼び、有藤道世落合博満らと強力クリーンアップを形成した。1987年シーズン限りで退団し、帰国。リーは指導者、あるいは解説者として日本に残ることを希望したが、どこからも誘いがなかったという。

通算打率(4000打数以上)では、日本プロ野球歴代1位の.320の成績を残している。日本球界に11シーズン在籍した中で、3割を超える打率を残した回数は9回。1982年にも規定打席不足ながら.326の打率を残しており、これを含めるとすれば、3割を切ったのは退団した1987年のみである。通算安打1579本は2008年タフィ・ローズに抜かれるまで、外国人選手として21年間歴代最多を誇った。

2013年、パ・リーグの企画「レジェンド・シリーズ2013」のため来日[1]。8月31日の千葉ロッテマリーンズ北海道日本ハムファイターズ戦の始球式に打者として登場した。ロッテの打撃コーチの堀幸一が投手となり、結果はピッチャーフライだった[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1969 STL 7 26 23 3 5 1 0 0 6 0 0 0 0 0 3 0 0 8 0 .217 .308 .261 .569
1970 121 294 264 28 60 13 1 6 93 23 5 1 1 4 24 4 1 66 4 .227 .290 .352 .642
1971 25 32 28 3 5 1 0 1 9 2 0 1 0 0 4 0 0 12 2 .179 .281 .321 .603
SD 79 275 256 29 70 20 2 4 106 21 4 5 1 0 18 4 0 45 4 .273 .321 .414 .735
'71計 104 307 284 32 75 21 2 5 115 23 4 6 1 0 22 4 0 57 6 .264 .317 .405 .722
1972 101 405 370 50 111 23 7 12 184 47 2 5 0 3 29 4 3 58 9 .300 .353 .497 .850
1973 117 369 333 36 79 7 2 3 99 30 4 0 0 2 33 3 1 61 9 .237 .306 .297 .604
1974 CLE 79 248 232 18 54 13 0 5 82 25 3 2 1 0 15 2 0 42 8 .233 .279 .353 .633
1975 13 26 23 3 3 1 0 0 4 0 1 0 0 0 2 0 1 5 0 .130 .231 .174 .405
LAD 48 47 43 2 11 4 0 0 15 2 0 0 0 1 3 1 0 9 0 .256 .298 .349 .647
'75計 61 73 66 5 14 5 0 0 19 2 1 0 0 1 5 1 1 14 0 .212 .274 .288 .562
1976 23 47 45 1 6 0 1 0 8 2 0 0 0 0 2 1 0 9 1 .133 .170 .178 .348
1977 ロッテ 124 512 467 74 148 30 3 34 286 109 9 10 0 6 36 5 3 106 4 .317 .365 .612 .978
1978 126 514 461 76 146 22 0 30 258 88 3 5 1 3 41 16 8 86 6 .317 .380 .560 .940
1979 126 516 471 79 157 28 3 28 275 95 2 1 0 2 38 8 5 61 8 .333 .388 .584 .971
1980 127 530 489 88 175 15 1 33 291 90 1 0 0 5 33 9 3 58 9 .358 .398 .595 .993
1981 125 501 447 58 135 11 2 19 207 71 5 2 0 3 48 3 3 57 8 .302 .371 .463 .834
1982 84 362 322 53 105 11 0 15 161 60 1 0 0 1 36 5 3 37 9 .326 .398 .500 .898
1983 126 524 479 71 152 26 1 25 255 82 2 1 0 3 41 3 1 63 15 .317 .370 .532 .903
1984 129 553 485 84 150 23 2 31 270 88 5 2 1 2 58 3 7 62 11 .309 .389 .557 .946
1985 115 510 451 87 148 21 1 28 255 94 1 1 1 4 48 0 6 53 11 .328 .397 .565 .962
1986 129 541 483 75 160 18 0 31 271 94 1 1 0 3 53 1 2 55 25 .331 .397 .561 .958
1987 104 422 379 41 103 15 0 9 145 41 3 1 0 2 41 11 0 52 9 .272 .341 .383 .724
MLB:8年 613 1769 1617 173 404 83 13 31 606 152 19 14 3 10 133 19 6 315 37 .250 .307 .375 .682
NPB:11年 1315 5485 4934 786 1579 220 13 283 2674 912 33 24 3 34 473 64 41 690 115 .320 .382 .542 .924
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPB歴代最高

タイトル[編集]

NPB

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB初記録
  • 初出場・初先発出場:1977年4月2日、対近鉄バファローズ前期1回戦(宮城球場)、4番・指名打者として先発出場
  • 初安打・初本塁打・初打点:1977年4月3日、対近鉄バファローズ前期2回戦(宮城球場)、6回裏に柳田豊からソロ
NPB節目の記録
NPBその他の記録

背番号[編集]

  • 37 (1969年 - 1971年途中)
  • 24 (1971年途中 - 1973年)
  • 22 (1974年 - 1975年途中)
  • 9 (1975年途中 - 1976年)
  • 5 (1977年 - 1987年)

関連情報[編集]

[編集]

  • 「ベースボール・ブギー」(弟のレオン・リーと共演、リー・ブラザース名義)

脚注[編集]

  1. ^ 千葉ロッテマリーンズ イベント 2013年8月28日配信 レジェンド・シリーズ始球式に村田兆治氏、レロン・リー氏、有藤通世氏が登場!!
  2. ^ サンケイスポーツ』 2013.8.31 20:27 元ロッテのレロン・リー氏が始球式に登場

関連項目[編集]

外部リンク[編集]