大杉勝男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Camera-photo Upload.svg
大杉 勝男
px
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県勝田郡奈義町
生年月日 1945年3月5日
没年月日 1992年4月30日(満47歳没)
身長
体重
181 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 1965年
初出場 1965年4月20日
最終出場 1983年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1997年
選出方法 競技者表彰

大杉 勝男(おおすぎ かつお、1945年3月5日 - 1992年4月30日)は、岡山県勝田郡奈義町出身のプロ野球選手内野手)。

通算本塁打数・通算打点数共に歴代9位。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

3兄弟の次男として生まれ、4歳年上の兄に影響されて野球を始めた。その後、兄と父を病で亡くす。白血病で亡くした兄の「兄の姿を甲子園に再現させて下さい」という願いを叶えることと、自身も兄の出場した甲子園に憧れ、野球に本格的に打ち込むようになった。関西高校に入学し、野球部に入部。1年でありながら真っ先にレギュラーを獲得した。しかし甲子園に出場することは叶わなかった。高校卒業後、丸井に就職し、社会人野球チームに入るが、入部1年目で野球部が解散する。

1965年、社会人野球時代の監督の勧めで東映フライヤーズの入団テストを受ける。テストでは全く力を発揮できず、球団幹部は獲得に難色を示した。しかし、当時の東映の打撃コーチの藤村富美男が才能を見出し、「東映が獲らないなら、私が阪神に推薦しますが、それでも構いませんか。」と東映の監督・水原茂に問い詰めると、「お前がそこまで言うのだから、さぞ凄い打者なんだろう」と水原は大杉の獲得を決意。入団に至った[1]

現役時代[編集]

監督の水原は大杉を入団1年目から積極的に起用し、2年目には101試合の出場で打率.269を記録。3年目の1967年よりレギュラーに定着し、全試合に出場して打率.291・27本塁打・81打点の成績を残すが、リーグ最多の107三振を喫した。

1968年も荒い打撃と三振が目立ち、本塁打は出るものの低打率に苦しむ。転機となったのは同年9月6日のオリオンズ戦、第4打席まで無安打と結果を残せないまま試合は1対1のまま延長戦に突入し、延長11回裏に打席が回ってきた大杉に、東映の打撃コーチだった飯島滋弥は「月に向かって打て!」というアドバイスを送った。このアドバイスはアッパースイングで振り遅れが目立った大杉の打撃を端正しようとしたときに出たもので、弾丸ライナーを打つのにちょうど良い位置に月があったため、そのように表現したという。アドバイスを受けた直後の打席では右飛に終わったものの、この言葉で大杉は打撃のコツをつかみ、翌年からリーグを代表する強打者へと成長した。

1969年からは三振も減り、6年連続30本塁打1970年からは3年連続40本塁打を放った。1970年には自己最高となる打率.339・44本塁打・129打点、日本記録となるシーズン15犠飛を記録。同年と1971年には2年連続本塁打王のタイトルを獲得する。1970年と1972年には打点王を獲得し、張本勲との3、4番コンビはOH砲と呼ばれた。

1972年5月に月間15本塁打を達成。同年7月11日の対南海ホークス戦で大杉は初回に26号本塁打を放つものの、降雨ノーゲームとなり、幻の本塁打となった。最終的に長池徳二阪急ブレーブス)に本塁打1本差の2位。打点は野村克也(南海)と同点1位に終わった。

1974年は不振に陥り、打率.234と成績が低迷。球団の親会社が前年オフに日本ハムに変わり、東映カラーの払拭を目指すフロントは主力選手の大量放出を断行する。大杉も1975年ヤクルトスワローズ内田順三小田義人との交換トレードで移籍した。

移籍1年目は監督の荒川博の指導が合わず[1]、打率.237と結果を残せなかった。その後に猛練習を重ね、2年目の1976年に打率.300・29本塁打・93打点の好成績を残す。1977年からは広岡達朗が監督に就任し、以降は大杉も東映時代の振り回す打撃から確実性を意識した打撃に変更した。同年は打率.329・31本塁打・104打点を記録した。

1978年には開幕から4番打者を務めて打線を引っ張り、チームも開幕から129試合連続得点という記録を打ち立てた。同年は打率.327・30本塁打・97打点を記録する活躍を見せて球団のリーグ初優勝に貢献。阪急との日本シリーズでは第7戦、6回裏に足立光宏からレフトポール際に本塁打を放った。この判定を巡って阪急の監督の上田利治が猛抗議。1時間19分も試合が中断するも、判定は覆らなかった。抗議されたことに怒った大杉は、次の8回裏2アウトで迎えた第4打席で山田久志から文句なしの本塁打を放ち、チームは日本一となった。この2打席連続本塁打で大杉は第2戦・第5戦の本塁打と合わせて長嶋茂雄のシリーズ4本塁打の記録に並び、同じく長嶋のシリーズ記録であった9打点を更新する10打点を残し、シリーズMVPを獲得した。

1981年には打率.343を記録するも、首位打者には及ばなかった。1983年6月3日、史上初の両リーグ1000本安打を達成。両リーグ200本塁打の記録もあと1本まで迫っていたが(通算本塁打はパ・リーグで287本、セ・リーグで199本)、持病の不整脈が悪化し、夫人が入院生活を送っていたこともあり、同年限りでの現役引退を表明した。引退試合の挨拶で「最後に、わがまま気ままなお願いですが、あと1本と迫っておりました両リーグ200号本塁打、この1本をファンの皆様の夢の中で打たして頂きますれば、これにすぐる喜びはございません」という言葉を残した。また引退会見の席では「さりし夢 神宮の杜に かすみ草」という句を詠んでいる。

引退後[編集]

引退後は1984年から1989年までフジテレビニッポン放送野球解説者を務め、1990年横浜大洋ホエールズの打撃コーチに就任した。1991年、ガンに侵されていることが判明し、退団。

1992年4月30日肝臓ガンで死去。47歳没。名球会会員最初の物故者となった。

1997年野球殿堂入りした。

人物[編集]

現役時代はファンサービスに積極的で、本塁打を打った後に観客に向けて投げキッスをするなどのパフォーマンスを行っていた。また、愛妻家であり、生前書いていた日記のほとんどは夫人にあてたもので、スランプに陥れば妻も世間から責められるからと奮起したり、ヤクルトが初優勝した時は他の選手と違い、真っ先に夫人の待つ家に帰ったりしている。

グラウンド上では喧嘩っ早く、乱闘では相手選手に殴りかかることが度々あった。1970年の西鉄戦では、西鉄の攻撃時、西鉄の2塁走者のカール・ボレスが左中間のフライでタッチアップした際に2塁のベースカバーに入った大杉がボレスと接触した。この接触が余りにも激しかったため、大杉は激怒し、ボレスに掴み掛った。ボレスも応戦して大杉に殴りにかかったが、大杉は回避して逆に右拳でボレスを殴り、昏倒させている。 また1978年の巨人戦、両軍入り乱れての乱闘の際には、当時の巨人の監督である長嶋茂雄にも殴り掛かって一発加えている。大杉自身は乱闘の際に興奮しすぎて、長嶋に殴り掛かったことは覚えていないという。

持論は「挨拶の出来ない奴は伸びない」であり、「挨拶の出来ない奴は大抵、2流か3流で終わる」と指摘している[2]

同僚の張本勲は、新人の頃の打者としての大杉について、「頭と手足がやたらデカく脚が遅い。そのクセやたら軽いバットを振り回している。 首脳陣や選手たちは『コイツはダメだ』と諦めていたが、よく見ると、バッティングが物凄いことに気づいた。 高い位置にボールが来たときは、無理のないアッパースイング。腰の位置にボールが来たときは、自然なレベルスイングで捌き、低い位置に来たときは、腰を落として綺麗に払ってゆく。しかもバットのトップ位置が変わらない。これには仰天した」、「初めて大杉のバッティングを見たときに、非凡なものを感じた。ボールの飛び方というか伸び方が非常に良い。ライナー性がグンと勢い良く伸びる。 何故かと思って、6年目の私は、新人の大杉のバッティングを良く観察した。 すると、バットの出方が投手で言うとスリークォーターの出方で、コース・高低に関わらず、その出方は変わらない。コイツはとんでもないバッターだと感じた。この非凡さは、落合博満を初めて見たときに感じたものと同じだった。」と語っており、「私と大杉はライバルと言ってよい。互いに切磋琢磨し打撃論を交わし、時には喧嘩にもなった。私が当時(1970年)の最高打率を残せたのも、大杉がいたからこそ。私達はお互いを尊敬しつつ認め合った」と述懐している[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1965 東映
日拓
日本ハム
60 113 104 7 20 5 1 1 30 13 0 1 1 2 5 0 1 23 3 .192 .232 .288 .521
1966 101 203 186 29 50 6 1 8 82 28 1 0 2 3 7 0 5 29 1 .269 .308 .441 .749
1967 134 552 491 64 143 25 1 27 251 81 1 4 4 3 46 4 8 107 11 .291 .359 .511 .871
1968 133 536 476 76 114 17 1 34 235 89 4 6 1 3 51 7 5 106 15 .239 .318 .494 .811
1969 130 548 495 71 141 22 2 36 275 99 3 3 0 3 43 9 7 77 16 .285 .349 .556 .904
1970 130 556 492 84 167 27 2 44 330 129 5 4 0 15 44 1 5 61 18 .339 .388 .671 1.059
1971 130 562 489 74 154 17 1 41 296 104 7 8 0 4 63 18 6 65 15 .315 .397 .605 1.002
1972 130 559 492 81 145 18 1 40 285 101 0 1 0 2 57 9 8 58 21 .295 .376 .579 .955
1973 130 548 478 74 129 14 1 34 247 85 3 1 0 7 59 2 4 56 21 .270 .350 .517 .867
1974 130 521 461 54 108 14 0 22 188 90 4 2 0 8 48 7 4 73 12 .234 .307 .408 .715
1975 ヤクルト 115 431 389 42 92 9 1 13 142 54 1 3 3 4 30 1 5 64 13 .237 .297 .365 .662
1976 121 466 423 62 127 21 1 29 237 93 0 3 0 3 35 2 5 43 19 .300 .358 .560 .919
1977 123 505 453 62 149 19 1 31 263 104 0 2 0 8 37 9 7 65 16 .329 .382 .581 .963
1978 125 516 462 73 151 17 0 30 258 97 0 2 0 3 47 4 4 51 27 .327 .391 .558 .950
1979 118 456 413 46 100 18 0 17 169 68 1 1 0 2 38 1 3 74 10 .242 .309 .409 .718
1980 118 462 425 52 128 19 1 21 212 82 0 3 0 7 27 2 3 42 14 .301 .342 .499 .841
1981 120 453 414 59 142 21 2 20 227 78 1 3 0 4 33 8 2 43 12 .343 .391 .548 .939
1982 88 324 298 30 84 11 0 17 146 59 1 0 0 4 22 3 0 39 11 .282 .327 .490 .817
1983 99 349 322 40 84 6 2 21 157 53 0 0 0 1 23 5 3 40 11 .261 .315 .488 .803
通算:19年 2235 8660 7763 1080 2228 306 19 486 4030 1507 32 47 11 86 715 92 85 1116 266 .287 .350 .519 .869
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPBにおける歴代最高
  • 東映(東映フライヤーズ)は、1973年に日拓(日拓ホームフライヤーズ)に、1974年に日本ハム(日本ハムファイターズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

  • 本塁打王:2回 (1970年、1971年)
  • 打点王:2回 (1970年、1972年)
  • 最多安打(当時連盟表彰なし):1回 (1971年) ※1994年より表彰

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:1969年9月23日、対南海ホークス17回戦(大阪球場)、2回表に皆川睦雄からソロ ※史上54人目
  • 150本塁打:1970年10月19日、対阪急ブレーブス25回戦(阪急西宮球場)、8回表に米田哲也から左越3ラン ※史上28人目
  • 200本塁打:1972年5月13日、対ロッテオリオンズ4回戦(後楽園球場)、4回裏に木樽正明から左中間へソロ ※史上18人目
  • 1000試合出場:1973年6月23日、対阪急ブレーブス前期11回戦(阪急西宮球場)、5番・一塁手として先発出場 ※史上166人目
  • 1000本安打:1973年8月2日、対阪急ブレーブス後期3回戦(阪急西宮球場)、1回表に米田哲也から左越先制2ラン ※史上83人目
  • 250本塁打:1973年8月9日、対南海ホークス後期3回戦(大阪球場)、8回表に村上雅則から左越3ラン ※史上10人目
  • 300本塁打:1975年10月11日、対広島東洋カープ25回戦(広島市民球場)、7回表に佐伯和司から先制ソロ ※史上9人目
  • 1000打点:1977年6月5日、対中日ドラゴンズ7回戦(ナゴヤ球場)、4回表に松本幸行から右前2点適時打 ※史上11人目
  • 1500試合出場:1977年6月22日、対中日ドラゴンズ10回戦(明治神宮野球場)、5番・一塁手として先発出場 ※史上55人目
  • 350本塁打:1977年8月11日、対大洋ホエールズ17回戦(明治神宮野球場)、1回裏に間柴茂有から左越3ラン ※史上8人目
  • 1500本安打:1977年8月25日、対阪神タイガース21回戦(岡山県野球場)、1回表に益山性旭から左前適時打 ※史上33人目
  • 3000塁打:1978年7月28日、対中日ドラゴンズ14回戦(ナゴヤ球場)、8回表に松本幸行からソロ ※史上14人目
  • 400本塁打:1979年7月28日、対中日ドラゴンズ14回戦(明治神宮野球場)、1回表に星野仙一から右越2ラン ※史上6人目
  • 3500塁打:1980年10月19日、対中日ドラゴンズ23回戦(草薙球場)、5回裏に佐藤政夫から単打 ※史上10人目
  • 1000三振:1981年5月2日、対広島東洋カープ4回戦(広島市民球場)、8回表に小川邦和から ※史上7人目
  • 2000本安打:1981年7月21日、対中日ドラゴンズ16回戦(ナゴヤ球場)、1回表に小松辰雄から左中間へ先制適時二塁打 ※史上14人目
  • 2000試合出場:1981年7月31日、対横浜大洋ホエールズ15回戦(明治神宮野球場)、4番・一塁手として先発出場 ※史上16人目
  • 450本塁打:1982年5月11日、対横浜大洋ホエールズ6回戦(横浜スタジアム)、6回表に遠藤一彦から左越逆転決勝3ラン ※史上5人目
  • 300二塁打:1982年8月19日、対中日ドラゴンズ16回戦(明治神宮野球場)、3回裏に中田宗男から左翼線二塁打 ※史上22人目
  • 4000塁打:1983年8月4日、対広島東洋カープ17回戦(広島市民球場)、3回表に津田恒実から左中間へ2ラン ※史上7人目
  • 1500打点:1983年8月21日、対広島東洋カープ20回戦(明治神宮野球場)、6回裏に池谷公二郎から左越2ラン ※史上5人目
その他の記録
  • オールスターゲーム出場:8回 (1967年、1969年、1970年、1972年 - 1974年、1977年、1981年) ※但し選出は9回(1980年は風邪のため辞退)
  • 6試合連続本塁打:1973年10月2日 - 10月9日 ※パ・リーグタイ記録
  • 5試合連続本塁打:1969年6月20日 - 6月26日
  • 月間本塁打15本:1972年5月
  • シーズンサヨナラ安打:5 (1969年) ※プロ野球タイ記録
  • シーズンサヨナラ本塁打:3 (1969年) ※パ・リーグタイ記録
  • シーズン最多犠飛:15 (1970年)※プロ野球記録
  • 日本シリーズ4本塁打:1978年 ※シリーズタイ記録
  • 日本シリーズ10打点:1978年 ※シリーズ記録
  • 40本塁打3回(3年連続)
  • 30本塁打8回(6年連続)
  • 100打点4回(3年連続)
  • 80打点12回(8年連続)
  • セ・パ両リーグ1000本安打:1983年6月3日 、対中日ドラゴンズ19回戦(明治神宮野球場)、4回裏に鈴木孝政から左前安打 ※史上初
  • セ・パ両リーグ1000試合出場:1983年 ※史上初
  • セ・パ両リーグ2試合5本塁打:1970年8月6日阪急戦3本・8日南海戦2本、1983年6月17日阪神戦2本・18日阪神戦3本
  • 890試合連続出場:1968年9月21日 - 1975年8月20日

背番号[編集]

  • 51 (1965年 - 1972年、1974年)
  • 3 (1973年)
  • 8 (1975年 - 1983年)
  • 88 (1990年 - 1991年)

関連情報[編集]

著書[編集]

  • 『サムライたちのプロ野球:プロ野球における監督と選手の研究』(徳間書店、1984年6月、ISBN 4195029295
  • 『大杉勝男のバット人生:アイ・ラブ・素敵な野球野郎たち』(リイド社、1984年1月、ISBN 4947538422
  • 『ヤクルトスワローズ』(1986年)

関連書籍[編集]

  • 『大杉勝男:神宮に咲いたかすみ草』(奥田益也原作、高橋達央作画、ぎょうせい(名球会comics 6)、1992年11月、ISBN 4324026351

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『大杉勝男のバット人生』
  2. ^ 『サムライたちのプロ野球:プロ野球における監督と選手の研究』
  3. ^ 『別冊宝島 珠玉の好敵手』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]