死球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
死球を受ける打者、藤井淳志
死球を受ける打者、ジョー・クリーディ

死球(しきゅう、: Hit by pitch)とは、野球において投手の投げたボール打者に当たった結果、打者に一塁が与えられることである。日本ではデッドボール和製英語)とも呼ばれる[1]

概説[編集]

投手の投球が打者に触れた場合、球審はボールデッドのジェスチャー(両手を上方に広げる、ファウルボールと同じジェスチャー。デッドボールとは主旨が異なる)をしてプレイを停止する(公認野球規則5.09(a))。ここで「投球が打者に触れる」とは、適正に着用された打者のユニフォームをかすった場合や、バウンドした投球が打者に触れた場合も含まれる。

そのうえで、球審が次のいずれにも該当しないと判断した場合、死球が宣告され打者に一塁が与えられる(公認野球規則2.73(e)および6.08(b))。

  • 打者がバットを振っている(バントも含まれる)場合。ストライクが宣告される。
  • バウンドしない投球がストライクゾーンを通過している場合。ストライクが宣告される。
  • 打者が避けようとせずにボールに当たった場合。ボールが宣告される。ただし、球審が避けられないと判断した場合は除く。

死球が認められる場合、球審はボールデッドのジェスチャーをし、必要に応じてボールが当たった箇所を示す(ノーボイス)。これにより打者は一塁への安全進塁権を得る。また、打者が一塁に進んだことで押し出される走者に限り、次の塁へ進む権利を得る(満塁の場合、三塁走者は本塁へ進む。いわゆる「押し出し」)。なお、投球が打者に触れた時点でボールデッドとなるため、次の塁を与えられた走者以外は進塁を試みることは認められず、盗塁を試みていても元の塁に戻される。

ビーンボール[編集]

死球のリスクをともなう一方で、投手が打者に近いコースを狙って投球することは野球における戦術のひとつである(内角攻め)[2]アメリカ合衆国では打者の頭部を狙う投球を「ビーンボール(beanball)」と呼び(beanは古い英語のスラングで頭を指す)、打者を仰け反らせることを意図した投球である「ブラッシュバック・ピッチ(brush-back pitch)」とは区別している。しばしばビーンボールを投じる投手は「ヘッドハンター(head hunter)」と呼ばれる。日本ではこれらを区別せず、打者を狙った投球を一般にビーンボールと呼んでいる。

また、野球の不文律を破った選手に対して制裁として故意に死球が投じられることがある。この場合は頭部ではなく、より危険の少ない背中や足(アキレス腱以外)などが狙われる[3]

事故例[編集]

1920年に投球を頭部に受けて亡くなったレイ・チャップマン

日本プロ野球[編集]

メジャーリーグベースボール[編集]

日本プロ野球における危険球[編集]

公認野球規則では8.02(d)において、投手は打者を狙って投球することが禁じられており、「これを投球した投手およびそのチームの監督には、審判員により退場を宣告もしくは同様の行為をもう一度行った場合は即刻退場させる旨の警告が発せられる」と定められている。この場合、打者に投球が当たったか否かは問わず、審判は自身の判断で投手(または投手と監督)を退場させることができる。

日本野球機構ではこれとは別に、セ・パ両リーグのアグリーメント39条に危険球についての規定を置いている[10][11]。これによれば、「投手の投球が打者の顔面、頭部、ヘルメット等に直接当たり、審判員がその投球を危険球と判断したとき、その投手は即退場となる」とされている。また、「危険球」とは「打者の選手生命に影響を与える、と審判員が判断したものをいう」と定義されている。なお、頭部に投球が当たった場合でも緩い変化球などでそれが危険球ではないと判断された場合は、投手は即退場にはならず、警告が発せられる。この場合、次にいずれかのチームの投手が頭部付近への投球を行えば退場を命じられる。退場の記録はその試合が雨などでノーゲームになっても残る[12]

危険球制度が導入されたきっかけは、1994年5月11日にヤクルトスワローズ読売ジャイアンツ(巨人)戦で発生した死球合戦と乱闘騒ぎである。事態を重く見たセントラル・リーグは緊急理事会を開き、さしあたって「故意・過失を問わず頭部に死球を与えた投手は退場」というアグリーメントを新規に設けた(最初の適用者は中日ドラゴンズ郭源治)。一方でパシフィック・リーグでは、審判がそれまで以上に厳しいルールの運用をするという見解にとどめた。両リーグの違いの一例として、1999年4月9日に巨人・村田真一横浜ベイスターズ斎藤隆から顔面に死球を受けた際、斎藤は即退場となったが、同年の9月8日に福岡ダイエーホークス秋山幸二西武ライオンズ松坂大輔から顔面に死球を受けた際は、松坂は警告処分のみ発せられた。セ・パ共通の現行のルールになったのは2002年からである(最初の適用者はセでは巨人・三浦貴、パでは2003年のダイエー・吉武真太郎)。

前述のとおり、最初の危険球で警告となるか即退場となるかは球審の裁量に委ねられるが、従来から一度でも危険球を投げた場合は即退場としていたセ・リーグでは現在でも即退場となる場合が多く、対照的に警告後退場のルールを運用していたパ・リーグでは即退場処分が少ない傾向にある[要出典]。2005年5月13・14日に行われた西武ライオンズ対巨人(インボイスSEIBUドーム)の試合では、両日2戦合わせて6個の死球が出たことから、審判団が15日の第3回戦を「パ・リーグ アグリーメント」に基づいて「警告試合」とし、この試合で死球を与えた投手は即刻退場、また意図的にぶつけたなど悪質な場合はそのチームの監督も退場にするという警告を両チームに発した。

なお、2009年シーズン終了時点で、危険球による退場の最多記録は桑田真澄浅尾拓也の3度である。桑田は1995年、1999年、2005年に1度ずつ記録したものに対し、浅尾は全て2008年の記録である。

プロ初登板で危険球退場になったのは、2005年9月1日の小林正人(中日)、2010年4月18日の矢地健人(中日)である。また1球で危険球退場になった投手として、2006年6月17日の高井雄平東京ヤクルトスワローズ)、2009年4月30日の岩瀬仁紀(中日)[13]2009年8月2日の有銘兼久東北楽天ゴールデンイーグルス)、2010年9月16日の甲藤啓介(ソフトバンク)、2011年4月24日の松井光介(ヤクルト)等がいる。2012年の日本シリーズ第5戦では多田野数人北海道日本ハムファイターズ)が日本シリーズでは初めてとなる危険球退場の処分を受けている[14]。 また、渡辺俊介千葉ロッテマリーンズ)は2006年4月29日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で、6回までノーヒットノーランピッチングを続けていたものの、7回先頭の鉄平に2打席連続の死球となる頭部に死球を与えてしまい、危険球による退場処分を受け、アクシデント以外では非常に珍しい被安打0での降板かつ退場処分ながら勝利投手という珍記録を樹立した。

与死球[編集]

与死球(よしきゅう)は、投手が打者に死球を与えることで、投手に付けられる記録である。

上記の要領で打者に死球が記録されると同時に、投手には与死球が記録される。対戦打者の死球と対戦投手の与死球は必ず同数になる。

死球数に関する記録[編集]

日本プロ野球[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 死球 順位 選手名 死球
1 清原和博 196 11 松中信彦 117
2 竹之内雅史 166 12 加藤俊夫 116
3 衣笠祥雄 161 13 王貞治 114
4 井上弘昭 137 14 城島健司 113
5 稲葉篤紀 136 15 谷繁元信 112
6 井口資仁 134 16 古田敦也 111
7 田淵幸一 128 17 グレッグ・ラロッカ 109
8 野村克也 122 18 中島裕之 108
9 阿部慎之助 119 19 田宮謙次郎 104
10 村田修一 118 高橋由伸
  • 記録は2013年シーズン終了時点[15]

シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 死球 記録年 備考
1 グレッグ・ラロッカ オリックス・バファローズ 28 2007年 パ・リーグ記録
2 岩本義行 大洋ホエールズ 24 1952年 セ・リーグ記録
3 グレッグ・ラロッカ 広島東洋カープ 23 2004年
アーロン・ガイエル 東京ヤクルトスワローズ 2007年
5 城島健司 福岡ダイエーホークス 22 2004年
渡辺直人 東北楽天ゴールデンイーグルス 2008年
7 グレッグ・ラロッカ 東京ヤクルトスワローズ 20 2006年
8 三村敏之 広島東洋カープ 19 1972年
フリオ・ズレータ 福岡ダイエーホークス 2004年
飯原誉士 東京ヤクルトスワローズ 2010年
糸井嘉男 北海道日本ハムファイターズ 2011年
アーロム・バルディリス オリックス・バファローズ 2011年
  • 記録は2013年シーズン終了時点[16]

その他の記録[編集]

チーム1試合記録
チーム 死球数 記録日 対戦相手
日本ハムファイターズ 7 1979年5月12日 ロッテオリオンズ
個人1試合記録
選手名 所属球団 死球数 記録日 対戦相手
竹之内雅史 西鉄ライオンズ 3 1970年5月24日 阪急ブレーブス
関本賢太郎 阪神タイガース 2008年9月10日 東京ヤクルトスワローズ
個人1イニング記録
選手名 所属球団 死球数 記録日 対戦相手 イニング
衣笠祥雄 広島東洋カープ 2 1976年8月31日 中日ドラゴンズ 3回表
アーロン・ガイエル 東京ヤクルトスワローズ 2007年8月1日 阪神タイガース 5回表
平野恵一 阪神タイガース 2010年8月25日 広島東洋カープ 7回裏

メジャーリーグベースボール[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 死球 順位 選手名 死球
1 ヒューイー・ジェニングス 287 11 アンドレス・ガララーガ 178
2 クレイグ・ビジオ 285 12 ジェイソン・ジアンビ 175
3 トミー・タッカー 272 13 カート・ウェルチ 173
4 ドン・ベイラー 267 14 カルロス・デルガド 172
5 ジェイソン・ケンドール 254 15 アレックス・ロドリゲス 167
6 ロン・ハント 243 16 キッド・エルバーフェルト 165
7 ダン・マッギャン 230 17 デレク・ジーター 163
8 フランク・ロビンソン 198 18 フェルナンド・ビーニャ 157
9 ミニー・ミノーソ 192 19 ブラディ・アンダーソン 154
10 ジェイク・ベックリー 183 フレッド・クラーク
  • 記録は2013年シーズン終了時点[17]

シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 死球 記録年 備考
1 ヒューイー・ジェニングス ボルチモア・オリオールズ 51 1896年
2 ロン・ハント モントリオール・エクスポズ 50 1971年 ナ・リーグ記録
3 ヒューイー・ジェニングス ボルチモア・オリオールズ 46 1897年
ヒューイー・ジェニングス ボルチモア・オリオールズ 1898年
5 ダン・マッギャン ボルチモア・オリオールズ 39 1898年
6 ダン・マッギャン スーパーバスセネタース 37 1899年
7 カート・ウェルチ ボルチモア・オリオールズ 36 1891年
8 ドン・ベイラー ボストン・レッドソックス 35 1986年 ア・リーグ記録
9 カート・ウェルチ アスレチックス→オリオールズ 34 1890年
クレイグ・ビジオ ヒューストン・アストロズ 1997年
  • 記録は2013年シーズン終了時点[18]

与死球数に関する記録[編集]

日本プロ野球[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 与死球 順位 選手名 与死球
1 東尾修 165 11 村上雅則 113
2 渡辺秀武 144 12 小林繁 111
3 米田哲也 143 13 高橋一三 110
坂井勝二 14 小山正明 109
5 仁科時成 142 15 今井雄太郎 102
6 山田久志 135 16 若生忠泰 100
7 足立光宏 130 石井一久
8 村田兆治 124 18 野村収 99
9 佐々木宏一郎 122 北別府学
10 平松政次 120 20 高橋重行 98
  • 記録は2013年シーズン終了時点[19]

シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 与死球 記録年 備考
1 森安敏明 東映フライヤーズ 22 1968年 パ・リーグ記録
2 ジェレミー・パウエル 大阪近鉄バファローズ 21 2002年
3 河原明 西鉄ライオンズ 20 1970年
村上雅則 南海ホークス 1972年
小林繁 阪神タイガース 1980年 セ・リーグ記録
6 秋山登 大洋ホエールズ 19 1956年
渋谷幸春 中日ドラゴンズ 1971年
河原明 西鉄ライオンズ 1972年
仁科時成 ロッテオリオンズ 1979年
10 河原明 西鉄ライオンズ 18 1971年
高橋一三 日本ハムファイターズ 1976年
仁科時成 ロッテオリオンズ 1980年
仁科時成 ロッテオリオンズ 1981年
深沢恵雄 ロッテオリオンズ 1982年
ブライアン・バリントン 広島東洋カープ 2011年
  • 記録は2012年シーズン終了時点[20]

1試合記録[編集]

選手名 所属球団 与死球数 記録日 対戦相手
村上雅則 南海ホークス 5 1972年8月29日 西鉄ライオンズ

メジャーリーグベースボール[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 与死球 順位 選手名 与死球
1 ガス・ウェイング 277 11 クラーク・グリフィス 171
2 チック・フレーザー 219 12 サイ・ヤング 163
3 ピンク・ホーリー 210 13 ジム・バニング 160
4 ウォルター・ジョンソン 205 14 ロジャー・クレメンス 159
5 エディ・プランク 190 15 ノーラン・ライアン 158
ランディ・ジョンソン 16 ビック・ウィリス 157
7 ティム・ウェイクフィールド 186 17 バート・ブライレブン 155
8 トニー・マレーン 185 18 ドン・ドライスデール 154
9 ジョー・マクギニティ 179 19 アドニス・テリー 148
10 チャーリー・ハフ 174 バート・カンニンガム
  • 記録は2013年シーズン終了時点[21]

シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 与死球 記録年
1 フィル・ネル コロンバス・ソロンズ 54 1891年
2 フランク・フォアマン ワシントン・ステイツメン 43 1891年
3 ガス・ウェイング フィラデルフィア・アスレチックス 42 1888年
4 フランク・フォアマン ボルチモア・オリオールズ 40 1889年
ジョー・マクギニティ ブルックリン・スーパーバス 1900年
6 ダニー・フレンド シカゴ・コルツ 39 1896年
7 ガス・ウェイング フィラデルフィア・アスレチックス 37 1887年
エド・ヘイニー ニューヨーク・ジャイアンツ 1899年
9 ウィル・ホワイト シンシナティ・レッドストッキングス 35 1884年
10 ガス・ウェイング フィラデルフィア・アスレチックス 34 1889年

脚注[編集]

  1. ^ なお、アメリカで「デッドボール」といえば1900年代1910年代に広く用いられていた「飛ばないボール」のことを指し、実際この時代は「デッドボール時代」と呼ばれている。
  2. ^ 内角攻めた!危険球ショック払しょく山口 nikkansports.com 2012年8月5日
  3. ^ 新井良ガッツポーズに“報復死球” 東スポweb 2012年08月03日
  4. ^ 【8月4日】1979年(昭54) “赤鬼”マニエル、“アメフット”スタイルで復活 nikkansports.com
  5. ^ THE MAYS/CHAPMAN INCIDENT The IncidentPrelude” (英語). TheDeadballEra.com. 2014年1月22日閲覧。
  6. ^ Major leaguers who died in-season” (英語). ESPN.com. 2014年1月22日閲覧。
  7. ^ a b Beanballs are dangerous and unnessasary” (英語). Examiner.com. 2014年1月21日閲覧。
  8. ^ a b 伊東一雄. メジャー・リーグ紳士録. ベースボール・マガジン社. p. 90-91. 
  9. ^ Return From The Dark” (英語). Sports Illustrated. 2014年1月22日閲覧。
  10. ^ Q&A 危険球についての定義を教えて下さい。 npb.or.jp
  11. ^ 多田野“危険球”で退場…加藤にはハムファンからブーイング Sponichi Annex 2012年11月1日
  12. ^ 【ソフトB】試合不成立でも大場退場成立 nikkansports.com 2011年9月19日
  13. ^ あ!危険球 中日岩瀬1球で退場 nikkansports.com 2009年5月1日
  14. ^ 【日本ハム】多田野日本S初の危険球退場」 nikkansports.com 2012年11月1日
  15. ^ 歴代最高記録 死球 【通算記録】
  16. ^ 歴代最高記録 死球 【シーズン記録】
  17. ^ Career Leaders & Records for Hit By Pitch” (英語). Baseball-Reference.com. 2012年4月28日閲覧。
  18. ^ Single-Season Leaders & Records for Hit By Pitch” (英語). Baseball-Reference.com. 2012年4月28日閲覧。
  19. ^ 歴代最高記録 与死球 【通算記録】
  20. ^ 歴代最高記録 与死球 【シーズン記録】
  21. ^ Career Leaders & Records for Hit By Pitch” (英語). Baseball-Reference.com. 2012年4月28日閲覧。
  22. ^ Single-Season Leaders & Records for Hit By Pitch” (英語). Baseball-Reference.com. 2012年4月28日閲覧。

関連項目[編集]