犠牲バント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
犠牲バントを試みる打者

犠牲バント(ぎせいバント)とは、野球で、打者アウトになる代わりに、走者を進塁させることを目的としたバントのことである。公認野球規則10.08により定められている。英語ではSacrifice buntという。

走者を次塁に「送る」ことから送りバントとも呼ばれる。また、三塁走者を本塁に生還させる犠牲バントは特にスクイズプレイと呼ばれる。

概要[編集]

歴史は古く、1860年代にブルックリン・アトランティックスの中心選手として活躍していたディッキー・ピアスが最初に犠牲バントを行っていたとされている[1]

犠牲バントが用いられる状況は走者一塁、あるいは走者二塁(一塁・二塁を含む)の場合である。前者の場合は一塁線を狙って打球を転がすのがセオリーであり、後者の場合は三塁線に転がすべきとされる[2]。適切にバントが行われた場合、塁上の走者は打者走者が一塁でアウトになる間に進塁する。犠牲バントが予想される局面では守備側は必要に応じてバントシフトを敷いて対処する。なお、犠牲バントの打球にはインフィールドフライは宣告されないため、敢えて打球を落とし、併殺を狙う場合もある。

広義の犠打であり、記録上の用語としても犠打が用いられる。犠打は、バントをした結果塁上の走者が進塁し、打者が一塁に達する前にアウトになったときに記録され、その打席は打数に含まれない。しかし、打者がセーフティバントを狙って結果的に送りバントの形になった場合は打数がカウントされる。また、打者走者をアウトにできるにもかかわらず、守備側が先行する走者をアウトにしようと試みて失敗し、誰もアウトにならなかった場合には、犠打と野選が記録される。守備側が失策し誰もアウトにならなかった場合、失策がなくても走者が進塁できたと記録員が判断すれば、犠打と失策が記録される。

送りバントが成功すれば、走者を得点圏(二塁や三塁)に進めたうえ、内野ゴロ等の凡打による併殺のリスクを回避できる。その一方で、守備側にアウトを一つ与えるというデメリットもある。ここから主に僅差の試合や、投手など安打を期待できない打者の打席で用いられる。しかし、どうしても1点が必要な局面などでは、チームの主砲である4番打者も犠牲バントを敢行することがある。

有効性と現状[編集]

無死一塁から送りバントをした場合と、しない場合の得点期待値を比較すると、バントをしない場合の得点期待値の方が高いことが複数のデータの分析から明らかになっている[3]

統計学的な分析によってメジャーリーグでは犠牲バントの有効性が疑問視されており、「新思考派」と呼ばれるセイバーメトリクスに重きを置いた戦術を取るチームでは犠牲バントの数が大幅に減少している。リーグ全体で見た場合も、1940年代は500打席に対し約5.5回はバントが行われていたが、1980年代までにその比率は約5回に下がり、2004年には3回を少し超える程度にまで頻度が落ちている[4]

対照的に日本では犠牲バントが広く用いられており、2005年の時点で比較した場合、プロ野球とメジャーリーグではバントの頻度において倍近い差があることがわかっている[5]。また、高校野球ではプロ以上にバントが多用されており、2010年夏の甲子園では1試合平均で5.02本のバントが行われた[6]。一方で、蔦文也監督が率いた徳島県立池田高等学校(通称「やまびこ打線」)や、2007年選抜大会を制した常葉菊川はバントをしない戦術で注目を集めた[7]。プロ野球おいても1998年横浜ベイスターズを優勝に導いた権藤博はバントを用いることに消極的であった[8]

ただし、無死一塁から犠牲バントを行った結果、バントの成功で一死二塁となると得点期待値が下がるが、相手の失策で無死一二塁になる場合もありえ、その限りではバントという戦術を必ずしも否定できない[9]。また、たまにバントを行うことで相手にバントを意識したシフトを敷かせる効果もある[10]。さらに、1点を争う展開となった試合終盤に犠牲バントを選択することにも一定の合理性が認められる[11]

犠牲バントに関する個人記録[編集]

日本プロ野球[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 犠打数 順位 選手名 犠打数
1 川相昌弘 533 11 小坂誠 267
2 平野謙 451 12 大島公一 265
3 宮本慎也 408 13 吉田義男 264
4 伊東勤 305 東出輝裕
5 新井宏昌 300 15 谷繁元信 245
6 金子誠 292 16 土井正三 242
7 石井琢朗 289 17 弓岡敬二郎 240
8 田中浩康 288 18 近藤昭仁 239
9 正田耕三 282 19 細川亨 238
10 水口栄二 279 20 大石大二郎 236
  • 記録は2013年シーズン終了時[12]

シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 犠打数 記録年 備考
1 宮本慎也 ヤクルトスワローズ 67 2001年 セ・リーグ記録
2 川相昌弘 読売ジャイアンツ 66 1991年
3 田中浩康 東京ヤクルトスワローズ 62 2011年
今宮健太 福岡ソフトバンクホークス 2013年 パ・リーグ記録
5 平野恵一 阪神タイガース 59 2010年
6 川相昌弘 読売ジャイアンツ 58 1990年
田中賢介 北海道日本ハムファイターズ 2007年
8 和田豊 阪神タイガース 56 1988年
川相昌弘 読売ジャイアンツ 1996年
10 森本稀哲 北海道日本ハムファイターズ 55 2010年
  • 記録は2013年シーズン終了時[13]

1試合記録[編集]

選手名 所属球団 犠打数 記録日 対戦相手
弓岡敬二郎 阪急ブレーブス 4 1985年6月9日 南海ホークス
平田勝男 阪神タイガース 1985年7月18日 広島東洋カープ
栗山英樹 ヤクルトスワローズ 1989年6月4日 中日ドラゴンズ
平野謙 西武ライオンズ 1991年6月19日 オリックス・ブルーウェーブ
佐藤幸彦 千葉ロッテマリーンズ 1993年7月9日 西武ライオンズ
石井琢朗 横浜ベイスターズ 2003年7月8日 中日ドラゴンズ
関川浩一 東北楽天ゴールデンイーグルス 2006年9月5日 オリックス・バファローズ
関本賢太郎 阪神タイガース 2008年6月17日 東北楽天ゴールデンイーグルス
山崎憲晴 横浜DeNAベイスターズ 2014年7月21日 中日ドラゴンズ

メジャーリーグベースボール[編集]

注:一部記録については犠飛(犠牲フライ)を含む。

通算記録[編集]

順位 選手名 犠打数 順位 選手名 犠打数
1 エディ・コリンズ 511 11 ラビット・マランビル 300
2 ジェイク・ドーバート 392 12 タイ・カッブ 291
3 スタッフィー・マッキニス 383 13 マックス・キャリー 290
4 ウィリー・キーラー 366 14 ジミー・シェッカード 286
5 ドニー・ブッシュ 337 15 ジョー・ティンカー 285
6 レイ・チャップマン 334 16 ジャック・バリー 284
7 ビル・ワムスガンス 323 17 フランク・シュルト 279
8 ロジャー・ペキンポー 314 18 ジミー・オースティン 278
9 ラリー・ガードナー 311 19 ハリー・ハイルマン 277
10 トリス・スピーカー 309 フレッド・テニー
  • 記録は2013年シーズン終了時[14]

シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 犠打数 記録年
1 レイ・チャップマン クリーブランド・インディアンス 67 1917年
2 ビル・ブラッドリー ナップス 60 1908年
3 ジャック・バリー ボストン・レッドソックス 54 1917年
4 ボブ・ガンリー ワシントン・セネタース 52 1908年
ドニー・ブッシュ デトロイト・タイガース 1909年
6 レイ・チャップマン クリーブランド・インディアンス 50 1919年
7 ドニー・ブッシュ デトロイト・タイガース 48 1920年
ジョー・ギデオン セントルイス・カージナルス 1920年
9 オッシー・ビット ボストン・レッドソックス 47 1919年
10 ビル・ブラッドリー ナップス 46 1907年
ジミー・シェッカード シカゴ・カブス 1909年
ラルフ・ヤング デトロイト・タイガース 1919年
バッキー・ハリス ワシントン・セネタース 1924年
  • 記録は2013年シーズン終了時[15]

脚注[編集]

関連項目[編集]