サヨナラゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サヨナラ勝利を喜ぶ選手たち
ミネソタ・ツインズ。2006年6月9日、ホームゲームの対ボルチモア・オリオールズ戦にて)

サヨナラゲームとは、野球およびソフトボールにおいて、後攻チームが決勝点を挙げると同時に終了する試合のこと。勝利チームの攻撃で試合が終わることから、「さようなら」を略して「サヨナラ」と呼ばれる。

目次

概説[編集]

野球やソフトボールでは、攻守交替が明確になされるため、最終回の表(先攻チーム)の攻撃が終了した時点で後攻チームがリードしている場合には、既に勝敗が決しているとして最終回の裏(後攻チーム)の攻撃を行う必要がない。そのため球審は、後攻チームの攻撃を行わずに試合終了を宣告する。

従って、最終回(または延長戦)の裏(後攻チーム)の攻撃は、最終回の表の攻撃が終了した時点で同点もしくは先攻チームがリードしている場合にのみ行われる。このとき、後攻チームが勝ち越し点を奪えば、その時点で勝敗が決する。後攻チームはそれ以上の攻撃を続ける必要がなくなるので、球審はその時点で(フェンス越えの本塁打の場合は打った打者が本塁に生還した瞬間に)試合終了を宣告する。これを俗にサヨナラゲームという。つまりサヨナラゲームとは必ず後攻チームの勝利である。

プロ野球の場合、ルールによりホームチーム(主催球団、本拠地で試合をするチーム)は試合開始時点で守備につく(後攻)ことになっているが[1]、これはサヨナラゲームの可能性がある為だと言われている[要出典]。なお、コールドゲームとなったときには、最終回で後攻チームが決勝点を奪ってもこの呼び方はしない場合が多い。また、点差コールドが設定されていて、当該回裏の攻撃中にその適用要件を満たした場合(例えば、5回10点差コールドとなる試合の5回裏攻撃中に10点差開いた場合)の試合打ち切りについても同様の方式を準用することが多いが、これもサヨナラゲームとは呼ばない。

スコアのランニング表示では、最終回裏の得点表記の後ろに「x」印を付ける。また、チームの総得点で勝利チームの得点の横に「x」印をつけることもある(例:1x - 0)。もともとこの「x」印は、最終回の表終了時に後攻チームがリードしておりその裏を行わない[2]場合、最終回裏のスコアボードに付ける(ことが多い)印であり、「裏の攻撃が行われていないが、試合が終了した」ことを意味する。サヨナラゲームの場合に得点表記の後ろに「x」印をつけるのは、ここから派生し、「裏の攻撃が途中のうち(第3アウトが成立する前)に試合が終了した」ことを意味すると考えて差し支えない(コールドゲームの場合でも、そのイニングで第3アウト成立前に打ち切られた場合はそれが付けられている)。

サヨナラゲームの決勝点を挙げたプレーにも、しばしば「サヨナラ」が冠せられる。例えば「サヨナラヒット」「サヨナラホームラン(本塁打)」のように用いられる。「サヨナラエラー」、「サヨナラ暴投」、「サヨナラ押し出し」「サヨナラボーク」などというように、守備側のミスによってサヨナラゲームとなる場合もある。

なお、「サヨナラ内野ゴロ」、「サヨナラスクイズ」というものは(記録の上では)存在しない。例えば一死三塁で内野ゴロを打ちその間に三塁走者が生還した場合、通常は「1打数0安打1打点」であるが、その得点がサヨナラの場合は打者走者のアウトは勝敗に関係ないので、タイミングによらず安打適時打)と記録され「1打数1安打1打点」となる(これは、通常なら野手選択(フィルダースチョイス)となるような、本塁に送球したが間に合わなかった場合においても同様である)。また、この時仮に三塁走者以外の走者や打者走者をアウトに取っていたとしても記録されず、投手の投球回にも含まれない。ただし、守備側のエラーがあった場合を除く(本塁に送球すればアウトを取れたが、ボールをジャックルした、悪送球となった、捕手が落球したなど)。このルールはプロ野球では明文化されており、明文化されていないアマチュア野球においても準用している。

  • 一死一三塁で併殺崩れの間に三塁走者が生還した場合については、2アウト目が記録され「サヨナラ内野ゴロ」となりうるが、このような場面では三塁走者を生還させないことが最優先となるため、実際にはまず発生しない。
  • またサヨナラスクイズは極まれだが1点差で23塁の場面でスクイズをして同点の3塁ランナー生還、1塁送球打者走者アウトの間にサヨナラの2塁ランナーも生還(2ランスクイズ)なら可能性はある。

英語では、打たれた投手が歩いて引き揚げる様から、"walk-off"が使われる。「サヨナラヒット/本塁打」に相当する語は"walk-off hit/home run"などという。またアメリカメジャーリーグの実況では、通常の本塁打の際にも、日本語の影響を受けて「Sayonara!」と叫ぶことがあるが、アメリカでは本塁打の際にスタンドに入る打球を見送るという意味で「Good-bye homerun」(「入った! ホームラン!」というニュアンスに近い)という表現が使われるため、それと同じ意味合いで使われることがほとんどである。

サヨナラゲームにまつわる逸話[編集]

通常の試合は、敗戦チームの攻撃終了で試合終了となるが、サヨナラゲームでは勝利チームの得点で試合終了となるため、劇的な印象を与える。そのため、サヨナラゲームに関しては、様々な逸話が残されている。

日本プロ野球[編集]

代打逆転サヨナラ満塁本塁打の事例については後述

本塁打で始まり、本塁打で終わった試合[編集]

1938年10月2日後楽園球場での東京セネタースライオン軍戦において、初回ライオン先頭打者坪内道則が東京セネターズ先発金子裕から初球本塁打を放つ。試合はその裏東京セネターズが1点を返し、そのまま同点で迎えた延長10回裏、東京セネターズの代打浅岡三郎がライオン菊矢吉男からサヨナラ本塁打を放ち4対1で東京セネターズが勝利する。先頭打者初球本塁打で始まり、サヨナラ本塁打で終わった最初の事例となった[3][4]

川崎徳次にまつわるサヨナラ記録[編集]

[5]川崎徳次は宇佐美徹也の「プロ野球記録大鑑」でも珍記録に度々縁がある選手として紹介されており、サヨナラゲームにおいても勝った方と負けた方で記録を作っている。

1942年10月24日阪神軍南海軍戦において、1対1で迎えた11回裏満塁の場面で、投手の川崎が三輪裕章に投じた4球目の際、三塁走者の御園生崇男本盗を決めて、サヨナラ勝利しているが、投手によるサヨナラ本盗は日本プロ野球史上初となった

巨人に移籍しての1948年5月29日読売ジャイアンツ中日ドラゴンズ戦において12対11で巨人リードの9回裏、無死一塁の場面で巨人はリリーフに川崎徳次を送るが、その初球を中日の杉山悟が2ラン本塁打を放ち、サヨナラ勝ち。川崎はこの試合の敗戦投手となり、日本プロ野球史上初となる「1球で敗戦」を記録している。

西鉄に移籍しての、1950年8月26日西鉄ライオンズ大映スターズでは林義一との投げ合いとなり、同点で迎えた9回裏1死から川崎が二塁打で出塁し、内野ゴロの間に三塁まで進み二死三塁とすると、宮崎要への林の初球の際に本盗でサヨナラ勝利。日本プロ野球史上2度目の投手によるサヨナラ本盗を決めており、8年前とは逆となった。なお、同年11月20日の対近鉄パールズ戦の11回表に三塁走者の川崎は本盗を試みるが、これには失敗し、同イニングの裏に近鉄の坂本直留にプロ入り第1号が満塁本塁打の日本プロ野球史上最高齢となるサヨナラ満塁本塁打を打たれて川崎が敗戦投手になっている。

逆転サヨナラ満塁本塁打で賞金13200円[編集]

1954年4月27日、この日まで11連敗の洋松ロビンス西京極球場で対巨人戦を行うが、6回まで4点リードしていたものの、7、8回に4点ずつ取られて、4点差で迎えた9回裏2死走者無しから松岡一郎の当たりもショートへのゴロで12連敗達成かと思われたが、これを広岡達郎が悪送球した事から事態が一転。広岡の再度のエラーで1点が入った後、さらに攻め立て満塁として、青田昇笠原正行からセンターへ逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち、洋松が連敗を止める奇跡的なサヨナラ勝利をおさめる。

サヨナラ打の青田は日本プロ野球初となる、二度目のサヨナラ満塁本塁打を記録。またこの一打で、当時劇団「新日劇」が30周年記念行事でつけていた1万円の賞金と、雑誌「ホームラン」による賞金3000円に、ホームラン賞の200円を合わせて13200円の賞金を手にしている。青田の話ではこの時のサラリーは7500円で、それを上回る賞金を一打で獲得した事で話題となった[6]

天覧試合のサヨナラ本塁打[編集]

1959年6月25日に行われた巨人対阪神戦(後楽園球場)は、日本のプロ野球史上唯一の天覧試合であった。9回裏、巨人の長嶋茂雄が阪神の村山実から左翼ポール際に入るサヨナラ本塁打を放った。村山は生涯「あれはファウルだった」と言い続けた[7]。スコアは5x対4。

ダブルヘッダーで二試合ともサヨナラ負けで敗戦投手[編集]

1961年近鉄バファローのルーキーの徳久利明4月23日の対阪急ブレーブス戦ダブルヘッダーにおいて、第1試合9回1死一塁の場面で初球を中田昌宏に左越2ラン本塁打を打たれて3対2で敗戦投手となっている。続く第2試合においても、5対5で迎えた延長11回裏にリリーフで登板、前試合でサヨナラ本塁打を打たれた中田に三塁打を打たれ、続く代打岡島博治の場面で徳久の投じた球を捕手がパスボールし、徳久は二試合続けてサヨナラ負けで敗戦投手となっている。

この年徳久は15勝を挙げ新人王になっているが、リーグ最多の24敗も喫している[8]。この中には3度のサヨナラ勝ちがあるが、8度に渡るサヨナラ負けもあり、うち5度のサヨナラ本塁打による敗戦は前年までの2度[9]を更新する日本プロ野球記録となった[10]

自らのサヨナラ本塁打でノーヒットノーラン達成[編集]

1973年8月30日に行われた阪神対中日戦(阪神甲子園球場)で、阪神の江夏豊は中日の松本幸行と11回まで投げ合い、11回裏に松本から右翼ラッキーゾーンにサヨナラ本塁打を自ら放つという劇的な形で、日本プロ野球史上初の延長戦ノーヒットノーランを達成した。

16年目の初登板で1球サヨナラゲーム[編集]

1978年クラウンライターライオンズに在籍していた長谷川一夫はこの年16年目の現役生活で、前年までに689試合を野手として出場していたが、7月11日の対日本ハムファイターズ戦、同点で迎えた9回2死一、三塁の場面で急遽登板、これがプロ入り初登板となったが、ジーン・ロックレアへの初球を中前安打され、サヨナラ負けとなった(ただし長谷川に負けはつかず)。 長谷川のプロでの登板はこれが唯一であった[11]

敬遠球をサヨナラ暴投[編集]

1952年8月9日の巨人対国鉄スワローズ戦(札幌市円山球場)で、同点で迎えた延長13回裏に巨人は一死一・三塁のチャンスを迎え、代打に藤本英雄を送った。国鉄ベンチはマウンドの金田正一敬遠を指示したが、金田が速い球を投げたため捕手が取ることができず、三塁走者が生還して国鉄は5x-4でサヨナラ負けとなった。

それから30年後の1982年4月3日横浜大洋ホエールズ対阪神戦(横浜スタジアム)で、8回まで大洋打線を0点に抑えていた阪神の小林繁は9回裏、2 - 2の同点にされた直後に大洋・高木由一を敬遠し、満塁にして次の打者で勝負しようとした。ところが小林は高木への3球目を暴投してしまったため、その間に三塁走者の生還を許し、阪神はサヨナラ負け(3x - 2)を喫し、2例目となった。

サヨナラインフィールドフライ事件[編集]

1991年6月5日、横浜大洋ホエールズ対広島東洋カープ戦での出来事。

サヨナラ本塁打を打った選手に代走[編集]

1991年6月18日の中日対大洋戦(ナゴヤ球場)で中日・彦野利勝が大洋・盛田幸妃からサヨナラ本塁打を放ったが、一塁付近で右膝靭帯を負傷し、走塁を続けられなくなった。彦野はそのまま退場したため、山口幸司代走として起用され、生還した。本塁打を打った打者に代走が出されたのはこれが2例目[12]だが、それがサヨナラ本塁打であったのは日本プロ野球史上唯一の例(2013年シーズン終了現在)である。

敬遠球をサヨナラ安打[編集]

9回裏に6点差をひっくり返す[編集]

1993年6月5日の藤井寺球場における近鉄バファローズ福岡ダイエーホークス戦で、9回表終了時に2-8と6点差を付けられた近鉄だったが、9回裏に猛攻、7点を奪い逆転サヨナラ勝ちした。この9回裏に6点差を逆転は、現時点で日本プロ野球史上最大得点差の逆転サヨナラである。ダイエーは16安打で8得点したが残塁も9と多く、これが響いた。決勝点は大野久の三塁への返球が悪送球になった失策によるものである。

サヨナラ満塁本塁打転じてサヨナラ適時打[編集]

2004年9月20日北海道日本ハムファイターズ福岡ダイエーホークス戦(札幌ドーム)の9回裏、日本ハムは3点を入れて12 - 12の同点とし、なお二死満塁で日本ハム・SHINJO(新庄剛志)の放った打球は左翼席に飛びこんだ。

この場面で一塁走者だった田中幸雄は、歓喜のあまり新庄を二塁ベース付近で迎え、新庄と抱き合ってその場で一回転した。だがこれによって新庄は前位の走者(田中幸)を追い越したことになってしまい、新庄にアウトが宣告され本塁打は取り消された。新庄は一塁に到達していたため記録上は安打となり、新庄のアウトより先に三塁走者・奈良原浩が生還していたのでサヨナラ勝ちは成立したが、新庄のアウトは第3アウトであるから、奈良原がこのアウトよりも前に本塁に到達していなければ、サヨナラ勝ちは成立しないところであった。スコアは13x - 12。幻のホームラン一覧も参照。

近鉄球団本拠地最終試合でのサヨナラゲーム[編集]

2004年9月24日、オリックス・ブルーウェーブとの球団合併が決まり、この日の試合が本拠地大阪ドームにおいての最終試合となった大阪近鉄バファローズ西武ライオンズと対戦。試合は同点で迎えた延長10回裏1死二塁の場面で星野おさむ森慎二からライト前にタイムリーを放ち、近鉄球団最後の本拠地主催試合でサヨナラ勝ちをおさめている。9月27日に行われた、球団最終試合の対オリックス戦では負けているので、球団として最後の公式戦勝利ともなった。

サヨナラ打撃妨害[編集]

2006年9月7日横浜ベイスターズ対広島戦(下関球場)。5 - 5の同点のまま迎えた10回裏二死満塁で、横浜の佐伯貴弘は広島の永川勝浩が投じた4球目を打ったが、ファウルボールになった。このとき広島の捕手の石原慶幸のミットに佐伯のバットが当たっており、打撃妨害が認められて佐伯に一塁が与えられた。押し出された三塁走者が生還し横浜のサヨナラ勝ちとなった。

プロ初打席でサヨナラ本塁打[編集]

2008年6月6日の巨人対ロッテ戦(東京ドーム)。巨人の加治前竜一は試合の途中から守備で出場しており、3対 3の同点で迎えた延長10回裏一死の場面にプロ初打席が回ってきた。ロッテの投手・川崎雄介が投じた3球目を打った加治前の打球は、右翼スタンドへ飛び込むサヨナラ本塁打となった。プロ初打席で本塁打を放ったのは加治前で47人目だが、それがサヨナラ本塁打だったのは日本プロ野球史上初。

日本プロ野球における代打逆転サヨナラ満塁本塁打[編集]

日本プロ野球における『代打逆転サヨナラ満塁本塁打』は2011年シーズン終了までに8例存在する[13]

達成日 打者 チーム 対戦
相手
球場 投手 スコア 備考
1 1956年3月25日 樋笠一夫 巨人 中日 後楽園 杉下茂 4対3 第1号、3点差。
2 1956年6月24日 藤村富美男 大阪 広島 4対1 藤村は当時監督兼任
3 1971年5月20日 広野功 巨人 ヤクルト 福井 会田照夫 7対5
4 1984年6月11日 柳原隆弘 近鉄 南海 藤井寺 山内和宏 5対2 近鉄は2試合連続逆転サヨナラ満塁本塁打
5 1988年6月18日 藤田浩雅 阪急 南海 西宮 吉田豊彦
6 2001年9月26日 北川博敏 近鉄 オリックス 大阪D 大久保勝信 6対5 リーグ優勝決定、3点差
7 2001年9月28日 藤井康雄 オリックス ロッテ G神戸 小林雅英 二死、3点差
8 2011年10月22日 長野久義 巨人 横浜 東京D 山口俊 5対2


代打逆転サヨナラ満塁本塁打の第1号[編集]

1956年3月25日読売ジャイアンツ中日ドラゴンズ戦(後楽園)ダブルヘッダー第2試合での出来事。

監督自ら代打逆転サヨナラ満塁本塁打[編集]

1956年6月24日阪神タイガース広島カープ戦で、1対0で迎えた9回裏二死満塁、阪神の選手兼任監督だった藤村富美男が自ら「代打はこのワシや」と言って打席に立ち、代打逆転サヨナラ満塁本塁打を決めた。これは藤村の現役最後の本塁打でもある。

2度の逆転サヨナラ満塁本塁打[編集]

中日ドラゴンズ読売ジャイアンツ戦(中日球場)において、中日の5対3のビハインドで迎えた9回二死満塁の場面で、三番広野が巨人堀内恒夫からセンタースコアボ-ドに飛び込む逆転サヨナラ満塁本塁打を放っている。広野はその後この時の対戦相手の巨人に移籍しているが、1971年5月20日の対ヤクルトスワローズ戦においても、日本プロ野球史上3人目の代打逆転サヨナラ満塁本塁打を記録している[14]

2試合連続逆転サヨナラ満塁本塁打[編集]

1984年近鉄バファローズ6月9日の対南海ホークス戦において加藤英司が逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち勝利しているが、翌日の試合を雨天中止として、続く6月11日の同カードにおいても、近鉄は2対1のビハインドで迎えた9回裏二死満塁の場面で、代打柳原隆弘が南海の山内和宏からパ・リーグ初となる代打逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち、2試合続けて逆転サヨナラ満塁本塁打による勝利となった[15]

1988年6月18日に起きた日本プロ野球史上5人目の2つのサヨナラ本塁打記録[編集]

1988年6月18日、阪急ブレーブズの藤田浩雅は対南海ホークス戦(西宮)において、9回裏無死満塁の場面で吉田豊彦から日本プロ野球史上5人目となる代打逆転サヨナラ満塁本塁打を記録[16][17]。同日に行われたヤクルトスワローズ対広島東洋カープ戦において、ダグ・デシンセイが同月15日の対巨人戦に続き、日本プロ野球史上5人目となる2試合連続サヨナラ本塁打を記録している[18]

代打逆転サヨナラ満塁釣り銭なし優勝決定本塁打[編集]

2001年9月26日大阪近鉄バファローズオリックスブルーウェーブ戦(大阪ドーム)での出来事。

二死・3点差で代打逆転サヨナラ満塁本塁打[編集]

前述の北川の一打から4日後の2001年9月30日、オリックス対千葉ロッテマリーンズ戦(グリーンスタジアム神戸)でオリックスの藤井康雄が9回裏にロッテの小林雅英から放った本塁打は、「3点差」、「二死」、「代打」の3つを全て満たした逆転サヨナラ満塁本塁打であり、これは日本プロ野球史上唯一の記録(2012年シーズン現在)である。

以下「3点差」、「二死」、「代打」のうち1つだけを満たしていない例

上記を2つ以上満たしていない例は多数。

高校野球[編集]

優勝決定サヨナラ本塁打[編集]

1960年に開催された第32回選抜高等学校野球大会決勝戦、高松商米子東において、1対1で迎えた9回裏、高松商の主将山口富士雄が米子東の岡本利之から春夏通じて決勝戦では初となるサヨナラ本塁打を放ち、優勝を決めている。

1977年に開催された第59回全国高等学校野球選手権大会決勝戦、東洋大姫路東邦高校で、これまた1-1で迎えた延長10回裏、東洋大姫路高校の主将安井浩二が東邦高校の坂本佳一から春夏史上2本目、夏の甲子園史上初で史上唯一のサヨナラ本塁打を放ち、優勝を決めている。

サヨナラボーク[編集]

1998年に開催された第80回全国高等学校野球選手権記念大会の2回戦、豊田大谷高校宇部商業高校戦(8月16日)では、高校野球全国大会で史上唯一の「サヨナラボーク」で試合が決着した。延長15回裏、無死満塁からの4球目を投じようとした宇部商業高校の2年生エース・藤田修平は、捕手・上本達之(現・埼玉西武ライオンズ)からの意外なサインに驚き、無意識に投球動作を止めてしまう。これを見逃さなかった球審はボークの判定を下し、豊田大谷高校の三塁走者が生還してサヨナラ勝ち。スコアは3x - 2。敗戦投手となった宇部商業の藤田はショックを隠し切れないまま、ボークの瞬間についてのインタビューには「何も覚えていません、分かりません……」と記者団に答えるのが精一杯であった。

最終回二死から9点差を逆転しサヨナラ[編集]

2002年7月20日第84回全国高等学校野球選手権大会大分県予選2回戦、緒方工業高校中津北高校戦で、9回表に降雨が激しくなり中津北高校の投手の制球が乱れ、既に2点をリードしていた緒方工業高校は7点を追加してスコアを14 - 5とした。このまま終わるかと見られた9回裏、中津北高校は二死満塁から適時打で2点、5連続四球による押し出しで4点、遊撃手の失策で1点、そして3点適時打で計10点を奪い、9点差をひっくり返して14 - 15xで逆転サヨナラ勝利。

サヨナラ後逸[編集]

2014年3月31日第86回選抜高等学校野球大会準々決勝第4戦、桐生第一高等学校龍谷大学付属平安高等学校戦。延長10回一死、4 - 4で走者三塁となって一打サヨナラの大ピンチに満塁策を選んだ桐生第一だが、これが裏目に出て、投手・山田知輝が緊張のあまり暴投し捕手が後逸。この隙に三塁走者が本塁を駆け抜けた。4 - 5xで敗北。

県大会決勝戦で最終回8点差を逆転しサヨナラ[編集]

2014年7月27日第96回全国高等学校野球選手権大会石川県予選決勝戦、小松大谷高校星稜高校戦で、9回表終了時点では小松大谷が8-0と大きくリードしていたが、その裏の攻撃で先頭打者から四球を挟み、本塁打を含む6連打で6点を返した。その後、2死を取られたものの2点を加え、同点とし最後はランナー1,2塁からのタイムリーツーベースで9点目を奪い、8-9xで星稜が逆転サヨナラ勝利を収め、甲子園出場を決めた。

その他[編集]

  • サヨナラゲームの勝利投手は必ず、勝利チームの最後に投げていた投手となる。よって、サヨナラゲームではどの投手にもセーブはつかない(セーブの条件を参照のこと)。
  • 単に試合の勝敗という点では攻撃(後攻)側に利することが多いが、短期の総当たりリーグ戦などで得失点が順位形成に影響する場合には、かえって不利になる場合がある。例えば、リーグ戦のステージ最終戦で大量得点差での勝利を必要とする場合、後攻チームの場合は最終回の前のイニングまでにその条件を満たさなければならないからである(最終回以降に後攻チームが勝利する場合はサヨナラゲームしかなくなるので、4点差以内でしか勝利できない)。これに対して、先攻チームは取れる得点に制限はない。
  • 守り抜いて勝利するのが普通である競技で唯一の、攻撃で試合を締められるパターンなので、最も劇的な幕切れとなる。それ故、勝利確定の瞬間、勝った側のチームは全員がダグアウトから飛び出し、決勝打点を挙げた仲間を手荒く祝福する。本塁打だった場合には、ホームプレートを囲むように待ち構えられ、生還の瞬間に集中砲火を浴びることになる。

他の種目の場合[編集]

アメリカンフットボールで、残り時間数秒という局面で挙げた勝ち越し点が決勝点になった試合のことを、野球に倣ってサヨナラゲームと呼ぶことがある。また、その決勝点の原因となったプレイにも、同様にサヨナラタッチダウンなどと「サヨナラ」を冠することがある。また、サッカーでも、ロスタイムに勝ち越し点が入った場合「サヨナラゴール」と言われることがある。また、かつて国際ルールとして使用されていた「ゴールデンゴール」方式は日本のJリーグで「Vゴール」と呼ばれ、後に国際サッカー連盟 (FIFA)も採用したが、野球のサヨナラゲームにヒントを得たとも言われている。バスケットボールでも、試合終了と同時に放たれるいわゆる「ブザービーター」や終了間際に得たフリースローで勝ち越しまたは逆転となった場合にサヨナラゲームと呼ぶことがあり、そのゴールをサヨナラブザービーターなどと呼ぶことがある。

残り時間数秒であっても、勝ち越し点を取られたチームにも得点のチャンスがあるので、その時点で負けているチームにも逆転の可能性が残されているという意味では、野球のように厳密に「サヨナラゲーム」を定義することはできない。しかし、残り時間が5秒を切っていると得点のチャンスは1度、多くても2度しかなく、しかもよほど上手くボールを運ぶか、相手が大きなミスをしない限りは得点できないので、勝ち越し点を挙げたチームはほぼ勝利を確定したことになる。劇的な得点シーンの直後に試合が終了する感覚が、野球のサヨナラゲームに似ているところからこう呼ばれていると思われる。

脚注[編集]

  1. ^ 2009公認野球規則 4.02
  2. ^ 俗にこれを、Xゲームと言うことがある。かつての日本では「アルファ勝ち」と呼ばれることもあった。「x」印をαと勘違いしたことによる。
  3. ^ 同様の事例は、1969年5月4日の南海対阪急戦や1970年6月3日のヤクルト対広島戦などがある。
  4. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著『プロ野球記録大鑑』P430
  5. ^ この節の出典は講談社刊 宇佐美徹也著『プロ野球記録大鑑』P844、718-719ページ、725ページとする。
  6. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」469、586-587ページ
  7. ^ “村山の主張のとおりファウルだったが、陛下が観戦されている慶事だから目を瞑って本塁打判定にした”と記す文献も存在する
  8. ^ チームが日本プロ野球史上最多のシーズン103敗(36勝)を記録した年であり、他に計算出来る投手がいなかったという事情もある
  9. ^ この年、金田正一土橋正幸が3度記録している
  10. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」430ページ
  11. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」787ページ
  12. ^ 1例目については、ジム・ジェンタイルを参照のこと。
  13. ^ 週刊ベースボール 2011年11月7日96ページ
  14. ^ 【8月2日】1966年(昭41) “小天狗”堀内VS広野 真夏のドラフト1期生対決スポーツニッポン 2007年
  15. ^ 【6月11日】1984年(昭59) 大失態“にらまれた男” 柳原隆弘 代打逆転サヨナラ満塁弾スポーツニッポン 2011年6月11日
  16. ^ 「最高の試合」「名場面・名勝負」NPB公式サイト
  17. ^ 週刊ベースボール2012年11月7日号97ページ
  18. ^ 週刊ベースボール2012年5月21日号97ページ


参考文献[編集]

関連項目[編集]